メンバーで希望を出し合って生まれたORANGE RANGEとのコラボ

――両A面となる今回は、ORANGE RANGEのNAOTOさんが作編曲プロデュース、HIROKIさんが歌詞提供したサマーチューン「SUMMER様様」も収録されています。このコラボに至った経緯を教えてください。

安井 自分たちの曲だけだとインディーズの時代にやってきたことと何も変わらないと思ったので、両A面シングルにしてみたいとレコード会社さんに伝えていました。次に「雨が始まりの合図」とは違った、夏の楽しさやお祭り感を出せる楽曲がほしいというところから、みんなで意見を出し合ったんです。最初に「夏曲は何を聴いてた?」みたいなことから、「カラオケでORANGE RANGEさんの夏曲をよく歌ってたよね」という話になって。それで夏を代表するアーティストであるORANGE RANGEさんにお願いしてみようとなりました。

――初めてNAOTOさん、HIROKIさんとお会いしたとき、どんな話をされましたか?

安井 リモートでの打ち合わせのみだったので楽曲の話が中心でした。たぶん直接会っていたら最初にアイドリングトークというか、「はじめまして!」「よく聞いてました!」みたいな話をしていたと思いますが、リモートだと仕事の話から入るから、ちょっと寂しいなと感じました。

長妻 僕はその打ち合わせに仕事でいなかったんですけど、もし参加していたらもっとアイドリングトークを展開できたんじゃないかと思います(笑)。

安井 すごくストイックで「夏場も家で黙々と曲を作ってました」みたいな感じだったらどうする?

長妻 それはそれですごく尊敬する!

――ORANGE RANGEさんは自分たちの色を楽曲に落とし込むのが上手いので、そういう楽曲制作のポリシーなどもお聞きできたら面白いですね。

安井 「SUMMER様様」は僕らの中でも音数が少ない楽曲なんですけど、その詰まってない部分の空気感も含めてグルーヴがすごいんです。ORANGE RANGEさん特有の韻の踏み方やメロディーラインがあるなあと思いました。

――「SUMMER様様」のMVは、「雨が始まりの合図」とは打って変わって非常に華やかでコミカルな仕上がりです。

長妻 撮影も本当に楽しかった!白いスタジオにセットを組んで、楽器を演奏する横でダンサーさんが踊って。

安井 「MV撮ってる!」って感じがしたよね。衣装も色取りもポップでよかった。監督のかとうみささんとも打ち合わせさせて、最初にかとうさんがもってきてくれたラフのイメージがすごく可愛くて、見た瞬間に「めっちゃいいな!」と思っちゃった(笑)。

長妻 本当に可愛かったよね!

安井 それも僕が好きな世界観だったからかなりツボだったんです。お話していても楽しかったです。映像にはフィルターが掛かっているんですけど、柔らかくビビットな感じでそれも絶妙でした。

長妻 一つエピソードとして覚えているのが、MV撮影当日の朝、メイクしているときに森田が急に丸刈りにしたいと言ってきて。襟足を切るとか、そういうのではなくて「ツルツルにしたい」(笑)。

安井 最初はオシャレ短髪かなと思ったら、『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS系)というドラマの「加瀬亮さんくらいにしたい」って言い出して(笑)。

――頭の形がはっきり分かるくらいの坊主頭(笑)。

長妻 本人が「ここしかない」と強く言うから、僕も「そこまで言うなら」って。

安井 熱かったんだよね。ふざけてるんじゃなくて本気だった。

長妻 だから森田に「一緒に(スタッフさんにも)提案しよう」と。メンバーも最初はやめた方がいいって言ってたんですけど、それもなんとか説得して了承をもらったんです。それでいざ森田と一緒にレコード会社の方に相談したら即「ダメです」って言われて(笑)。それが原因なのか、撮影中に森田は特にはっちゃけてましたけど(笑)。

安井 本当に自由演技みたいな感じで。そこを監督さんが切り取ってくださるので楽しかったですね。

――メンバーの表情からも撮影中の雰囲気が伝わってくるようでした。

安井 今回みたいなMV撮影はすごく楽しくて。たぶん、これからも僕たちでMVを作りたくなるんだろうけど、今回みたいに誰かの世界と自分たちの世界を行き来しながら作っていけたらいいなと思います。