Contents

お父さんには「ない」ものが多いと思っていた

――『ぼくのお父さん』は、矢部さんが幼い頃にお父さんが描いていた絵日記「たろうノート」を読んで、当時を思い出しながら描いたそうですね。ノートを読んだ感想を教えてください。

矢部 僕が5歳くらいのところから読みはじめたんですけど、少し遡ると僕は赤ちゃんで、もう少し遡るとお母さんのおなかの中にいて、もっと遡ると僕のいない家族が描かれていて。僕がいなくても矢部家はあって、そこに僕が新キャラとして登場したんですよね。新キャラである僕を家族みんなが迎え入れてくれる様子は、読んでいて胸にせまるものがありました。

――自分が生まれる前から家族が始まっているって、不思議な感覚ですね。

矢部 僕は僕の視点で世界を見ているから、当たり前に僕がいるところから記憶が始まっているけど、それ以前の世界を見た気がしました。

――「たろうノート」の中で印象に残ったエピソードはありますか?

矢部 漫画にも描きましたが、僕が生まれて9ヶ月目くらいに熱が出て、父が「この子は死んでしまうんだ」と思う場面があるんです。それを読んで、「この子(僕)がいなくなってストーリーが続く可能性もあったんだ」と思うと、不思議な感覚でありながら、すごくありがたさを感じました。

――とてもユニークなお父さんですが、息子である矢部さんからはどう見えていましたか?

矢部 よそのお父さんに比べて、うちの父は「ない」ものが多いと思っていました。けれど今は、よそのお父さんになくてうちの父に「ある」ものも多かったと思います。

――たとえば、どんなところでしょうか?

矢部 父は車を持っていなかったんですが、そのぶん歩いて移動することで見える景色があったり。父はいろんな選択肢があるのを知った上で、自らゆっくりした生き方を選んでいたのかなと思います。あと、僕と一緒にいてくれた時間も大切です。

――矢部さんは、お父さんとたくさんの時間を過ごしていますよね。つくしを採りに行ったり、お父さんがダンボールでテレビゲーム風のオモチャを作ってくれたり。

矢部 子どもと過ごす時間が少ないお父さんもいるし、うちの父のような人もいるし。どちらがいいとか悪いとかじゃなく、たまたまうちはそうだったんだなと思います。

――大人になって、お父さんへの見え方は変わりましたか?

矢部 子どもの頃は、父のことが少し頼りなく見えていました。だけど今は「そういうものだよなぁ」と思います。僕自身この歳になってもぜんぜん完璧じゃないし、みんな、子どもだった人が大人になっているわけですから。

親子だからこそ出会えた

――漫画に描かれている5歳の頃はお父さんと仲良しですが、思春期になると、関係に変化はありましたか?

矢部 あまり喋らなくなりました。父は、僕が中高生になっても昔と同じように絵本の感想を求めてくるんです。「新作できたら読んで」って。でも、10代になるとそこまで子どもじゃないから、絵本を見ても感想がうまく言えないし……。

――なんて答えていましたか?

矢部 「あ、うん、いいと思うよ」って感じです(笑)。今ならもう少し感想を言えると思いますが、10代の頃は少し照れくさくて。

――それでも、ちゃんとリアクションするんですね。

矢部 まぁ、最低限は。「うるせー、見せんなよ!」みたいなことは言いませんでした。

――年頃になると親を恥ずかしく感じたり、「友達に見せたくない」と言う人もいますが矢部さんはどうでしたか?

矢部 理由はわからないけど、漠然と恥ずかしいですよね、やっぱり。みんなそうなのかな。それに、うちの父は友達に会わせたら、友達の似顔絵とか描いちゃいますしね(笑)。

――もし、親子ではなく他人としてお父さんと出会っていたら、仲良くなったと思いますか?

矢部 いやぁ、出会って仲良くなるところは想像つかないです。親子だからこそ出会えたんじゃないですかね。それってすごく不思議なことだと思います。

――お父さんからどんな影響を受けていると思いますか?

矢部 父のような人が身近にいたことで、「人と違ってもいい」という価値観を持ったと思います。それが一番大きいですね。

10代の頃は積極的だったり、自信がなかった

――矢部さんはどんな10代を過ごされましたか?

矢部 小学生のときは積極性があって、クラスでもよく喋るほうでした。中学生になってからは、自分に自信がなくて消極的になって、一人でいることが多くなりました。でも、高校生になったらまた友達が増えて楽しかったり。だから一言で「ティーン」と言っても、そのときどきで違います。

――中学生のとき、自分に自信をなくしたのはなぜでしょうか?

矢部 明確なきっかけはないんですけど、なんだかいろんなことが恥ずかしくなってきたんですよね。父のこともそうだし、自分の容姿だとか、そういったことも。

――理由は「年頃だから」なのでしょうか?

矢部 そうなんですかね。あと、人間関係もあるかもしれません。仲が良かった友達は部活をやってたけど、僕はやってなかったし、不良になる友達もいたけど僕は興味がなかった。僕は本や漫画が好きだったんですが、話が合う友達はいませんでした。

――高校で変わったきっかけはありますか?

矢部 高校では話の合う友達ができたので、それが大きかったです。進学って周りのメンバーが変わるから、人間関係がリセットされますよね。小学校から中学校に上がるときも少し変わりますし、人間関係を新しく築くチャンスだけど、中学校ではそれがうまくいかなかったのかもしれません。

――確かに、中学校より高校のほうが、価値観が近い友達と出会えたような気がします。

矢部 中学校は共通項が「近所に住んでいること」くらいですもんね。高校だともう少し共通項が増えるし、大学になるとさらに趣味が近い人とも出会えました。僕の場合は、進学することで解放されるというか、自由になれた気がします。

どんな選択をしても「まあ自分で選んだことだし」

――進路選択の際、お父さんはどんなことを言いましたか?

矢部 「好きなことを見つけてやれたらいいよね」くらいのことしか言いませんでした。僕が芸人になったときもそんな感じです。父は一貫して、僕が子どもの頃から子ども扱いすることなく、一人の「人」として認めてくれている感じがありました。僕がどんな選択をしても「まあ太郎が自分で選んだことだし」って。

――息子のことを、ひとりの人間として尊重されているんですね。

矢部 きっと、そうなんだと思います。

――実家を出てひとり暮らしを始めたのはいつでしょうか?

矢部 吉本に入ってからです。二十代半ばくらいですね。

――矢部家は家族仲がいい印象ですが、実家を出たことで、家族関係や心境に変化はありましたか?

矢部 実家にいたときよりも、いい意味で家族と距離ができて気楽になりました。それと同時に、今まで家族がしてくれていたことだとか、家を出て気づくこともありました。

――最後に、今後書いてみたいテーマはありますか?

矢部 今回の作品は、5歳のときの話だからこそ描けたんですけど、僕は一番戻りたくないのが10代なんです。思春期って、僕にとって怖いテーマなんですよ。描くとなると、当時の気持ちを思い出して自分を見つめなおさなきゃいけないから、それが辛そうだなって。だからこそ、描いてみたい気持ちもありますね。

Information

『ぼくのお父さん』
著者:矢部太郎
発売:2021年6月17日
定価:1,265円
発行:新潮社

家にいて、ずっと絵を描いているお父さん。ふつうじゃなくて、ふしぎでちょっと恥ずかしい。ただの変わり者? それとも――。絵本作家の「お父さん」と幼い「ぼく」のほのぼの漫画。

公式サイト

矢部太郎

芸人・マンガ家

1977年生まれ。1997年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。シリーズ累計120万部超の大ヒットとなった。

Photographer:Masahiko Matsuzawa,Interviewer:Saki Yoshitama