ヒロインの夢に向かって突き進む姿に共感

――『星空のむこうの国』はSF作品で二つの世界が錯綜するストーリーですが、初めて台本を読んだときの印象はいかがでしたか?

秋田 二つの世界をカラーとモノクロのパートで表現していて、最初は台本を理解するのが難しかったです。読み込むうちに、こういう風に繋がるんだと理解できたときは、すごく面白くて。非現実的な部分もありますけど、私が演じる理沙が夢に向かって突き進む姿が台本から伝わってきて、しっかり演じきりたいなという気持ちになりました。

――理沙は一見するとおとなしそうですが、内に熱いものを秘めています。秋田さん自身と共通するところはありますか?

秋田 理沙は、ふわふわと柔らかい雰囲気なんですけど、ちゃんと自分の信念がある女の子です。私も自分で決めたことは、ちゃんとやりきるほうだと思うので、そこは似ていますね。

――撮影前に小中監督から役作りの上で指示されたことはありますか?

秋田 小中監督から、理沙の性格についての説明をしていただきました。お芝居については、私の意見を尊重してくださる方だったので、自分の中で役についての考えを整理して作品に挑みました。

――CGを駆使した作品ですが、撮影中に難しいと感じる部分はありましたか?

秋田 現実にはないものを想像して演じるシーンもあって、カメラの角度などを意識するのは難しかったです。グリーンバックで撮影したシーンと、屋外で撮影したシーンを合成するところがありますが、実際に合成した画を想定しながらの演技だったので特に苦労しました。

――共演者の有森也実さんは、オリジナル版の『星空のむこうの国』で理沙役を演じていますが、プレッシャーはありましたか?

秋田 最初は緊張というか、不安がありました。でも有森さんが優しくて、可愛らしい方だったので、接してみるとプレッシャーは全く感じませんでした。リメイク作品ではありますが、35年前の作品とは別物で、新しい作品を作っているという雰囲気が現場にありました。

――主人公の昭雄役を務めた鈴鹿央士さんの印象はいかがでしたか?

秋田 鈴鹿さんは休憩中も、ずっと昭雄君のことについて考えていて。「これってどうなんだろう……」と悩んでいる姿を見て、すごく真面目な方だなと思いました。話しかけると、すごく柔らかい雰囲気で、真剣に役と向き合う姿を見ていたのでギャップのある方だなと思いました。