曲作りは余白を残すようにしている

――お二人は「note」などのプラットフォームでも曲に込めた思いなどを記していますが、曲を聴いてくれる人に対して伝えたいと思っていることはなんですか?

ミゾベ 曲に対してプラスの感情になるのか、マイナスの感情になるのか、人それぞれると思うんですけど、その感情とか受け取り方を限定したくないです。聴く人みんなにバックグラウンドがあるから、「この曲はこういうものだ」と限定するのではなく、一人ひとりが想像力を働かせて各々の解釈で受け取ってほしいという思いがあります。「note」に書いてあるのは僕が思ったこと、森山が思ったこと、他のメンバーが思ったことでしかないので、捉え方は人それぞれだと思っています。

――考えるきっかけになればと。

ミゾベ 曲を作るときも余白を残して作ろうとしています。むしろ世の中の流れも含めて、考え方が限定的になってしまうのが怖いなという部分もあります。それはアルバムを作ったり、話し合いを重ねたりして、ここ数年で言葉にすることができました。

――odolさんのふだんの楽曲制作についてもお話を伺いたいのですが、作詞作曲はどのような流れなんですか?

森山 先に僕が曲を作って、そのメロディをもとにミゾベが歌詞をつけていきます。

――ミゾベさんはそのメロディから想像を膨らませていく。

ミゾベ 森山のデモはピアノの旋律だけとかラフなものではなく、ほぼ完成に近くて、あとは歌が入ればリリースできるくらいの完成度のものをあげてきます。僕はそこに歌が入った状態のものを想像して、徐々に形にしていく。そうして半分くらい歌詞が組みあがった段階で、実際に家で仮歌を録音したりして、この方向で違わないかと森山と意思疎通しながら作業を進めていきます。

――森山さんはミゾベさんから「この方向性でどう?」と歌詞を出されたとき、「違うかな」と思うことはあるんですか?

森山 「全然違うよ」っていうほどの強い判断はできないですね。僕も正解が見えているわけではないから。でも、感覚的に違和感があるときとか、こう仕上げたいなと思っていた方向性とあまりにも違うときは、ミゾベの中ではできていたものを一回取っ払ってもらって、また作り直すということもあります。逆に、最初に書いてもらったものが直すことなく歌詞になっている場合もある。そのときも「絶対これがいい!」というよりも、だんだんと腑に落ちてくる感じです。