ROUND.12のトップバッターは「KOSÉ 8ROCKS」

レギュラーシーズンのファイナルとなるROUND.12は有観客での開催となり、声は出せない状況ながらも開演前から客席の熱気は十分。オープニングアクトを務めた「avex ROYALBRATS」はブルーを基調にした爽やかな衣装そのままに、キャッチ―な楽曲をバックに踊ることの楽しさを存分に表現して会場を盛り上げた。

今日が全12 ROUNDの集大成を見せる場とあって、オープニングでは各チームのリーダーが、これまでの感謝を伝えながら意気込みを語っていった。前回、一部メンバーの新型コロナウイルス感染により欠場となった2チームのリーダーは感慨もひとしおのようで、「SEPTENI RAPTURES」のRIRIKAは「気持ちを込めて大好きなダンスと音楽を伝えたい」、「CyberAgent Legit」のTAKUMIは「前回出場できなくて悔しかったし申し訳なかった。今日はこれまで培ってきたことを出し切りたい」と強い言葉を放った。

トップバッターは後半にきて好成績を続けている「KOSÉ 8ROCKS」。その勢いそのままにディレクターのISSEIはオープニング映像で「1番で全部を持っていく!」と豪語。衣装を統一せず、ラフな格好で現れた8人は、ファンキーな楽曲をバックにハイペースでパワームーブを繰り出し、まるで無重力の空間にいるかのごとく空中戦を展開。それでいて全員でのルーティンもぴったりと揃えて、スキルの高さを見せつけた。パフォーマンスを終えたISSEIは、「まだまだ成長段階だが、今のKOSÉ 8ROCKSのMAXを出せた」と満足げな表情。ジャッジの坂見誠二氏は「KOSÉ 8ROCKSのすごさはスローモーションで見るとより分かる。特にノーハンドで回っているISSEIは素晴らしい」と絶賛、黒須洋嗣氏も「素晴らしいとしか言いようがない。一人ひとりが素敵」と舌を巻いた。

▲KOSÉ 8ROCKS ©D.LEAGUE 20-21

白い衣装にスカーフ、腕にはボディペイントによるフェイクタトゥーを施した「KADOKAWA DREAMS」は、「ヒップホップとアニメーションを掛け合わせたスタイルが好き」と語る颯希(SATSUKI)が中心となって、柊キライのボカロ曲に乗せて、ドラマ性のある前衛とポップさを兼ね備えたパフォーマンスを展開。ディレクターのKEITA TANAKAが「僕たちの一貫したテーマは挑戦者であり冒険する旅人。温故知新で先人たちをリスペクトしながら一歩前に進むのがヒップホップの持つバイブス」と熱く語った。

▲KADOKAWA DREAMS ©D.LEAGUE 20-21