この1年で服装も性格もすべて落ち着いた

――今回発売するスタイルブック『とくべつないつも』の話を聞いたときはどう思いましたか?

重川 スタイルブックというもの自体にずっと憧れがあったので、とても嬉しかったですし、どんな内容になっていくのか楽しみでした。

――前著『あの日、好きになって470日~恋愛リアリティーショーのその後の話』からちょうど1年です。自分の中で変わったと感じる部分はありますか?

重川 服装も性格も、すべて落ち着いたと思います。今まではずっと派手な髪色にしていて、一年前も赤髪だったのですが、やっぱり「母親になったのだから落ち着こう」という気持ちが強くなって髪色も暗めになりました。喋りかたもそうですが、あまり高校生っぽい会話をしなくなったので、友達に会っても「落ち着いたね」と言われるようになりました。

――ファッションも、この1年でずいぶん変わった印象です。

重川 ファッションに関しては子どもができてからガラッと変わりました。靴も動きやすいスニーカーが基本で、若々しい恰好はあまりしなくなりました(笑)。色も1年前はカラフルなものも着ていたのですが、最近はモノトーンが多くなりました。

――茉弥さんがプロデュースされているアパレルブランド「MILILOA」のパーカーも白と黒のモノトーンでした。

重川 私が思った通りに作っていただいた服をみんなのもとに届けることができてとても嬉しいです。これからもシーズンごとに色んな服を出していければと思っています。

――お子さんができてからの生活の変化にはすぐに慣れることができたのでしょうか?

重川 私の場合はもともと周りに小さい子が多く、兄弟の面倒もよく見ていたのですぐに慣れました。むしろ楽しいという気持ちのほうが大きかったと思います。しゅんくん(夫)は赤ちゃんを抱っこした経験もなかったので、最初はどうなるかと思っていたのですが、パパという自覚を持って一緒に頑張ってくれています。

――しゅんくんは家事にも協力的だと書かれていましたね。

重川 洗濯ものと料理の分担以外は、お互い空いている時間に気が付いたほうがやっています。しゅんくんがかなり積極的に何でもやってくれるので、逆にわたしが「大丈夫なのかな?」と不安になってしまうくらいです(笑)。