「誰かに向けてこういうことを伝えたい」という気持ちを前面に出した新曲

――7月5日に東京での初ライブを下北沢MOSAiCで行いましたが、いかがでしたか?

しおり 楽しかったです!

ミサ 初めてだったので、会場に着く前からずっと3人でそわそわしていたんですけど(笑)。思っていたよりもすごく楽しめたかなと思います。お客さんの眼差しも温かかったので、「そんなに緊張しなくていいんだ」って安心しました。

――声を出せない代わりに拳を挙げているお客さんもいらっしゃって、メンバーと一緒にライブを盛り上げていましたね。

ミサ 嬉しかったですね。私も最初は「おー!」って驚きました(笑)。

――ライブ前のSEでは、THE BLUE HEARTSの「情熱の薔薇」が流れましたが、あれは定番なんですか?

しおり 最初から変わってないよね?

ミサ 何の曲にしようか話し合ったときに、やっぱり気合が入るやつがいいってことになって。

深原 みんな知っているけど、最近の曲じゃないっていうのも視野に入れていて。それで決めましたね。

――3人のライブには欠かせない曲なんですね。東京でのライブに限らず、ステージに立つ上で心がけていることはなんでしょうか?

深原 やっぱりライブはその日しかない、やり直しがきかないものなので、ありきたりですけど、とにかく全力を出し切ろうと心がけています。

ミサ 私はいつもめっちゃ緊張するんですけど、「とにかく楽しむ」っていうことがずっと頭にあって。でも、浮かれすぎるとフワフワしちゃうから、緊張と楽しさのバランスには気を配っています。

しおり 最初のころのライブは緊張でカチコチだったんですけど、お客さんが楽しそうな顔で私たちを見てくださるから、私たちもそれに応えなきゃと思って。今は緊張を乗り越えて楽しむことを意識しています。

――今回の東京ライブに先立ち、4月から3カ月連続で新曲を配信しました。第1弾が「空白」、第2弾が「世界が終わるまで」、そして第3弾が「線香花火」という、どれも異なる個性が際立つ楽曲です。特に「空白」の歌詞はsnootyとして新たな世界観が表現されているように感じます。

深原 これまでは「自分に対する曲」というような感じだったんですけど、「空白」は今のご時勢を反映しているというか。自分のことじゃなくて、「誰かに向けてこういうことを伝えたい」ということを前面に出した曲になったと思います。サウンドはシンプルに、淡々としつつも重さのある音を意識して作りました。

――やはりコロナ禍での自粛などが楽曲制作に影響を与えているのでしょうか?

深原 大きかったですね。「空白」を作ったときは自殺などのニュースが多くて、どうして自分から命を投げ出したいと思ってしまうのか考えていたんです。そのとき、物理的な攻撃だけではなく、誰かから言われた一言で深く傷ついてしまうことがあったり、それがどんどん積み重なっていった結果、そうなってしまうのかなと思って。「空白」は「誰しも加害者になることがあるんだ」「あなたの一言で誰かが傷ついているかもしれない」っていうことを伝えたかったです。