つながりをより深く豊かなものにしたかった

――『はためき』はodolにとって2年8カ月ぶり、4枚目のアルバムになります。収録されている全9曲のうち7曲は去年までに発表済みのものですが、一つのアルバムの流れの中で聴くことで、これまでの楽曲にも新たな気づきが得られる、そんな作品として仕上がっていると感じました。今回、アルバムを制作する上で意識していたことありますか?

森山 おっしゃっていただいたように『はためき』を作ろうと思った段階で曲はほとんど出揃っていたんですけど、アルバムとして無理やりまとめるようなことはしたくないと思っていました。別にまとめなくてもいいわけですし、そもそもアルバムを作ることを先に考えて曲を作ってきたわけではありません。でも、まとめる理由として一つ共通項みたいなものが見つかったら、それを作品にできるかなとは考えていました。

――その共通項が見つかったということでしょうか?

森山 そうですね。この2年8カ月でずっと考えてきたことや、作ってきた曲を振り返ったときに、人間関係や社会など、コミュニティーのことを歌っている曲も多かったし、僕たち自身もそういうことに向き合っていた時期でした。それとこの1年はコロナが重なったことで、社会のこと、人との距離感というのをどうしても考えざるをえなかった。その部分が全体を通した共通項としてまずあるなと思ったんです。それを見つけることが出来たので、糸と糸との折り重なりが一枚の布となるイメージを社会のように例えつつ、それが風に揺れ動いているさまをアルバムタイトルに込めました。これも無理やり意味を付け加えたというよりは、その中から見つけ出した言葉が“はためき”だったんです。

▲森山公稀

――今作はタイアップ曲も多く収録されていますが、曲作りにおいて変化はありましたか?

森山 タイアップの曲は特に変化がありましたね。これまでもodolのメンバーだけじゃなくて、マネージャーや会社の方など、関わってくださる方はたくさんいました。でも、「ここのセクションはいらないんじゃないか」とか、「この歌詞はもうちょっとこういうふうがいいかな」とか、楽曲に対する具体的な意見をメンバーと同じように外部の人とする機会は少なかったです。タイアップはタイアップ先の作品が第一にあります。そこに「どうアプローチしていくか」をプロデューサーや監督と話し合います。そこが普段の楽曲制作との大きな違いですが、僕たち自身はすごくポジティブに取り組めました。

――ミゾベさんは作詞の部分で違いはありましたか?

ミゾベ タイアップ先がそもそもどんなものを作ろうとしているのかというのを僕も汲み取るというか、理解してから作っていく。その出発点の違いが大きいですね。その後の作業は、自分一人で作っているときとそこまで大きく変わらないです。もともと自分たちだけで音楽を作っているときは、0から1にする作業を自分たちでやらないと曲ができませんが、依頼をいただく時点でそれが発生しているので、そこが一番の違いだったと思います。

――楽曲制作では人とのつながりをより意識したとおっしゃっていましたが、作品のリリース、プロモーションに関して新たに試みたことはありますか?

森山 新たにというか、より推し進めた部分はあります。どのアーティストも同じだと思うのですが、今はなかなかライブができない。僕たちはもともとライブの本数が多いわけではなかったんですけど、やっぱりライブはそこで直接聴いてくれる人とのコミュニケーションがあり、すごく大切な時間でした。そんな今、デジタルに加えてCDというフィジカルなものとしてリリースすることで、このつながりをより深く豊かなものにしていけたらと思っています。そんな取り組みのなかの一つとして、僕たちはライナームービーと呼んでいるんですけど、一曲一曲にライナーノーツの動画バージョンみたいなものを作っています。そういうふうに聴いてくれる人と一緒に、アルバムの収録時間を超えた体験を共有することができないかなと思っていたり。音楽の新しいコミュニケーションの形を模索しながらやっている最中です。