赤井英和のリアル実家をロケに使用

作品の舞台は大阪の新世界や西成。強烈な個性や人情が交錯する痛快アクション作品だ。若い頃にヤクザの組を潰して回った「勝吉」と、その弟分の「コオロギ」。この2人が再びタッグを組み、ひょんなことから知り合った少年を悪徳宗教団体から救い出していく。

赤井さんとW主演を務めるとともに監督・脚本も担当した上西雄大さんは「関西人の僕にとって赤井さんは憧れの存在。努力していれば報われることを実感しています」と感無量の面持ちで、「赤井さんの人間的な魅力を真ん中に置いて、昭和の匂いを感じさせる作品を意識して撮りました」と作品の魅力をアピールしていた。

▲赤井英和さんと上西雄大さん

一方、共演した古川藍さんは「ボクシングをするシーンがあるのですが、赤井さんから直々にフォームを教えてもらったのがうれしかったです」と“浪速のロッキー”から熱血指導を受けていたことを告白。赤井さんも「ちゃんと手取り足取り教えてね。いや、ボクシングだから足は取らんでいいわ」と豪快に笑う。

撮影では飛田新地にある赤井さんのリアルな実家も使用された。もともと遊郭だった店を改造して、漬物屋の店にしたのだという。「隣も向かいも商売をやっていた。人情味溢れる街です。主演映画は15年ぶりですが、実家をロケに使ったのはデビュー作の『どついたるねん』以来30年ぶり以上」と赤井さん。

徳竹未夏さんは「玄関を開けたら、赤井さんの大きな写真があった」と興奮冷めやらぬ様子で語り、古川さんも「まさか赤井さんの実家で撮影させてもらえるなんて……。たくさんのポスターやトロフィーがあったので、その様子を写真に撮らせていただきました」と特別なシチュエーションだったことを振り返った。

また赤井さんの妻でマネージャーも務める赤井佳子さんのツイッターが話題になっていることを司会者が口にすると、上西監督は「この作品で赤井さんはNGゼロ。だからプロ中のプロという印象なのですが……ずっとダジャレは言っていました」と舞台裏での赤井さんのひょうきんな一面を報告。徳竹さんも「すごく愛らしくて。ダジャレでみんなが和んでいました」と続けた。これを受けた赤井さんは「ダジャレは手数が勝負です!数撃ちゃ当たる!」と秘訣(!?)を熱弁して、参加者を爆笑させる。

新型コロナウイルスの影響で昨年の公開予定が延期となっていた『ねばぎば 新世界』。コロナで落ち込んだ人に対して「ネバー・ギブアップ!」と鼓舞するような力強い作品に仕上がっていることは間違いない。