地方から上京してくる人が羨ましかった

――『リスタート』の舞台となったのは北海道・下川町で、主人公・未央の故郷です。品川さんは東京出身ですが、地方から上京してくる人たちに共感する部分はありますか?

品川 共感というか羨ましいんですよね。上京する時点で絶対にドラマがあるじゃないですか。僕の地元は東京で、場所によっては懐かしい気持ちもあるんですけど、ずっと生活している場所なので大きく景色が変わるわけではないですからね。だから田舎があるっていいなという気持ちはずっとあります。

――今回の映画も脚本は品川さん自身が手掛けていますが、主人公をミュージシャンに設定したのはどういう意図があったのでしょうか?

品川 僕が今まで撮ってきたのはバイオレンス映画が多いんですけど、下川町を舞台にして映画を撮るとなったときに、シナリオハンティングで現地に行って、きれいな風景を見て、自然と「挫折して田舎に帰ってきた主人公が、地元からもう一度自分の夢に向き合う」というストーリーが浮かんでいったんです。それで東京に戻るときに、主人公はミュージシャンで、歌うのは女性がいいなと何となく考えて。そんなときに毎週録画している『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)を見たら、EMILY(HONEBONE)が出ていたんです。歌も上手かったですし、スタッフさんとのやりとりも面白かったのでオファーしました。

――脚本もEMILYさんへの当て書きだったんですか?

品川 そうですね。EMILYは自分で歌詞も書いていますし、彼女自身が今抱えているであろう、思うように結果を出せていない悔しい気持ちや、ここから這い上がっていきたい気持ちなどを脚本に落とし込んでいきました。ただ起こっている事象はドラマチックではありますけど、EMILYやミュージシャンに限らず誰もが感じる気持ちだと思います。「挫折と再生(リスタート)」がテーマになっていて、自分の中にもあるものなので、スムーズに脚本は書けました。

――EMILYさんは本作が映画初出演ですが、演技未経験の方を主役にすることに不安はありましたか?

品川 僕の中で、ミュージシャンの方はお芝居が上手い印象があったので、不安はなかったです。歌に感情を乗せて表現するという意味では、歌とお芝居って本質的に似ていると思うんですよね。

――未央の年齢を28歳に設定したのにも何か意味があるのでしょうか?

品川 20代後半って何か一回ないですか? 僕だけかなあ……。まず夢を持って社会に出たときに、学生時代に思い描いていたものとのギャップがあって一回立ち止まる。その後、なかなか思い通りにいかなくて、壁みたいなものにぶつかったのが僕にとっては28歳だったんです。そのぐらいの年齢になると、周りも結婚したり、出世したりする奴がぼちぼち出てきて、このまま夢を追うのも何か違うぞと気づくんです。よく芸人は「30歳までに売れなかったら辞める」って言うんですけど、その区切りみたいなものが見えてきたのが僕にとっては28歳でした。だから未央の年齢も28歳にしました。

――品川さんが28歳の頃、品川庄司さんは若手芸人の中でも勢いがあったように感じていました。

品川 確かにそのぐらいからテレビには出ているんですけど、もともと思い描いていたのはデビューして数年でバーンとスターになって、冠番組を持つみたいなイメージだったんです。僕らがデビューする以前は、ダウンタウンさんがドーン!ドーン!ナインティナインさんがボーン!ボーン!とロケットスタートで売れて、いきなりスターダム、みたいな。ロンブー(ロンドンブーツ1号2号)さんなんて2、3年でテレビに出て、いきなり冠番組でゴールデンに行ってというのを見ていたので、そういう風に売れていくものだと思っていました。最近の若手芸人を見ていると、一気にスターダムっていう路線に戻ってきていますけど、僕らはひな壇から地道にスタートした世代なんですよ。だから、売れるにしてもじわじわじわじわで、毎日「くっそー!」という思いがありました。

――品川庄司さんは順風満帆なイメージがあったので、それは意外です。

品川 一時期、「品川は天狗だ」みたいなことを言われていた時期もありますけど、天狗になったことは一度もないんです。もっと上に行きたいって思っているから、現状に満足できなくて、「くっそー!」という気持ちが態度に出て、天狗に映ったのかもしれません。単純に実力不足もあったんでしょうけど、面白ければいいと思っていたので、周りのニーズに応える気もなかったんですよね。でも仮に28歳の自分に戻ったとしても、今みたいに物分かり良くやっている自分ってどうなんだろうと考えると、それって良い人生とは思えないんですよね。

――今の気持ちのまま28歳の自分に戻っても、同じ選択をしているってことですね。

品川 僕の姪っ子と甥っ子が、ある夢を追いかけて狭いアパートに住んでいるんです。そのアパートに行ったことがあるんですけど、「いいなあ、6畳のアパートとかに住みてーな」と思ったんですよ。あと若者が出ているドキュメンタリーなんかを見て、6畳の部屋にマンガとDVDが所狭しと並んでいて、ベッドを置いたらいっぱいいっぱいみたいな光景を見ると羨ましくなるんですよね。もちろん本人は現状に満足していないんでしょうけど、こういう時期は楽しかったなって自分の若い頃を鮮明に思い出すんです。狭い部屋で安いそうめんをすすっているとか一個一個、色まで覚えています。