混迷に満ちた2021年を切り開く青春映画が誕生!

井上祐貴(『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』)、萩原利久(『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』)、木下彩音(『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』)という新進気鋭の俳優たちの豪華共演で話題を集めている映画『Bittersand』。

イベントレポートの前に、本作の見どころをご紹介。

高校生活は多くの人にとって青春の1ページだが、それが輝かしいものか、または苦いものかは人それぞれ。思い出は時間と共に記憶は徐々に形を変えていき、嫌な思い出はどんどん嫌になり、良い思い出は美化されて、忘れがたいものとなる。

本作は高校3年生の夏休み明けに、何者かが黒板に描いた男女の爛れた相関図によってクラス中から誹謗中傷の的となった、暁人(井上祐貴)と絵莉子(木下彩音)を中心に展開される。

7年の歳月が経ち、サラリーマンとして冴えない日々を送る暁人。そんなある日、絵莉子と思いがけない再会を果たすが、彼女にとって暁人を含めた高校生活はすべて忌まわしい過去となっていた。

そして、そんな絵莉子の態度から暁人も当時から一歩も前に進んでいない自分に気づく。悪友・井葉(萩原利久)の力を借りて、暁人は自分のため、何よりも絵莉子のために「記憶を塗り替える」企てを進めるが……。

かつて想いを寄せていた女性との再会をきっかけに真実が徐々に解き明かされていく、ビターでミステリアスな青春ドラマであり、拒絶すべき記憶に苛まれる主人公が過去を清算するために奔走。過去からの再生をテーマに物語はどのような結末を迎えるのか――?

監督である杉岡知哉は、今までフリーの助監督として様々な映画やドラマの現場の多くに携わってきた人物であり、本作が長編映画初監督作品となる。

さらに今回、「きのこ帝国」のドラマー、西村“コン”結成の新バンド「add」が本作に主題歌を提供しているのも大きな反響を呼んでいる。