作品を通して、自分を肯定してもらえたら

――ゲームアプリのキャラクター・ナポレオンが現実に飛び出してくるという不思議な設定の『ナポレオンと私』ですが、作品の印象としてはいかがですか?

武田 最初にお話をいただいたときは「ファンタジー寄りの作品なのかな」と思っていたんですけど、本読みをしたり実際にお芝居をしていく中で、ファンタジーではなく現実世界に沿ってストーリーが進んでいくので、とても身近に感じられる作品だなと思いました。『ナポレオンと私』というタイトルの通り、観てくださる方が“私”の気持ちになって一緒に物語を歩んでくれたらうれしいなと思っています。

――確かに設定こそ奇想天外ですが、物語は主人公の自宅やオフィスで展開されます。

武田 そうなんです。ごく普通のアラサー女子の前にポンとナポレオンが現れて、飛び出てきた瞬間は違和感があるんですけど、ナポレオンがだんだん現実世界に馴染んでいく感じが面白いなと思います。

――武田さんが演じた主人公・春子は、自分に自信が持てず恋も仕事も前に進めない28歳。演じる上でどのような意識をされましたか?

武田 自分と重ね合わせて観ていただきたいという気持ちが強かったので、できるだけ等身大でいることを意識しました。たとえば、つい強がってしまう瞬間だったり、泣きたいけど笑ってごまかしてしまう瞬間だったり、「その気持ち、分かる」と思っていただきたかったので。私自身も春子の気持ちがすごく理解できたし、きっと同じような経験をしている女性も少なくないと思うので、そういう感情も乗せながら演じました。

――演技に関して、頃安祐良監督から何か指示はありましたか?

武田 春子ってけっこう悩んでいる女の子なので、最初は「どうせ私なんて……」みたいな内気な性格の子として演じようとしていたんです。でも監督からは「決して残念な子には見えてほしくない。むしろみんなの前ではずっとニコニコしていてほしい」と言われて。確かにずっと内気だと観ている方も共感しにくくなっていたと思うので、監督の助言は大きかったです。

――ナポレオンとの共演シーンはいかがでしたか?現実ではありえない状況なので難しかったのでは?

武田 ナポレオンはゲームアプリの中に存在するキャラクターなので、(※ナポレオン役を演じた)濱(正悟)さんはキャラに近づけるよう努力されたと思います。逆に私は作り込まずに演じようと決めていたので、それこそ春子とナポレオンが初めて出会うシーンはちぐはぐ感があるんですけど、それがむしろリアルだなって。「あなた誰!?なんでここにいるの!?」と驚いている春子とやけに冷静なナポレオンの対比は注目していただきたいポイントです。

――ちなみに、撮影現場はどのような雰囲気だったんですか?

武田 初日はそれこそナポレオン役の濱さんが立っているだけで違和感がすごくて、みんなで笑っていましたね。でも2日目からはナポレオンの存在が身近に感じられるようになってきたので、逆に撮影後、濱さんが私服に着替えると「あれ、誰?」みたいな感覚になりました(笑)。

――濱さんの印象は?

武田 濱さんと初めてお会いしたのは(※ナポレオン役を決める)オーディションの場でした。そのときはあいさつ程度で特に会話もなく、クールな印象でしたね。でも実際に撮影現場に入るとすごくチャーミングで、周囲を笑わせてくれる方だったので印象がガラッと変わりました。

――濱さんのチャーミングエピソードはありますか?

武田 よくものまねをしてくれましたね。たとえば濱さんがニャンちゅうのものまねをしてくれているときに私がふざけて「うんそうだよね、しんちゃん」って言ったら、即座にクレヨンしんちゃんのものまねで返してくれて!それがとても楽しかったです(笑)。

――では、本作に込めた武田さんの想いを聞かせてください。

武田 作品の中では恋や仕事など人生に悩むアラサー女子が主人公として描かれていますが、悩みってきっと性別や年齢関係なく抱えているものだと思うんです。そういう方々にこの作品を観ていただいて、自分を一つでも肯定してもらえたらなって。「自分のことを好きになってみよう」と少しでも思ってもらえたらうれしいです。