Contents

ナポレオンに扮した自分の写真を見て「誰!?」

――濱さんは『ナポレオンと私』で、ゲームアプリから飛び出してきたキャラクター・ナポレオンを演じました。

濱 新型コロナの影響で撮影が延びてしまったんですけど、まずは公開を迎えられてうれしいです。ナポレオンという役は役者をしていてもなかなか演じる機会のないような役ですし、それこそ最初の衣装合わせより前の、衣装作りの段階から参加させてもらったので、単純に楽しかったですね。主人公・春子役の武田(梨奈)さんとの演技を通して生まれてくるものも多かったし、得られるものも多かったなと思います。

――ナポレオンはゲームアプリのキャラクターなので、やはりそれを参考にしながら役作りをされたんですよね?

濱 はい。ナポレオンがどんな人物なのかを掴むために実際にアプリをやってみたり。ただ最初は「現場に入ってみないと(※どう演じていいか)分からないな」という部分も大きかったです。原作のファンの方もいらっしゃるので、不安もありました。

――実際に撮影現場で役柄を掴んでいった、と。

濱 ナポレオンの雰囲気や所作、特に声は意識しながら演じました。そして、物語が進むにつれてナポレオンが徐々に人間っぽくなっていくんですけど、その加減もまた難しくて。人間味が出過ぎると頃安(祐良)監督に「ちょっとやり過ぎ。“濱”が出てる」って言われたり(笑)。そういう話をしながら現場でナポレオンを作っていった感じです。

――ナポレオンと濱さん自身は似ていますか?

濱 真逆とまではいかないけれど、違う部分のほうが多いと思います。「人に対してここまで尽くせるなんて、すごい」とナポレオンを見て思ったし、あと頭ポンポンとかも日常ではしたことがないし(笑)。ただ、ナポレオンは物語の中では1人だけ異質な存在でありながら、春子に対して言っていることは現実的で単純なんです。その点は、僕もリアリストな面があるので共感できるなと思いました。

――共演された武田梨奈さんの印象は?

濱 神様・仏様のような方です!いつも気を使ってくださるし、話し掛けてくださるし、現場の空気も明るくしてくれて。『ナポレオンと私』では悩む春子をナポレオンが手助けする構図ですけど、現場では逆というか、武田さんに引っ張っていただいた感じです。

――武田さんに濱さんの印象を伺ったところ、「最初はクール。でも撮影の現場に入るとすごくチャーミング」とおっしゃっていました。

濱 人見知りなので最初は話し掛けられなくて(笑)。ナポレオンと春子の関係性を考えて、最初から仲良くなり過ぎても良くないのかなとも思ったんですけど。ナポレオンと春子の最初のシーンと最後のシーンはそれぞれ最初と最後に撮ったので、武田さんと僕が撮影を通して打ち解けていった感じが映像にも出ていたらいいなと思います。ちなみに、物語中盤のナポレオンと春子が一緒に居酒屋に行ったりコンビニに行くシーンは完全にアドリブで。あれは相手が武田さんだったからこそ出せた空気感だったなと思っています。

――ちなみに、ナポレオンに扮した自分の姿を写真や映像で見て、どう感じましたか?

濱 「誰?」と(笑)。衣装作りから携わったので撮影中はナポレオンの姿に慣れていたんですけど、撮影が終わりしばらく経って、出来上がった映画のポスターを見たら「いや、誰なんだ」って思いました。友達にも言われたんですよ。(※ビジュアルが)解禁された後、友達に「で、どの役で出てるの?」と聞かれて、「ナポレオンだよ」と言ったら「えっ! これ!?」って(笑)。

――濱さんとしては、ナポレオンに扮した自分の姿は気に入っていますか?

濱 はい。撮影を通して愛着も湧いたしナポレオン自体を好きになったので、ナポレオンの姿の自分も気に入っています。

――では『ナポレオンと私』の見どころを聞かせてください。

濱 世の中には明るい映画っていろいろありますけど、その中でも『ナポレオンと私』はストレートな作品だと思います。考えさせられる映画というよりは、単純に明日一歩を踏み出せそうな前向きな気持ちになれる映画かな、と。きっと『ナポレオンと私』の“私”(春子)に共感してくれる人も多いと思いますし、あとはナポレオンを含め登場人物のキャラがみんな濃いので(笑)、ぜひご覧いただいて純粋に楽しんでもらえたらうれしいです。

出会いに恵まれ、自分も戦ってみたくなった

――さて、濱さんはどのような高校時代を送られたのですか?

濱 ちょうど高校2年生くらいのとき、友達に連れられて古着屋さんに行って、そこで服に目覚めました。それまで「服なんて別に何だっていいや」みたいな感じだったのが、そこから徐々に服を好きになっていって、「将来は服屋さんをやってみたいな」と考えるようになりました。あと高校3年生になって、俳優の世界にも憧れがあったのでそれを親に話したら、オーディションがあることを親が教えてくれて。それでオーディションを受けたんですけど落ちちゃいました。そしてそこから勉強をして、大学に進学しました。

――大学では何を専攻されていましたか?

濱 商学部に入りました。服屋さんに興味があったし、あと僕はカレーが大好きなので飲食店にも興味があって。でも、やりたいことを一つに決められず、そうこうしているうちに就職活動が始まりました。ちょうどその頃、僕の周囲に俳優やアーティストをやっている人がいたこともあって、自分ももう一度俳優の夢にチャレンジしてみようと思ってオーディションを受け始めました。

――そして、オーディションに合格して俳優の仕事を始められた。

濱 はい。とは言っても、たくさん受けてたくさん落ちましたけどね(苦笑)。でも今思えば、高校時代にオーディションに落ちたことがいい経験になったのかなと思います。それまでずっと順風満帆な人生を送ってきて、初めて「落とされる」体験を味わったのは僕の中で大きな出来事でした。

――思い通りにならないこともあることが知れたわけですね。

濱 あと、大学でいろんな人と出会えたことも僕の中では大きかったです。僕が大学に進んだ理由として、勉強もそうですけど、いろんな人と出会いたいという目的もありました。僕は大学で映画サークルに所属していて、その中には本気で映画作りに取り組んでいる人もいて。そういう人たちと出会うことができたのは恵まれていたなと思います。彼らの姿を見ているうちに、自分ももっと本格的なところで戦ってみたいという気持ちが大きくなっていきました。

――なるほど。読者の中には進路について悩んでいるティーンもきっと多いと思うのですが、濱さんとしてはやはり「いろんな人と出会うこと」が大事だと思いますか?

濱 そうですね。ただ、出会いの中にも「良い出会い」と「危ない出会い」があると思うんです。なので、すべての出会いを受け入れるのではなく、それを自分で判断する力も必要かなと思います。あとは、とにかく行動してみることです。オーディションに受かるか落ちるかというのも、まずは受けてみないと始まらないので、とにかく最初はいろんな門を叩くことが大事だと思います。例えば大学選びで悩んでいるとしたら、オープンキャンパスにたくさん行ってみるのも手だと思います。サークルの勧誘で面白い出会いがあるかもしれないし、オープンキャンパスに行くとグッズをもらえたりもしますから(笑)。行動することで得られるものってきっとあるので、自分から動くことが大事かなと僕は思います。

Information

『ナポレオンと私』
2021年7月2日(金)より、池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマ、横須賀HUMAXシネマズ他全国ロードショー

武田梨奈
濱正悟
綾乃彩 岡林佑香
永吉明日香 白鳥紗良 米村真理 金子祐史
笈川健太 村田唯 輝海 荒井レイラ
染谷俊之
主題歌「realizer」浦島坂田船
監督:頃安祐良 脚本:鈴木規子

WEB制作会社で営業アシスタントとして働いている28歳の大原春子(武田梨奈)。同僚たちの結婚ラッシュで焦りを感じてはいるものの、ここ数年、恋愛から遠ざかっている春子は、絶賛人生迷子中……。同僚の伊原ゆか(綾乃 彩)から恋愛ゲームを勧められるも、これまで恋愛ゲームに興味がなかった春子は乗り気になれずスルー。ある日、憧れている会社の先輩・岩田伸吾(染谷俊之)が新プロジェクトのメンバーを募集していることを知るのだが、岩田は春子にとって高嶺の花。後輩の西園寺里穂(岡林佑香)も岩田先輩を狙っている様子だが、春子は何もできず、ただ見ているだけ。不釣り合いな自分が情けなく、寂しさを紛らわすように恋愛ゲームをインストールしてみると、画面の中にいるナポレオンというキャラクターが目に飛び込んできた。「こんなイケメンがリアルにいたら幸せだけど実際いないしなー。はぁ、誰か幸せにしてー!」と叫んだその時、画面の中からナポレオン(濱 正悟)が現れた!? ナポレオンは《春子が本当に幸せを見つける手助けをする為に現れた》という。あり得ない状況に混乱する春子だったが……。ナポレオンと春子の奇妙な同居生活が始まった。いつも見守ってくれるナポレオン。少しずつ変わっていく春子が見つける、本当の幸せとは何なのか? 憧れの先輩・岩田への切ない片思いの行方はいかに? 異世界から現れた英雄が愛を運んできてくれる《妄想系ラブストーリー》。

公式サイト

公式ツイッター

公式TikTok

濱正悟

俳優

1994年生まれ、東京都出身。2015年にGirlsAward×avex「BoysAward Audition」で特別賞を受賞。2016年から1年間、情報エンタテインメント番組「ZIP!」のレポーターを務めたのち、スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018~19年)で演じたルパンブルー/宵町透真役で注目を集めた。主な出演作にドラマ「コーヒー&バニラ」(2019年)、「お茶にごす。」(2021年)、映画『酔うと化け物になる父がつらい』(2020年)、『真・鮫島事件』(2020年)などがある。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Yutaka Satoh, Stylist:Takashi Tokunaga Hair&Make:Mariko Sasaki
衣装協力
シャツ¥42,900、パンツ¥53,900
アポクリファ/サカス ピーアール 03-6447-2762