Contents

原作に寄せながらも自分なりのヒロインを作っていった

中学時代に〝石〟と呼ばれていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花。そこで出会ったのはレモン色の髪をした三浦界。実は彼こそが、その高校を選んだ理由だった。クールで自由奔放、基本塩対応なのに人気者の界。彼はなぜか自分を〝石森係〟と呼び、羽花の世話を焼いてくれるように。距離が近づいた二人は想いを伝え合い、幸せな毎日を送っていたが、実は界には羽花に伝えられていない秘密があった……。
そんな『ハニーレモンソーダ』で羽花を演じた吉川愛さんは、どういう気持ちで撮影に臨んだのだろうか。

――『ハニーレモンソーダ』で吉川愛さんが演じる「石森羽花」はどんな女の子でしょうか?

吉川 中学時代はいじめられていて、〝石〟というあだ名をつけられたために、ずっと自分を石だと思い込んでしまっている内気な女の子です。でも高校に入る前に、レモン色の髪をした界君に出会って、彼の通う高校を選びます。

――それまで内気だった女の子が、積極的な行動を取るんですね。

吉川 そうです。界君はクールで自由奔放なんですが、みんなの人気者で、羽花ちゃんとも仲良くなります。それをきっかけに初めてちゃんとした友達ができたり、恋愛したりと、いろいろな経験をしていくことによって、どんどん羽花ちゃんが変化していく物語です。

――羽花の変化を表現するために、どんな役作りを意識しましたか?

吉川 メイク、ヘアスタイル、制服など、見た目でも分かりやすく変わりますが、自分を石と思わなくなったり、いじめられた過去を忘れていったり、羽花ちゃんの中にある感情が少しずつ変わっていくのが伝わるように意識しました。

――吉川さん自身、羽花に共通する部分はありますか?

吉川 それが全くなくて(笑)。私とは正反対のキャラクターです。仲の良い友達も私のようなタイプが多いので、どちらかというと界君が仲の良い女友達に似ているかなと思います。原作のコミックと台本を読み込んで、羽花ちゃんのイメージを掴んでいきました。

――コミックのキャラクターを演じるのは、原作のイメージもあるので難しいのではないでしょうか。

吉川 そうですね。私自身、アニメが大好きなので、実写化する難しさはよく分かります。原作のファンの方もいらっしゃいますし、どこまで寄せていくかを監督やプロデューサーさんとお話ししました。もちろん羽花ちゃんに寄せるだけで、私らしさも出さないのは、実写化の意味がありません。そのバランスを考えながら自分なりの羽花ちゃんをつくっていきました。

ラウールさんは人見知りだけど打ち解けるとイメージが全く違った

――三浦界を演じたラウールさんはどんな方でしたか?

吉川 お会いする前は、クールな方なのかなという印象でした。実際にお会いすると意外と人見知りなところがあり、あまり目線が合わなかったです(笑)。

――そうなんですね!

吉川 でも撮影していくに連れて、自然とキャストの方々がラウールさんのところに集まってくるんです。打ち解けると人懐っこい方で、初めて会ったときの印象と全く違って、すごく面白い方だなと思いました。

――神徳幸治監督は『ピーチガール』(’17)、『honey』(’18)など、高校生の青春ラブストーリーを得意とされていますが、どんな演出をされる方でしたか?

吉川 たとえば羽花ちゃんが感情的になるシーンで、どう演じればいいのか悩んでいるときに、すぐに相談に乗ってくださって、一緒に考えていただいたりしました。

――役者さんに寄り添ってくれるということですか?

吉川 そうです。やりたいことをしっかり聞いてくださるので、私が思い描いた羽花ちゃんを演じることができました。自分らしさを出したかったので、それを尊重してくださるのはとてもありがたかったです。

――映画の見どころを教えてください。

吉川 恋愛映画なんですけど、恋愛だけじゃなくて友情の部分も深く描かれています。羽花ちゃんが、界くんの女友達と出会うことで、引っ込み思案な性格が少しずつ変わっていって、自分の意見も言えるようになります。そういう風に女の子同士の友情だったり、男の子同士の友情だったりがリアルに描かれていて、その関係性にもぜひ注目して観て欲しいです。

子どもの頃から仕事をするのが日常だった

――吉川さんのキャリアについてお伺いしたいのですが、3歳から芸能界のお仕事を始めたそうですね。

吉川 母親がきっかけでした。幼児向け番組『いないいないばあっ!』(NHK Eテレ)で、小さい子が着ているような着ぐるみを私に着せたくて事務所に入れたそうです。

――着ぐるみを着せたかったというのも珍しい理由ですね(笑)。

吉川 私自身、その番組が好きだったのを覚えています。いつの間にかやっていて、それが当たり前になっていたので、仕事っていう意識になったのは、かなり後になってからです。演技も最初は母親に指導してもらっていました。

――お母さんが演技指導をされていたんですね。

吉川 子役の方は親に教えられながらやる場合も多いと思います。当時、本格的な演技レッスンは受けてなかったので、母親から「ここはこうしなさい」と教えてもらいながら勉強していました。

――お母さんの演技指導はいかがでしたか?

吉川 けっこう的確でした。当時の演技を見返しても、これで良かったと思うことがあって、母親は演技経験もないのにすごいなと思います。

――成長とともに、演技の楽しさに目覚めていったんでしょうか?

吉川 正直、小さい頃は、それが日常でしたので、よく分からないままやっていた部分もありました。

――高校時代、1年ほど芸能界の仕事から離れていたんですよね。

吉川 高校2年生になる直前に一度、芸能のお仕事から離れました。特に大きな理由はなかったのですが、小さい頃から勉強や学校よりもお仕事を優先していたので、学生生活を楽しみたい気持ちもありました。お仕事をしていない時期に、友達と韓国旅行に行ったのが思い出深いです。

その時々で出てくる自分の気持ちを大事に

――芸能活動を再開したきっかけを教えてください。

吉川 お仕事から離れている期間に、少しずつまたやりたいなという気持ちが芽生えてきて、そんなときに今の事務所からスカウトしていただきました。せっかくの機会だしもう一度やってみようと思い芸能活動を再開しました。

――演技面での変化はありますか?

吉川 高校2〜3年生くらいになると、お話をいただく役柄も変わってくるので、そのままではいけないなと意識的に変えました。

――最後にティーンにメッセージをお願いします。

吉川 私自身、ずっと夢がなくて、やりたいことも特に決まっていませんでした。実は今もそれはあまり変わってなくて、今自分がやりたいことを常にやれてたらいいなと思っています。よく年下の子に、「夢がないから今後どうしたらいいのか分からない」とか「大学や就職先が決まらないけど、どうしたらいいですか?」と聞かれますが、私自身も分からないことはたくさんあります。その時々で出てくる自分の気持ちを大事にして、変に悩まずに、今やりたいことをやっていけたらいいんじゃないかなと思います!

Information

『ハニーレモンソーダ』
2021年7月9日(金)全国公開
ラウール(Snow Man) 吉川 愛
堀田真由 濱田龍臣 坂東龍汰 岡本夏美
原作:村田真優「ハニーレモンソーダ」(集英社「りぼん」連載)
監督:神徳幸治  脚本:吉川菜美  音楽:深澤恵梨香  主題歌:「HELLO HELLO」 Snow Man
累計700万部突破の大ヒット少女コミック「ハニーレモンソーダ」が待望の実写映画化。髪をレモン色の金髪に染め、基本的には塩対応でソーダみたいに刺激的だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界を演じるのは、映画単独初主演となるSnow Manのラウール。いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていくヒロイン・石森羽花を演じるのは吉川愛。2人をとりまく共演者たちには、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ら、人気実力ともに兼ね備えた若手俳優たちが集結した。
©2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 ©村田真優/集英社

公式サイト

公式ツイッター

公式インスタグラム

吉川愛

女優

1999年10月28日生まれ、東京都出身。主な出演作はTVドラマ「初めて恋をした日に読む話」(’19/TBS)、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(’19/NHK)、「恋はつづくよどこまでも」(’20/TBS)、連続テレビ小説「おちょやん」(’20/NHK)、「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜」(’21/YTV・NTV)主演、映画『虹色デイズ』(’18)、『十二人の死にたい子どもたち』(’19)、『転がるビー玉』(’20)主演など。ディズニー・アニメーション最新作『ラーヤと龍の王国』(’21)では、主人公・ラーヤの日本語吹き替えを担当。

Photographer:GENKI(IIZUMI OFFICE),Interviewer:Tatahiro Iguchi, Stylist:Aya Ishida, Hair&Make:Yuki Morohashi