撮影現場でも品川ヒロシ監督とディスカッション

――今回、主演を務めた映画『リスタート』が映画初出演とのことですが、とても初めてとは思えない演技力でした。

EMILY ありがとうございます!たまたま私が出演した『家、ついて行ってイイですか?』を見た品川ヒロシ監督が声をかけてくださって、「音楽の仕事があったら声かけてくださいね」って言ってたら、「演技は興味ない?」と言われて。正直やったこともないし、自信もなかったんですけど、私はハングリーなので(笑)。「なんでもやります」って言ったら、いきなり主演というお話で、「そんなことある?」みたいな。もう信じられなかったですね。

――撮影までの準備期間はどれぐらいあったんですか?

EMILY 1か月くらいです。品川監督がマンツーマンで本読みをしてくださって。「質問があれば夜中でもいいから連絡ちょうだい」って言われたので、私は言葉通り受け取って、夜中に連絡して「こう台本に書いてあるけど理解できない」「この主人公、自分勝手じゃないですか?私は応援できないんですけど」みたいなことを言ったら、品川監督はディスカッションするだけではなく、セリフを変えてくれることもありました。

――役者さんの意見を柔軟に聞いてくれるんですね。

EMILY 話し合った結果、品川監督が「確かにそうだね」と納得してくださる時もあれば、「未央は弱いところもあって、でもみんなに支えられている子だから」と私が腑に落ちるまで話してくださる時もありました。

――初演技で、そこまで意見を言えるEMILYさんもすごいです。

EMILY 生意気なことを言わせていただきました。というのも私自身、演技は最初で最後だろうという気持ちでお請けしたので、遠慮なく、伸び伸びやらせてもらいました。

――主人公の未央は、EMILYさんへの当て書きだったそうですが、初めて脚本を読んだときの感想はいかがでしたか?

EMILY セリフもそうですし、上手くいかずに追い詰められている感じとか、言い訳を探しちゃってる感じとか身に覚えがあったので、最初は演じるのが怖くなっちゃったんです。あまりにも未央が自分に近くて、ネタにできないというか。なので品川監督にも「私にこの役できるんですかね?」みたいな話もして。でも、これを乗り越えられたら自分にとってものすごく成長できる機会だなと思ってやらせてもらいました。

――それだけ未央に共感できたということですね。

EMILY 監督が私たち(HONEBONE)の曲を全部聴いてくださって、さらに私のブログを遡って読んでくださって、私の考え方をすごく探ってくれたんですよね。だから未央が自分そのもので、より怖くなっちゃったんです。ただ「私じゃないな」って感じるところもあって、そこはディスカッションをして察してもらいました。