人に与えてもらった自分を、どんどん自分の顔として張り付けていく

――メジャーデビュー7周年のタイミングで、初のセルフカバーアルバム『PERSONA #1』をリリースしたきっかけは何だったのでしょう?

大森 去年のコロナ禍に、毎日1曲ずつ自分の曲や自分が提供した曲を弾き語りした動画をインターネットに上げていました。ライブができなくなったこともあって、投げ銭みたいな感じで、「いいと思ったらチェキを買ってもらう」みたいな活動をやっていたんです。そのときに、「あれ? 私、曲いっぱい書いたな。でも流れていってる部分があったから、もったいないな」と思って。自分は何かを作ってスッキリするタイプなので駆け足になりがちで、自分の活動に対して説明不足なまま次に進んでしまうところがすごくあるなと思ったんです。

――通常の活動ができないからこそ改めて気づいたと。

大森 それぞれ聴く人が何かを噛み砕いてくれれば、それはそれですごく良いことだからいいやと思ってきたんですけど、一つひとつ作った曲たちには、いろんな広がり方があるし、まだ残されている可能性もある。自分が作ってきた曲を、もう一度歌いたい、整理したいという気持ちが最初にありました。

――大森さんは自身もメンバーとして参加するアイドルグループ「ZOC」も含めると、ものすごい数の楽曲を制作していますから、なかなか提供曲を振り返る機会もないですよね。

大森 それに加えて、人に提供した曲って、作家としては自分を完全に消すこともできるんです。たぶん私は、自分のやってきた音楽の種類で仕事をもらうよりも、提供する人の人生の起点みたいなタイミングでオファーをいただくことが多い気がしています。そのときに、「大森靖子らしい曲を書いてください」と言っていただけることも多いんですけど、その人に歌っていただく曲は私ではない。だから、その人と私の共通点や、全然分からないけど面白いなというところを分解していけばいくほど、自分自身と向き合うのではなく、人を介して自分と向き合うことになります。

――他者を介在することで、より自分と向き合うことになったんですね。

大森 だから「自分の曲を書こう!」と思って曲を書くときよりも、すごく自分を上手く描けたなという曲が、提供曲で現れるときがあるんです。中高生のときから自分で「私はこういう人間です」と思っているよりも、いろんな人から、「この人はこういう人だよね」という側面を与えてもらうことで、自分が形成されていることを面白いなと思っていました。

――中高生のときからってどういうことですか?

大森 私、学生時代は保健室登校だったんです。4時限目をサボっているから、学校の購買に来るパン屋さんのパンは最初に買えるんですよ。なので私だけが一番人気のチョコチップパンとカレーパンを絶対に両方買えていたんです。そうするとパン屋さんと仲良くなるじゃないですか。パン屋さんのおじさんは50歳くらいの方だったんですけど、人気のパンを毎回買えるのはおかしい、パン屋さんとデキてるんじゃないかって学校で噂になったんです。

――人気のパンが買えるだけで、そんな噂が流れたんですか(笑)。

大森 それって面白いじゃないですか。だから、「そうだよ」と言って、パン屋さんの彼女を演じ始めたんですよ。それがすごく楽しくなっちゃって(笑)。そういうところが昔からあって、人に与えてもらった自分を、どんどん自分の顔として張り付けていくのも嫌いじゃないんです。もちろん、そんなんじゃないのにと思うときもあります。でも、「そんなんじゃないのに」ごと遊んじゃう自分も嫌いじゃないみたいなところがあって、そういう感覚も、いろんな人と関わるからこそだなって。だから自分で生み出すことも大好きだけど、音楽によって出会った人との繋がりも大事にしたいと思っています。そういう人たちから、たくさんもらった顔があるなと思って、『PERSONA #1』というカバーアルバムを作りました。

――ということは、『PERSONA #1』の選曲の基準は、大森さんのパーソナルに近い部分が色濃く出た提供曲が中心ということでしょうか?

大森 おっしゃる通りで、自分が描けているなという作品が多いです。

――『PERSONA #1』はオリジナル曲も収録されていますが、提供曲のカバーの編曲は、すべて大久保薫さんが担当しています。

大森 大久保さんは仕事も早いし、自分のやりたいことや、音の幅もすごくあります。私自身、楽曲でやりたいことの幅がたくさんあるので、編曲はいろんな方とやるんですけど、早さや、いろんなことをやりたい気持ちがマッチするのが大久保さんなんです。大久保さんは、提供曲を歌ってくださる方とのやり取りもスムーズですしね。だから提供曲のときは、大久保さんがアレンジャーとしてアレンジしてくださることが多いんです。なので今回もセルフカバーした曲は、全部大久保さんと一緒にやりました。

――アレンジはどんな感じで進めていったんですか?

大森 原曲が大久保さんだった曲は、大久保さんがデータを持っているので、まずはそのデータに乗せて自分のボーカルを入れて、そこから私の声に対してアレンジしてくださるという感じでした。原曲が違う方のアレンジだった場合は、「この曲は私が歌うから、もうちょっとドロドロっとしたい」とか「テンポ感はもうちょっとゆっくりしたい」とかリクエストしました。

――具体的に音楽用語で指示するというよりは、イメージで伝えるということでしょうか?

大森 大久保さんにオーダーするときは、言葉のイメージで伝えることも多いですし、絵やファッションショーの写真などを送ることもあります。大久保さんは音楽的な素養が高く、知識もある方なので、具体的な言葉で説明すると、それを綺麗に生かしてくださるんです。逆にイメージで伝えた方が、イメージそのものを表現しようとしてくださるので訳の分からないものができたりするんです。そっちの方が私は好きなので、大久保さんには絵とか写真を送ることのほうが多いです。