それぞれの受け取り方でライブを楽しんでほしい

――7月に兵庫県で開催される「ROKKO SUN MUSIC 2021」に出演が決定しています。久々の有観客での野外フェスになりますが、どういったライブにしたいですか?

森山 これも先ほどの話と一緒で、僕たちは楽しみ方や過ごし方を限定したくないんです。ライブもそこにただ居場所があることが大事だと思っていて、聴いてくれる人が、その人なりに楽しんでもらえるように、僕たちも僕たちなりに楽しんでいきたいなと考えています。

ミゾベ これはodolとしてどんなライブを作りたいかという部分で話し合いを重ねた結果です。だから聴いてくれる皆さん、それぞれの受け取り方で楽しんでいただけたらと思います。

――最後になりますが、人間関係や進路、将来のことで思い悩んでしまうことが多い若い世代に向けて、お二人からメッセージをいただきたいです。

森山 最近、僕の周りで転職や結婚など、人生の中で大きな選択をする友人が多いんです。そしてそれを後悔してしまうときがあるという話もよく聞きます。僕もそうですけど、「就職した方がよかったかな」と思ったこともあるし、選ばなかった道のことを想像して不安になることがよくあります。10代の方もいろいろなタイミングで同じようなことが起こると思うんですけど、自分がよく考えてその選択肢を選んだのであればそれを楽しむだけで、間違っているということは絶対にないと思っています。自分が選んだことなら、すべてが正しい選択肢だから、それを強く伝えたいなと思います。

ミゾベ ……30秒だけ考えさせてもらってもいいですか?

森山 今けっこう時間あったけど(笑)。

ミゾベ いや、(森山の言葉を)ちゃんと受け止めてたから(笑)。

森山 でも、10代といっても結局僕たちも日々悩んでることは変わらなくて。僕もそのころからずっと同じようなことで悩んでるなって思うから。だから、先輩としてというよりも同志としてのアドバイスです。

ミゾベ 10代の自分のことを思い出していたんですけど、自分のこと全部が大好きって思っている人は少ないんじゃないかな。自分の「こういうところが嫌だ」とか、「こういうところが好きだ」というところを繰り返しながら生きて、なりたい自分になれるように努力していくと思うんです。その繰り返しのなかで、自分のことが好きじゃないと不安になったときは、周りの人のことを想像してほしいです。今、自分は大好きな人たちと付き合ったり関わり合ったりしている、そのつながりがあるのは今の自分がいるから。そういうふうに考えていくと自分自身も愛せようになるのかなと思います。

Information

4th Album『はためき』
2021年6月9日(水)リリース

・CD:紙ジャケット仕様 / ¥3,080 (税抜価格¥2,800)
・配信:各ストリーミングサービス / ダウンロード

【収録内容】
1. 小さなことをひとつ (※radikoブランドムービーオリジナルソング)
2. 未来
3. 眺め
4. 身体 (※アース製薬「温泡」TVCMソング)
5. 虹の端 (Rearrange)
6. 瞬間 (※映画「サヨナラまでの30分」劇中曲セルフカバー)
7. かたちのないもの (※UCC BLACK無糖「#この気持ちは無添加です」キャンペーンソング)
8. 独り
9. 歩む日々に (※森永乳業コーポレートムービーオリジナルソング)

odol

アーティスト

福岡出身のミゾベリョウ(Vo.)、森山公稀(Pf./Syn.)を中心に、井上拓哉(Guitar)、Shaikh Sofian(Bass)、垣守翔真(Drums)で2014年に東京にて結成した5人組。ジャンルを意識せず、自由にアレンジされる楽曲には独自の先進性とポピュラリティが混在し、新しい楽曲をリリースする度にodolらしさを更新している。近年は、アース製薬「温泡」、映画「サヨナラまでの30分」、UCC BLACK無糖、radikoなど、様々な企業やクリエイターからオファーを受け、立て続けに書き下ろし楽曲を提供している。東京藝術大学出身の森山公稀が全楽曲の作曲を担当。ソロ名義でも舞台や映像作品の劇伴、また他アーティストへの楽曲提供、プロデュースなども行なっている。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Tetsu Takahashi