Contents

僕たちにとってさらなるステップアップのチャンス

――待望のメジャー1stシングル『雨が始まりの合図/SUMMER様様』がリリースされました。「雨が始まりの合図」はもともと昨年7月の安井さんの誕生日にメンバーのみなさんから送られた楽曲ということですが、この楽曲を選んだ理由を教えてください。

安井 そもそもこの時期にシングルをリリースすることだけが確定していて、曲を何にするかまでは決まってなかったんですけど、今年1月の武道館ライブで初めてお客さんの前で「雨が始まりの合図」を披露させていただいたときに、みなさんからたくさんの感想をいただいたんです。曲自体も発売時期にマッチするということもあり、そういった自然な流れで決まっていきました。

――レコーディングするにあたって、難しかったところはありますか?

長妻 僕のパートでストリングスのみになる部分があるんですけど、テンポを合わせるのが難しかったですね。BPMも早い曲なので、雰囲気に任せて歌うとテンポが遅れてしまいそうになるんです。

安井 この曲はいい意味でみんなのパートが分かれていて、声質が変化するから退屈しないんです。だからこそ、その退屈しないニュアンスをつけるのが難しかったかなと思います。あとは言葉が詰まっている曲なので、一音一音を丁寧に歌うことを意識しました。

――「雨が始まりの合図」のMVは7人の活動の軌跡を描いているような仕上がりです。監督の三石直和さんが各メンバーと直接対話して聞き出したエピソードを元に作り上げたとのことですが、撮影はいかがでしたか?

長妻 MVの中で僕は看板に絵を描いてるんですけど、それも僕自身が実際に一人旅をしたときに看板に絵を描いたことがあるからなんです。撮影自体もそういうフィクションとノンフィクションが入り混じったような、ドラマを撮ってるような感覚でしたね。そんなドラマ、撮ったことないんですけど(笑)。

安井 撮影期間は2日間と長い時間を取っていたんです。一つのシーンごとに映画を撮るみたいにカットをいろいろ切り替えて撮影を進めていったので、映像素材はかなりあったんじゃないかな。結果的に完成したMVはいい意味で使われている絵がかなり厳選されていたんですけど、おそらく三石さんから見て一番いいものを印象的にMVの中に落とし込んでくれたんだろうなと思いました。

長妻 三石さんは衣装に対しても場所や角度、表情についてもこだわりが強かったです。

安井 そもそもですけど、この「雨が始まりの合図」のMVも最初は僕らが出演しないという、まったく違う形で提案していたんです。分かりやすい直接的な表現は自分たちではあまりやろうとは思っていなかったから。でも三石さんから現在のMVの形を提案していただきました。三石さんがいなかったらこの映像はできなかったと思います。だからこそ、そこは三石さんの熱意に応えたいという気持ちになりました。

――三石さんの提案があったおかげで、これまでの自分たちとは違った表現やアプローチができたということでしょうか?

安井 コロムビアさんと組ませていただいたおかげだと思います。インディーズでやっていたら全部自分たちで決めてしまうので、ここまでのものはできなかったと思うから、すごくありがたいです。主観じゃない部分で7ORDERを見ていただいて、「こういうふうにした方がいいよ」って言っていただける人がいるのは、僕たちにとってさらなるステップアップのチャンスになるんじゃないかって、今回のMV撮影で改めて思いました。

メンバーで希望を出し合って生まれたORANGE RANGEとのコラボ

――両A面となる今回は、ORANGE RANGEのNAOTOさんが作編曲プロデュース、HIROKIさんが歌詞提供したサマーチューン「SUMMER様様」も収録されています。このコラボに至った経緯を教えてください。

安井 自分たちの曲だけだとインディーズの時代にやってきたことと何も変わらないと思ったので、両A面シングルにしてみたいとレコード会社さんに伝えていました。次に「雨が始まりの合図」とは違った、夏の楽しさやお祭り感を出せる楽曲がほしいというところから、みんなで意見を出し合ったんです。最初に「夏曲は何を聴いてた?」みたいなことから、「カラオケでORANGE RANGEさんの夏曲をよく歌ってたよね」という話になって。それで夏を代表するアーティストであるORANGE RANGEさんにお願いしてみようとなりました。

――初めてNAOTOさん、HIROKIさんとお会いしたとき、どんな話をされましたか?

安井 リモートでの打ち合わせのみだったので楽曲の話が中心でした。たぶん直接会っていたら最初にアイドリングトークというか、「はじめまして!」「よく聞いてました!」みたいな話をしていたと思いますが、リモートだと仕事の話から入るから、ちょっと寂しいなと感じました。

長妻 僕はその打ち合わせに仕事でいなかったんですけど、もし参加していたらもっとアイドリングトークを展開できたんじゃないかと思います(笑)。

安井 すごくストイックで「夏場も家で黙々と曲を作ってました」みたいな感じだったらどうする?

長妻 それはそれですごく尊敬する!

――ORANGE RANGEさんは自分たちの色を楽曲に落とし込むのが上手いので、そういう楽曲制作のポリシーなどもお聞きできたら面白いですね。

安井 「SUMMER様様」は僕らの中でも音数が少ない楽曲なんですけど、その詰まってない部分の空気感も含めてグルーヴがすごいんです。ORANGE RANGEさん特有の韻の踏み方やメロディーラインがあるなあと思いました。

――「SUMMER様様」のMVは、「雨が始まりの合図」とは打って変わって非常に華やかでコミカルな仕上がりです。

長妻 撮影も本当に楽しかった!白いスタジオにセットを組んで、楽器を演奏する横でダンサーさんが踊って。

安井 「MV撮ってる!」って感じがしたよね。衣装も色取りもポップでよかった。監督のかとうみささんとも打ち合わせさせて、最初にかとうさんがもってきてくれたラフのイメージがすごく可愛くて、見た瞬間に「めっちゃいいな!」と思っちゃった(笑)。

長妻 本当に可愛かったよね!

安井 それも僕が好きな世界観だったからかなりツボだったんです。お話していても楽しかったです。映像にはフィルターが掛かっているんですけど、柔らかくビビットな感じでそれも絶妙でした。

長妻 一つエピソードとして覚えているのが、MV撮影当日の朝、メイクしているときに森田が急に丸刈りにしたいと言ってきて。襟足を切るとか、そういうのではなくて「ツルツルにしたい」(笑)。

安井 最初はオシャレ短髪かなと思ったら、『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS系)というドラマの「加瀬亮さんくらいにしたい」って言い出して(笑)。

――頭の形がはっきり分かるくらいの坊主頭(笑)。

長妻 本人が「ここしかない」と強く言うから、僕も「そこまで言うなら」って。

安井 熱かったんだよね。ふざけてるんじゃなくて本気だった。

長妻 だから森田に「一緒に(スタッフさんにも)提案しよう」と。メンバーも最初はやめた方がいいって言ってたんですけど、それもなんとか説得して了承をもらったんです。それでいざ森田と一緒にレコード会社の方に相談したら即「ダメです」って言われて(笑)。それが原因なのか、撮影中に森田は特にはっちゃけてましたけど(笑)。

安井 本当に自由演技みたいな感じで。そこを監督さんが切り取ってくださるので楽しかったですね。

――メンバーの表情からも撮影中の雰囲気が伝わってくるようでした。

安井 今回みたいなMV撮影はすごく楽しくて。たぶん、これからも僕たちでMVを作りたくなるんだろうけど、今回みたいに誰かの世界と自分たちの世界を行き来しながら作っていけたらいいなと思います。

課題や試練を与えられたときの方がみんないい顔をしている

――今年1月13日・14日に開催された初ワンマンライブの武道館公演が収録された『WE ARE ONE』のDVD/Blu-rayも現在発売中です。見どころはたくさんありますが、今回は歌手・ダンサーとしても活躍している植木豪さんが演出と振り付けで参加されていて、これまで以上にアクロバティックなダンスにも挑戦されています。

安井 植木さんはブレイキンなどの要素も持っている方なんですけど、僕らはあまりそういうダンスをしてこなかったんです。だからこそ改めてパフォーマンスを観返しても新鮮だったし、「よくあれを一日二回やったな」って(笑)。

長妻 パントマイムチックに、箒や笛を使って音を奏でていくと次第にその音が重なり、音が最高潮になるとダンスナンバーが始まるシーンがあったんです。そのナンバーの後に「What you got」という曲に移るんですけど、この曲だけでも大変だから本当に「吐くんじゃないか?」ってリハの時から思ってました(笑)。

安井 そういうシーンを作りがちなんです。追い込んでしまうというか、後半にぎゅっと詰め込むセットリストを組んでしまう。でもそこがいいというか、どうやってもしんどいからこそ、一所懸命になってブースターをかけていけるんです。「What you got」あたりのダンスからの最後までの流れはそうしたエネルギーが詰まっていますし、今観てもいいシーンだなと思いました。あとはメンバーの表情ですね。昨年に「UNORDER」という、無観客でのデジタルショーを行ったんですけど、お客さんがいるぶん「WE ARE ONE」の方がより光って見えました。ほかにもこれまでにない挑戦として、「Rest of my life」で椅子を使った演出をやったとき、椅子の背もたれのところに一人一台ずつカメラを付けて、マルチアングルで撮影をしたんです。これもあまり見られない映像になっているので、新鮮なんじゃないかなと思います。

――武道館は数々の著名アーティストがライブを行った“聖地”とも言える場所です。その大舞台でメジャーデビューを飾ったことは、メンバーにとってもファンの方々にとってもかけがえのないものになったと思います。

安井 最初は僕らもそんなつもりじゃなかったんです。昨年夏にツアーをやる予定で組んでいたものが全部無くなってしまった代わりに、まさかの武道館でライブをすることになって。そのときはまだメジャーデビューも決まってなかったし、流れの中でそうなったんですけど、ライブを振り返ると結果的によかったなと思います。こうやって課題や試練を与えられたときの方がみんないい顔をしてるんです。

長妻 武道館ライブに参加もされた方も、DVDを買って映像を見返したときに「こういう表情をしていたんだ!」とか、新たな面白さや発見があるんじゃないかなと思います。

自分たちの体一つで表現を突き詰めていきたい

――今年5月22日でグループとして3年目に突入し、先日発表された「オリコン上半期ランキング」の新人部門では第3位に選出されるなど注目が集まっている中、7月23日からは広島を皮切りに「7ORDER 武者修行TOUR 〜NICE “TWO” MEET YOU〜」が始まります。どのようなライブになりそうでしょうか?

安井 初めて行くところがほとんどですし、全国ツアーも経験がないので、まずはみなさんとお会いできることを楽しみにしてます。「武者修行」という言い方をさせていただいてるんですけど、これまでとは違ったライブになる予定です。セットもシンプルな作りにして照明やカメラワークに頼りすぎず、自分たちの体一つで表現を突き詰めていきたい。いわば“裸の7ORDER“みたいな感じでしょうか。

長妻 ライブ用にアレンジしてメンバーのソロ演奏部分を作ったり、今までやってこなかったパフォーマンスで、7ORDERの地力をつけていこうみたいな狙いがあるんです。ツアーも長いから、最初と最後の公演ではまったく違う7ORDERがみせられるんじゃないかなとも思っています。その過程で、もしかしたらメンバー同士で言い合いになることがあるかもしれない。でも、それを乗り越えることでより絆が深まることも楽しみにしています。

安井 ライブも以前のように、やっぱり手放しで楽しめるような感覚にはまだ戻っていないし、抵抗がある方ももちろんいらっしゃると思うんですけど、僕らは安心してライブに参加して楽しんでいただけるよう、最大限の努力をしていきます!

Information

メジャー1stシングル
『雨が始まりの合図 / SUMMER 様様』
日本コロムビア
2021年7月7日リリース

【雨盤】[CD+DVD] ¥2,530
【晴盤】[CD+GOODS] ¥3,300
【通常盤】[CD ONLY] ¥1,430
<CD収録内容> ※全形態共通 ※3.4.はCDのみ収録
1. 雨が始まりの合図
2. SUMMER様様
3. 雨が始まりの合図 – Gakuya –
4. 雨が始まりの合図 – Present Ver. –

<【雨盤】DVD内容>
「雨が始まりの合図」MUSIC VIDEO
「SUMMER様様」MUSIC VIDEO

<【晴盤】グッズ内容>
7ORDERアンブレラマーカー

公式サイト

7ORDER

安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の7人が2019年5月に始動させたプロジェクト。「Happyをみんなで作りあげていく」をモットーに、音楽、演劇、アート、ファッションなど、さまざまなジャンルの活動を通して、ファンと“かけがえのない瞬間” を共有していく。2021年1月13日、1stアルバム『ONE』、LIVE DVD/Blu-ray『UNORDER』にてメジャーデビュー。デビュー日の日本武道館2daysを皮切りに行われた1stワンマンツアー「WE ARE ONE」全8公演を成功させた。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Tetsu Takahashi