大学で知り合った先輩後輩でバンド結成

――バンド結成までの経緯をお聞きしたいんですが、皆さんが音楽を始めたきっかけは?

深原 物心ついたころからです。私の父が昔から弾き語りみたいなことをしていて、家にもアコースティックギターがある環境で育ってきたのでギターに触れたのは早かったです。そのときから音楽に関わる仕事がしたいと思っていました。明確に歌手になりたいと思ったのはYUIさんがきっかけで。小学6年生くらいからアコースティックギターで弾き語りをして、高校に入ってからは軽音楽部でバンドを始めました。plentyやきのこ帝国とか好きなバンドに出会ったのもそのときです。

ミサ 私も似ているんですけど、父が音楽大好きでギターをやっていたり、音楽が身近にあるのが当たり前だったのでその影響は大きかったかなと思います。バンドに興味を持ったのは小学校の低学年のときにUVERworldを見てからです。当時はボーカルにすごく惹かれていて、私も高校のときは軽音部だったんですけど、実はギターとボーカルをやっていたんです。

――今の深原さんと同じだったんですね。

ミサ バンドを組むなら本当はボーカルが一番したかったんですけど、(深原と)大学のサークルで会って歌を聴いたときに「あ、もう無理だ」と思って。

深原 本当に?初めて聞いたよ。

ミサ 本当。大学に入って自分のパートを決めなきゃいけなかったんだけど、ぽたちゃんの歌とギターを聴いて、「別のものを探さなきゃ」ってなった。それでせっかくなら新しいことをやりたいなと思って、ベースを触ったのが大学1年生のときです。

――深原さんの歌の影響力がすごかったんですね。

ミサ 「私にはボーカルが合ってる!」って思っていたんですけど、そんなことはないなって。

深原 いやいや!じゃあ今度、ミサがボーカルの曲を作るよ(笑)。

しおり それは楽しみ(笑)。

ミサ そうなったらどきどきする(笑)。でも今はボーカルを支える立場もいいなと思って、ベースはすごく気に入っています。

――素敵なお話ですね。しおりさんはどうでしょうか?

しおり 私も両親が音楽をすごく好きで、しおりって名前も本名なんですけど、サザンオールスターズの『栞のテーマ』から取ってるんですよ。小学校のときに、母がSPEEDのライブに連れて行ってくれたんです。小さい私には爆音でよくわからなかったんですけど、盛り上がっていたのがすごく楽しくて。それからは学校から帰ったら音楽をずーっと聞いてるくらい音楽が好きで、部活もずっと音楽系の部活に入っていました。

――ドラムはいつから始めたんですか?

しおり 中学生のときにパーカッションをやっていました。ちゃんとドラムをやったのは高校生になってからです。高校は軽音楽部があるところを狙って行ったんですけど、そのときは本当はベースがやりたかった。でも、「パーカッションやってました!」って言ったら、やっぱり経験のある人が少なかったので私がドラムをやることになりました。

――3人は大学で出会われたわけですが、現在のスリーピースでのバンドの構想は深原さんからだったんですか?

深原 もともと私がスリーピースバンドが好きで、やってみたいという思いはありました。その当時、私は4人組バンドを組んでいたんですけど、活動が難しくなってしまって…。それでも私の中でバンドをやっていきたい気持ちは強くあったので、私の周りでベースとドラムができるこの2人に新しくバンドを組まないかと声を掛けました。

ミサ 弾き語りのライブを観に行ったり音源を聴いたりとか、普通にファンだったから。「好きな人とバンドができちゃうの…?」みたいな感じで大丈夫かなとは思っていました。私もバンドをやっていたんですけど、それもちょうど活動ができなくなっていて。そのタイミングでお互いに何かしたいねっていう話になったんです。

――その後、しおりさんも合流して今の形になられたわけですね。バンド名をsnootyにした理由はありますか?

深原 ゲーム実況を見るのが好きなのですが、ゲームの中にsnootyという名前のキャラクターが出てきたんです。言葉の響きが可愛いし、つい言いたくなるなと思って、意味を調べてみると、俗物とか横柄とか悪い意味も含まれた単語だったんですけど、その中に“うぬぼれた”っていう意味があったんです。三人とも控えめな性格の集まりなので、「バンドをやるからにはそういう気持ちもないとだめだ」と思って、バンド名だけでもオラオラ系でいこうと思ってつけました。