Contents

斎藤工さんは気さくに話してくれる素敵な方

――ドラマ『漂着者』の台本を読んだ印象を教えてください。

太田 まず男性が全裸の状態で漂着してくるという設定を聞いて、どういうお話になるんだろうと思って台本を読み始めました。この伏線はどう回収されていくんだろうとか、これには何か意味があるのかなとか、不思議なことだらけなので、早く続きの台本を読みたくなりましたし、みなさんにもドキドキハラハラしていただけるんじゃないかなと思っています。

――今回、太田さんが演じるラペという役にはどういう印象を持ちましたか?

太田 思ったことを口にすぐ出してしまうような、活発な女子高生なのかなと思っています。AbemaTVの『今日好き(今日、好きになりました。)』や『恋ステ(恋する 週末ホームステイ)』を見て勉強したりしています。(友人役のペリを演じる)隅田杏花ちゃん、(リモを演じる)吉田志織ちゃんとも女子高生が最近使う言葉を共有して、「気持ちから若くいよう」と話し合いました(笑)。

――調べた中で、新鮮な言葉はありましたか?

太田 杏花ちゃんから教えてもらった「はにゃ」は、「あれ?」みたいなときに言うみたいで。あと「あせあせ」も使うらしいんです。私の時代にはなかった言葉なので、使い慣れないし不思議ですね。

――現場の雰囲気はいかがですか?

太田 斎藤工さんとのシーンを撮影したんですけど、本当に気さくに話してくださいます。(斎藤さん演じる)ヘミングウェイが濡れた場所で倒れているシーンでもご自身が映らないときでも芝居に付き合ってくださって、本当にすごい方だなと思いました。斎藤さんは出演者・スタッフ全員に漂着者デザインのマスクを差し入れしてくださったのも素敵でしたし、気が引き締まりました。私は初めての連続ドラマの撮影ですごく緊張していたんですけど、活躍されている俳優さんの演技を目の前で感じられて、撮影現場にいられることが本当にありがたいです。しっかりと学びつつ、自分のできる精一杯のことを頑張りたいなと改めて思っています。

――ラペたちがヘミングウェイを発見するシーンはとてもインパクトがあります。撮影で印象的なことはありましたか?

太田 目の前に斎藤工さんがいらっしゃるだけでもすごいのに、なかなかレアなシーンだったので、ミスをして撮り直しにならないように、ご迷惑をかけないように頑張らないと、という感じでした。すごく緊張感がありました。

――船越英一郎さん、白石麻衣さんの印象を教えてください。

太田 船越さんはサスペンスなどで見ていたので、ご一緒させていただけることが夢みたいです。白石さんは個人的に大好きな方なので、撮影での役作りなどを見て学べたらいいなと思っています。私はAKB48、白石さんは乃木坂46に所属していたので、グループのことも少しお話できたらと思っています。

――作中ではラペが動画サイトに漂着者の動画をアップするシーンがありますが、太田さんはYouTubeなどで動画はご覧になりますか?

太田 白石さんのYouTubeは今日も見てきました。白石さんのパフォーマンスが好きなんですけど、ゲーム配信などでは新たな一面を知ることができて。それがめちゃくちゃかわいくてチェックしています。あとは「エミリンチャンネル」やヒヨごんさん、ぺえさんのチャンネルとか、食べながらゆっくりお話しされるような、日常っぽい動画が好きです。私はひとり暮らしなので、それを見ながらごはんを食べて、寂しさを軽減させています(笑)。

大人になるにつれて人見知りが増している

――今回演じるラペは女子高生。太田さん自身、高校時代に特に印象的だったことを教えてください。

太田 食堂で売っていたポテトがおいしくて、早めに行かないとなくなるんです。お昼のチャイムが鳴ったと同時にみんなでダッシュしていたのがすごく楽しかったです(笑)。学年によって食堂への距離が変わってくるので、その戦いのために頑張っていました。

――人気商品だったんですね(笑)。

太田 そうなんです。揚げたてでちょっと濃い目の味がすごくおいしくて(笑)。そのためだけに頑張って走っていたなんて今では考えられないので、学生時代って若かったな、楽しかったなと思います。

――では、大変だったことはありましたか?

太田 2年間だけなんですけどハンドボール部に入っていて、本当に日焼けしてしまって。日焼け止めを塗っても塗っても焼けて、日焼け対策がすごく大変でした(笑)。

――ラペにはペリ、リモという友だちがいますが、太田さんが人と仲良くなるコツはありますか?

太田 私、大人になるにつれて人見知りが増していて(笑)。

――グループ(AKB48)にいたときはどうされていたんですか?

太田 みんなが同期みたいな感じだったので、その時はあまり苦労はしなかったです。エリアでまとまって6人でいたときも、私が最年長だし、話を振ったりしていたら意外といけました。昔は本当に活発な女の子で、友だちを作るのも自然とできていたんですけど、高校生の3年間、短大での2年間もクラスが変わらなかったので、そのあたりからちょっとどうしたらいいのか分からなくなってしまいました(笑)。

――ドラマなどの現場ではどうやってコミュニケーションをとっているんですか?

太田 共演する方のことを調べて、出ていた作品を知っていたら「実はこの作品、見たんです」とお話ししたり、舞台だったら以前共演した方とそのときの共演者さんが知り合いというところからお話ができて。話したいけど何を話せばいいかがわからなくて、でも一応寂しい気持ちがあるので、事前に調べていく感じですね。

――ちなみに今回共演する白石さんには話しかけられそうですか?

太田 そうですね。調べなくても聞きたいことがたくさんあるので、そのお話ができたらなと思います。

――ドラマの放送時期は夏ですが、夏休みの思い出はありますか?

太田 夏休みは部活をして、ごはんを食べて、疲れて寝てという感じでした(笑)。ずっと部活をしていたので、たまに休みがあるとどうしたらいいかわからなかったですね。3年生では部活も辞めて、夏休み前に大学も決まっていたんですけど、そんなに遊んでいなくて。同級生は受験勉強中で誘うわけにもいかず、自分だけ浮かれているんじゃないかと思われるかなと思って、家にいたか、家族で出かけたくらいだったと思います。

――芸能界に入ってからはいかがですか?

太田 AKB48にいた頃は、夏はアイドルフェスがあって。レッスンや炎天下でみなさんの熱狂の中でパフォーマンスすることが多かったので、そういうステージに立つたびに夏が来たんだなと思っていました。

――勉強や部活が忙しい中で、何か息抜きの方法はありましたか?

太田 テスト勉強や受験勉強をしていたときは、30分休憩は何をしてもいいと決めて、おやつを食べたり、当時流行っていたパズドラなどをしていました。そうやって決めないとあっという間に1時間くらい経っちゃうので、アラームを設定していました(笑)。

――今はいかがですか?

太田 あまり騒がしくない、ゆっくりできるカフェに行って、カフェオレとかを飲んで過ごすのが気分転換になるなと思うようになってきました。たまにスマホも触るんですけど、ほとんど何もせずぼーっとして。景色が見える席に座れたら、車の行き来を見て「今日は人が多いな」「こっちからの車が多いな」とか(笑)、風景を楽しんでいます。

年齢に関係なくいろんな役ができる女優になりたい

――お仕事についてもお話を伺いたいのですが、台本はどう覚えているのでしょうか?

太田 まず台本を全部読んでから、自分のセリフ以外を録音して、外出先でも聴けるようにしています。読むだけだと前のセリフがどんな言葉で終わるかをしっかり覚えるのが難しいんですけど、2年くらい前に録音したほうが覚えやすいと気づいたんです。

――全役者さん分のセリフを録音するんですか?

太田 そうです。自分が出演するシーンの周辺を抜粋して、特に感情は入れずに読んでいきます。ちょっと手間はかかるんですけど。

――出てみたい作品や挑戦したい役柄はありますか?

太田 最近は勉強としていろいろ映画を見るようにしていて、その中でこの役をやってみたいと思うことはあります。最近見た作品だと、堤幸彦監督の『ファーストラヴ』で芳根京子さんが演じていた役に鳥肌が立ちました。内にある闇みたいなものを語る役だったんですが、芳根さんの役へ入り方がすごくて、感情を動かされました。私も人の心を動かせる演技ができるようになりたいと思いました。あと体を動かすのが好きなので、SPの役もやってみたいです。アクションの勉強になりそうですよね。

――それは見てみたいですね。憧れの女優さんはいらっしゃるのでしょうか?

太田 芳根京子さんが好きです。私より年齢はお若いんですけど、年齢に関係なくすごいなと思うし、芳根さんのようにいろんな役ができるような女優になりたいなと思います。そしてドラマを見て、私も女優としてこういうふうになりたいと思ったきっかけは篠原涼子さんで、憧れの方です。

――最後に、読者にメッセージをお願いします!

太田 私が学生のときは、お母さんに「勉強しておかないと、大人になってから困る」みたいなことを言われても「勉強なんて……」と実際に思っていたんです。でも苦労したらその分自分の自信になるし、「これを越えられたからできる」と学生時代の経験が背中を押してくれることもあって。だから今は苦しいことがあるかもしれないけど、いつかそれが力になると思うので、頑張ってください!

Information


©テレビ朝日

金曜ナイトドラマ
『漂着者』
2021年7月23日スタート
テレビ朝日系24局
毎週金曜よる11時15分放送(※一部地域を除く)

公式サイト

太田奈緒

女優

1994年12月5日生まれ。京都府出身。2014年AKB48 Team 8京都府代表としてデビュー。グループ活動中も舞台『フラガール -dance for smile-』などに数多くの舞台に出演し、2019年グループ卒業後、本格的に女優として活動を開始し、2020年には3本の舞台に出演。2021年は朗読劇「私立探偵 濱マイク」-我が人生最悪の時-で主演濱マイクの妹茜を好演。7月23日スタートのテレビ朝日金曜ナイトドラマ「漂着者」にレギュラー出演中。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Sonoko Tokairin