アメリカ西海岸から始まったストリートカルチャー

そもそもBMXフリースタイルとはどんな競技なのか?スポーツとしての自転車競技には、すり鉢状の傾斜がついた会場で行われる「トラックレース」、一般道路で実施される「ロードレース」、未舗装の山道を疾走する「マウンテンバイク」などがある。これに対して「BMX」は、ブレーキも変速ギアもない頑丈な自転車で競われるスポーツだ。

「BMX」は大きく分けて2種類のカテゴリーが存在する。ひとつは起伏のあるコースで着順を競う「BMXレース」。もうひとつはテクニックを披露し、その難易度や独創性を競う「BMXフリースタイル」だ。さらにこの「BMXフリースタイル」は開催される場所によって「フラットランド」「パーク」「ストリート」などに分類される。BMXレースは2008年の北京オリンピックから、BMXフリースタイルのパーク競技は今年のオリンピックから正式種目となる。そして今回の「マイナビ Japan Cup」はBMXフリースタイルのフラットランドの大会として開催。

会場では競技中もDJブースのセレクターがクールなトラックを繋ぎ、MC2名が競技の実況を行う。初心者でもわかるように見どころを解説してくれ、ショッピングモールに集まった週末の買い物客も思わず足を止めていた。選手のファッションも個性的で、おしゃれなハットやダボっとしたパンツスタイルで見る者に大きなインパクトを与える。もともとBMXは1970年代初頭にアメリカ西海岸で子どもたちが始めたものとされているが、ストリートカルチャーのど真ん中にあるスポーツだ。