世界中から注目されている村上春樹原作の話題作

世界三大映画祭の1つであるカンヌ国際映画祭。『ドライブ・マイ・カー』は日本映画として唯一、パルム・ドールを競うコンペティション部門に出品された。

本作は村上春樹の短編小説の映画化。原作を収録した『女のいない男たち』(文春文庫刊)は、19か国語に翻訳されていて、バラク・オバマ元大統領が「2019年のお気に入りの本」に挙げたことでも話題となった。

ストーリーを紹介。

主人公、舞台俳優で演出家の家福(西島秀俊)は、愛する妻(霧島れいか)と死別してしまい、悲しみに苛まれ、行き場のない喪失感を抱えて生きていた。妻との記憶が刻まれた愛車で演劇祭に向かった家福の前に、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーみさき(三浦透子)が現れる。家福はみさきと過ごしていく中で、あることに気づかされていく。孤独な2人がたどり着いた場所とは――?

胸に迫るストーリーで、観る者の心が突き動かされる圧巻のラスト。実力派俳優たちが集結したことで世界的に注目を集めている。カンヌ国際映画祭開幕を目前に控えて行われた壮行会イベントでは、濱口竜介監督をはじめ、西島秀俊、三浦透子、霧島れいかが集結。カンヌ映画祭への意気込みを熱く語った。

濱口竜介監督は2016年『ハッピーアワー』で、ロカルノ、ナント、シンガポールをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞。2020年にはベネチア映画祭で銀獅子賞を受賞した黒沢清監督の『スパイの妻』の脚本も担当。現在世界中から最も注目を集めている日本映画の監督の一人である。2018年に公開された商業映画デビュー作『寝ても覚めても』に続いて、今回が3年ぶり2度目のカンヌ国際映画祭に出品となる。

舞台に登壇した濱口監督は、「自分としても、素晴らしいものが映っている映画だと思っているので、コンペティションに選ばれた結果は誇らしく感じています」と自信たっぷりに語る。

主演を務めた西島も「これからもっともっと大きくなる濱口監督の作品に参加させていただいて、非常に光栄です。一俳優として素晴らしい体験ができて、今回カンヌという場所で世界中の方たちに観てもらえるのはとても嬉しいことです」と笑顔を見せた。