まさか自分が「虚構推理」のオープニング・テーマを担当するなんて

――「ヨトギバナシ」はイントロからインパクトのあるカッコいい曲ですね。どのような経緯で「虚構推理 Season2」のテーマソングに決まったのでしょうか?

カノエラナ そもそも私が作品の大ファンで、Season1を観た後に、超個人的にテーマ曲を作っていたんです。Season2が始まると聞いて「やったー!」と喜んでいたら、アニメの制作会社の方からテーマソングのご依頼があってビックリしました。「実は勝手に作っていたんです……」と温めておいた曲を聴いていただき、サビのフレーズの一部分を変更してそのまま使うことになりました。

――「ヨトギバナシ」にはカノエラナが大好きな「虚構推理」の世界観が反映されているのですね。

カノエラナ はい。「虚構」をテーマに、主人公たちが、いろんな人の意見や情報を読み取りながら、事件に真相を明らかにしていくドキドキするストーリーと、ポップなキャラクターの魅力を織り交ぜて制作しました。

――普段からアニメに刺激を受けて曲を作ることが多いのですか?

カノエラナ いつもはいろいろな作品を観て得た刺激を自分の作品に消化することが多いのですが、「虚構推理」はドハマりしたアニメなので、まるっとテーマソングを作ってしまいました(笑)。

――「虚構推理」は漫画が原作ですがアニメから見始めたのですか?

カノエラナ そうです。キャラクターのビジュアルが気になって、軽い気持ちで見始めたらあれよあれよとどっぷりハマってしまい……、見終わった後、すぐに本屋に走りました。

――カノエラナさんの好みにハマったのですね。

カノエラナ バッチリ、ピッタリでしたね(笑)。シンガーソングライターというのもあって、続きはどうなるんだろうとワクワクしたり、妄想が膨らむミステリー系の内容が好きなんです。曲も作りやすかったです。

――曲のビジュアルも素敵です。「虚構推理」の世界にマッチしていますね。

カノエラナ ありがとうございます。「雪女」をイメージしたんですが、その後、Season2のアニメのキービジュアルを見た時に「主人公の(岩永)琴⼦ちゃんの後ろに雪女がいる!」と驚いて二度見しました。雪女はSeason2から登場するキャラクターなのですが、私がイメージした曲の世界観は間違っていなかったとうれしくなりました。

――カノエラナさんの考察通りだったのですね。ファンの方の反響はいかがでしたか?

カノエラナ 「カノエラナ、またやりよったな」みたいな声が多かったです(笑)。私は、自分の実態を消すことに興味があって、何かに成り代わることが好きなんです。今回は素敵な着物を着せていただき、うれしかったけど疲れました(笑)。