30代最後の集大成的作品になった『サイコト』

――『サイダーのように言葉が湧き上がる』(※以下:『サイコト』)、公開おめでとうございます。今作はイシグロ監督にとって初の長編オリジナル作品となりました。手ごたえや感想などをまずいただければと思います。

イシグロ 脚本、画作り、音響……一緒に良い作品を作ってくれた皆さんの仕事には満足しかありません。ただ僕個人としては、描いた絵コンテなどを今になり改めて見返したとき、「もっとできたな…」と思う日々です(苦笑)。ただ、今となっては「今度はもう少しだけできる」と思えている自分がいるので、次へと繋げられたという部分では、納得できています。

――とはいえ、キャリア初のオリジナル作。嬉しい気持ちは当然あったと思いますが、いかがでしょうか?

イシグロ そうですね。40歳になるまでは一つ、自分のオリジナル作品や、映画作品を作りたいなという夢は、ボンヤリありました。それがまさか『サイコト』で二つ同時に叶うとは思っていませんでした。監督しての自分、そして30代最後の僕にとっての集大成的な作品にはなったのかなと思います。

――どういった経緯で今作を製作することになったのでしょうか?

イシグロ 2015年ごろに、フライングドッグさんから「オリジナルの音楽モノを一緒に作れないか?」とオファーが届いたのが始まりです。実は当初、SF作品として企画が始まって、僕もその案をベースにしながら、プロデューサー陣と色々と相談しながら物語や企画を練ってみたものの、なかなか上手くいきませんでした。ちゃんと物語を作れる人が必要だと思い、脚本家の佐藤大さんに声をかけて、物語作りや企画がより本格的に動き出したという感じです。

――当初のSF作品から、現代を舞台にした青春物語へと着地したのはどういった経緯だったのでしょうか?

イシグロ そもそも、SF作品を観るのは好きですが、作る側としてはそこまで興味が湧きにくい人間でして(苦笑)。僕が作って楽しいと思う舞台は、現代の日常。内容もキャラクターにフィーチャーした作品なんです。自分にとって初のオリジナル作品を作るとなると、やはり本当に好きなフィールドで勝負しないと上手く成り立たないなと思い、恋愛をベースにした自己を確立する少年少女の物語になりました。