可愛い動物たちと撮影できることにワクワク

——『犬部!』は北里大学の獣医科大学生が立ち上げた実在のサークル「犬部」をモデルにした映画ですが、脚本を読んでどんな印象を受けましたか?

大原 犬部は青森県十和田市で行き場を失った犬と猫を保護して、草の根運動で里親募集や譲渡会を行っていたのですが、まずは原案の「北里大学獣医学部 犬部!」を読ませていただいて、すごくテーマの深い作品だなと思いました。現場に入る前から、この作品に携われることに、とてもやりがいを感じていました。脚本を読んでみると、原案よりホッコリしたり、ちょっと笑えるシーンがあったりして、いい意味での軽さというか、コミカルさがある作品だったので、より楽しみな気持ちが強くなりました。

——撮影は舞台となった十和田市で行われたそうですね。

大原 はい。十和田には1カ月くらいいました。夏でしたけど、ちょっと涼しい感じでした。

——十和田での撮影はいかがでしたか?

大原 自然あふれる十和田の良さを感じながらの撮影は、すごく気持ちよかったですし、実際に犬部が活動していた場所ということで、よりリアルさを感じられました。

——撮影以外で街を歩いたりする機会はありましたか?

大原 コロナ禍だったので、外出は控えていましたが、テイクアウトで地元の味を楽しんでいました。

——北里大学でのシーンもふんだんにありますが、大学構内の雰囲気はどんな感じでしたか?

大原 とにかく大きいなと思ったのと、いろんな動物の鳴き声が聞こえてきて、不思議な感じでした。私が通っていた大学とは全然違う雰囲気でしたね。

——もともと動物好きだそうですね。

大原 ネコも犬も大好きです!大好きな動物を題材にした映画なので、可愛い動物たちと撮影できることにワクワクしました。

——大原さんが演じた佐備川よしみと、大原さん自身に共通点や共感する部分はありますか?

大原 台本を読んだときに、学生時代は男性に混ざって犬部のネコ担当として活発に活動している女の子、大学卒業後は命を扱う職に就いてらっしゃる方ということで、どこか男勝りでガッツのある女性という印象を受けました。私も仕事に対してはガッツがあるほうだと思いますし、ちょっと男勝りな部分もあるので、そういう部分は似ているのかなと思います。

——確かによしみは男性陣の中にいても強い存在感を放っていました。林遣都さん、中川大志さん、浅香航大さんが犬部のメンバーですが、現場はどんな雰囲気でしたか?

大原 みなさん普段から気さくな方々で、現場もピリピリせずに和やかでした。大志くんは共演が3回目になるので気心が知れていましたし、浅香さんも2回目の共演というのもあって、私自身リラックスして現場に臨めました。

——劇中では犬部から16年後の時代も描かれますが、学生時代と社会人になってからの演じ分けが素晴らしかったです。

大原 よしみに限らないですが、一人の人間の成長を見せられる役だなと感じていて。学生時代のよしみと、30代になったよしみの差をつけるために、お芝居のトーンを変えましたし、ヘアメイクや衣装といった外見的なものは、スタッフさんと相談しながら決めていきました。

——学生時代のよしみは天真爛漫ですけど、大人になってからは大学の研究員として落ち着いた雰囲気が漂っていました。

大原 学生時代はキャピッとしているというか、元気印な感じで演じました(笑)。

——篠原監督から役作りの上で要望などはありましたか?

大原 篠原監督は役者の芝居を大切にしてくださる方でした。アドバイスにしても最初からするというよりは、まず演技を見てから、ああしていこう、こうしていこうとお話を進めていく感じだったので、私たちに任せてくださっている感がありました。

——動物たちとの絡みはいかがでしたか?

大原 やっぱり動物の演技は動きの予想がつかないので、それぞれ臨機応変にお芝居をするように意識していました。

——先ほどネコと一緒に撮影をしていただきましたが、なかなかカメラ目線をしてくれなかったですしね(笑)。

大原 そうでしたね(笑)。でも、可愛いワンちゃんネコちゃんといっぱい出会えたので、楽しかったですし、いっぱい癒されました。あと、ワンちゃんのお芝居には驚かされました。スタッフさんの指示をよく聞いて、見て、動いてくれていたので、そのお芝居によって成り立った映画だなと感心しました。

——特に印象的なシーンはありますか?

大原 大志くんが注射針を自分に向けようとしたシーンは胸が苦しくなりました。それぐらい犬を愛していて、犬を救いたいと思っている人がいるんだなと思うと、命の重さというものを考えさせられるシーンでした。

——普段は動物の殺処分問題などに、なかなか目を向けないですからね。

大原 そうですね。ちょっと心が苦しくなるので、目を背けたいことかもしれないんですけど、知らないといけないことだなと思います。

——改めて映画の見どころを教えてください。

大原 可愛いワンちゃんやネコちゃんが出ているのが大きな見どころですし、動物を飼ってる方だったら、その大切さに気づく映画になっています。一方で明るい側面だけではなく、殺処分されているワンちゃんネコちゃんがいるっていう現実は勉強になりますし、命について考えさせられるチャンスをくれる映画です。ぜひご覧いただいて、犬部の思いを感じ取っていただければなと思います。