20数年間、途切れることなくオーフェンを演じてきた

――「魔術士オーフェン」は長い間ファンの方に愛されている作品です。森久保さんにとってはどんな存在でしょうか?

森久保祥太郎(以下、森久保) テレビシリーズのアニメで初めて主人公を演じた作品で、台本の一番目に自分の名前を見た日のことは今でも覚えています。ラジオ番組や取材、イベントという多くの経験をくれた作品です。アニメをお休みしていた期間もドラマCDのお仕事があり20数年間、途切れることなくオーフェンを演じてきましたが、新シリーズのアニメ化で再びオーフェンを演じることができるとは夢にも思ってなかったです。

――森久保さんご自身も驚かれたのですね。

森久保 びっくりですよ。20数年という時を経てからの新シリーズ!こんな日がくるとは想像もしていませんでした。そういう意味でも楽しみです。

――台本で印象に残っているところはありますか?

森久保 冒頭はわりとゆるく、和気あいあいとした雰囲気で日常的なシーンが描かれていますが、新たなきっかけでオーフェンが突き進む展開に……。シリアスな部分とギャグテイストな部分の緩急は、やっぱりオーフェンの魅力だなと改めて思いました。

――第3期のオープニング主題歌は森久保さんが担当されたのですね。

森久保 そうです。「HYSTERIC CARAVAN」という曲で、オーフェンと仲間達がそれぞれの思いを込めながらキャラバンをする姿からインスピレーションを得ました。

――途中からオーフェンと出会うエドを小野大輔さんが演じられました。小野さんは20歳の時にオーフェンをご覧になったそうですがご存じでしたか?

森久保 それを聞いた瞬間「え!お前も⁉」と思わず聞き返しました(笑)。クリーオウをやっている大久保瑠美ちゃんや、マジク役の小林裕介くんからは「小さい頃から見てました」と言われて「そうか」と思ったことはあったけど、まさか小野くんもかと……。改めてオーフェンの歴史の長さを感じました。

――収録で印象に残っていることを教えてください。

森久保 長引くコロナの影響で、シーンごとにメンバーを入れ替え、少人数でアフレコをしたので、入れ替わりの際は別れを惜しむように「元気?」とか、みんなで話をしたのが印象的でした。同じ作品に出ていても、収録のタイミングが違ったり、絡む役柄同士じゃなかったりすると話す機会がないんです。早く大勢で収録が出来るようになるといいんですけどね。

――小野さんとの収録はありましたか?

森久保 後半はガッツリ絡めました。彼とは最近、アフレコ以外の現場で会うことのほうが多かったので、マイク横に2人で並んだのは久しぶりでした。小野くんが演じたエドは、カッコいいけどおとぼけな部分もあって彼にピッタリの役。「お前にぴったりじゃない?」って言ったら「僕もそう思います」と言ってました(笑)。