同世代が集まってコミュニケーションを密に取れた

――『Bitterand』は高校を舞台にした青春ラブストーリーといった雰囲気で幕を開けますが、徐々にミステリー的な要素が強くなって予測不可能な展開になっていきます。最初に脚本を読んだときは、どう感じましたか?

萩原 最初は和気あいあいとした学園映画という雰囲気もありつつ、少しずつ人の中身が見えてきて。誰か一人悪い奴がいるのではなく、それぞれが何かを抱えていて、次々と闇を暴かれていく。そのストーリーを読んで、同世代の人たちと演じるのが、すごく楽しみになりました。中でも僕が演じさせていただいた井葉は面白いなと感じました。

――井葉は屈託のないキャラクターで、事件の核心に迫るために、どんどん行動を起こしていきます。

萩原 なかなか出会ったことのないタイプだったので興味を惹かれました。

――萩原さんと共通する部分はありましたか?

萩原 演じる前は共通点が一切ないと感じていて、「こんな奴いるのか?」って思っていました。でも撮影現場では、「井葉っぽい」っていろんな人から言われたので、もしかしたら近い部分があるかもしれません。ある取材で杉岡(知哉)監督が、僕を井葉役に選んだ決め手として、「そこに井葉がいた」と仰っていたんです(笑)。そこまでジャストフィットしているなら、それはそれでありがたいことだなと思いました。実際、杉岡監督と僕の考える井葉像がすごく近かったので、遊び心を持って自由に演じさせてもらいましたし、アドリブ部分にしても井葉という人物を掴めていたのかなと思います。

――映画は高校3年生の夏休み明けと、それから7年が経った現在が交差して描かれていますが、撮影の順番はどうだったのでしょうか?

萩原 けっこうバラバラでしたね。

――過去と現在で見た目も雰囲気も変わります。演じるのは難しかったのではないでしょうか。

萩原 他の登場人物は7年ですごく変わるんですけど、井葉はそこまで変えなくてもいいのかなというのが僕の中であって。井葉は学生時代と変わっていないから、あんなにバカだし、とんでもない行動もできるのかなと思ったんです。変わらないからこそ、周りも「なんだお前は?」って感じで井葉にぶつかっていけるんですよね。だから、見た目は変わっていますけど、過去と現在を行き来することに、それほど抵抗感はなかったです。でも主人公の井上(祐貴)君は7年で大きく変わりますし、過去と現在を切り替えるのは大変だったと思います。

――寒いノリに周りが引くというシーンもいくつかありました。

萩原 スベリ芸か分からないですけど、井葉の存在がテンションチェンジャーというか、場の雰囲気を変えるべきときにバッと空気を読まず切り込んでいくので、とことんやってやろうという思いで演じました。

――重苦しいムードに包まれたシーンが多いですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

萩原 これだけ同世代の人たちが集まると元気な現場になりますし、すごく刺激を受けました。年齢が近い分、ディスカッションもしやすくて、思ったことも言い合えました。短い撮影期間の中でも、みんな変に硬くなりすぎず、良いムードの現場だったと思います。コミュニケーションが密に取れていたので、休憩時間もずっと誰かと話していましたね。