Contents

他の追随を許さない昭和の伝説ヒーローが復活

『ウルトラマン』よりも先駆けて、毎週テレビで活躍した宇宙人ヒーローがいる。『遊星王子』だ。

1958年(昭和33年)、『遊星王子』は日本テレビドラマ史上初の宇宙人ヒーローとしてブラウン管に登場し、当時の子どもたちの間で絶大なる人気を博した。

そんな伝説のヒーローが令和の現在、スクリーンにて完全復活を果たす。

トークショーの模様をお伝えする前に、本作『遊星王子2021』について説明する。

本作の監督を務めるのは、おバカ映画の巨匠として知られる河崎実。『日本以外全部沈没』(06年)、『地球防衛未亡人』(14年)、『三大怪獣グルメ』(20年)など、独特のセンスでB級特撮映画を撮り続けている映画監督で、本作でもオリジナル作品に最大限のリスペクトを払いつつ、強烈な個性を遺憾なく発揮する。

物語は、200年前に宇宙から1機の宇宙船が地球に墜落するところから始まる。時は過ぎて、現在の日本。大学生・大村君子(織田奈那)の前に突如、宇宙人タルタン人が出現。しかし、200年もの長い眠りから覚めたMP5星雲第四遊星の王子こと遊星王子(日向野祥)が現われて、タルタン人たちを撃退。無事に君子を救う。

遊星王子は墜落時のショックで記憶の大半を失くしていたが、君子の自宅であるパン屋に居候し、タルタン人の脅威から街を守り続ける。

時にはトップアイドル・舟木康介(日向野祥・2役)と入れ替わったりするなど、遊星王子は地球での生活を存分に満喫して、平和を守るヒーローとして人気者になっていく。

しかし、君子のことを想う大学生・石森(若林司)が、遊星王子への嫉妬からタルタン人と接触。『まぼろし大使』に扮して、「遊星王子の正体は『宇宙の破壊者』だ」と電波ジャックで遊星王子の知られざる過去を暴露してしまう。

はたして遊星王子は正義の味方なのか?それとも王子こそが真の侵略者なのか?

主役の遊星王子を演じるのは、2・5次元舞台の出演で好評を博し、現在は映像作品をはじめ多岐にわたるジャンルで活躍している実力派俳優の日向野祥。

ヒロイン・君子とクローディア姫の2役を演じるのは、TikTokやYouTubeでの活動をはじめ、動画クリエーターとして活躍の場を広げて注目を集めている新進気鋭の女優・織田奈那。

遊星王子の新たなデザインを手掛けたのは、漫画『サイレントメビウス』の作者で、2011年放送の『仮面ライダーフォーゼ』で怪人ゾディアーツのデザインを担当した麻宮騎亜。

また、かつて日本の特撮界を彩ったレジェンド俳優たちが本作のために集結。

随所にお笑い要素を散りばめながらも、本作は宇宙人という異端者と市井の人々が触れ合いながら絆を深めるという世界観を構築。レトロフューチャーとして懐かしい雰囲気を漂わせつつ、昨今の暗い世の中を明るく照らすヒーロー像が新たに提示された。

ハートフルなコメディに新進気鋭の俳優陣が奮闘

本作上映後、興奮がさめやらない場内に、主要キャストの日向野祥、織田奈那、若林司、そして監督の河崎実の4人が登壇。

日向野は挨拶後、「撮影は今年の年明けだったんですけど、やっぱり映画とは時間をかけて出来上がっていくもので、こうしてお客さんに観ていただいて、ようやく完成だと思います」と、無事に上映にたどり着いたことに笑顔を見せた。

そして、「『心が動く』と書いて『感動』だと思っていて、役者は人に感動を与える仕事ですので、たくさんの方がこの映画をご覧になって、何かを感じていただければ、僕らとしてはこんなに嬉しいことはないです」と、熱量を込めて述べる。

▲日向野祥

本作のヒロインを務めた織田も、「台詞もたくさんあって撮影の間はすごく緊張で不安でしたけど、こうして上映会でお客さんと対面で接することができて、とても嬉しいです」と喜びをあらわにした。

河崎監督が、「織田さんは大人しい人なのに、気の強いヒロインを演じてもらって、本当によくやってくれたと思います」とねぎらいの言葉をかけると、織田は、「でも、ヒロインの君子は自分に近かったと思います。私もどちらかというと勝気な性格で、けっこう人にズバズバ言っちゃう君子とタイプが似ていると思いました」と、意外な素顔をのぞかせた。

▲織田奈那

そんな君子に想いを寄せる大学生の石森を演じた若林は、「劇中では石森だけではなく、タルタン人の王子、まぼろし大使と3役を演じることになったので、それぞれの役を演じ分けることが大変でした」と撮影時の苦労を口にしながらも、「石森は真面目だけど、君子のことを想い詰める気持ち悪いキャラクターで、自分の中でしっかりと演じられた」と笑いを交えながら語った。

映画の中で印象に残った場面を聞かれると、織田は「家族団欒のシーンですね」と笑顔を浮かべた。劇中、ヒロインの君子の家族と遊星王子が食事をとる場面があるのだが、「みんなでちゃぶ台を囲んで小さなテレビを見るという一昔前の夕食シーンがいいなって、ほっこりしました」と振り返った。

▲若林司

日向野も、「笑えるシーンがたくさんある作品ですけど、遊星王子が子どもと一緒にキャッチボールをするところは人と人の心が通い合う、映画の中でも心温まる場面だと思います」と、ハートフルなシーンを挙げる。

そして「台本を読ませていただいた時から思い入れのある場面で、ただキャッチボールをしているだけなんですけど、子役の平優心くんといろいろ話しながら、『ああしてみようか、こうしてみようか』と一緒に考えていきました」と、思い入れの深さを語った。

主演・日向野祥の演じる特異なキャラクターが暗い世の中を明るく照らす

主演の日向野の印象を聞かれた河崎監督が、「日向野くんはアドリブもいっぱい入れてくれて、面白い人でした」と答えると、日向野は「宇宙人という、他の作品にはない役なので、喋り方をはじめ、細かい部分は監督と話し合いながら演じていきました」と述べる。

遊星王子だけではなく、劇中で人気アイドルという設定の舟木康介役も演じる日向野だが、「舟木はアイドルでグイグイと前に押し出していくタイプですけど、僕自身は目立ちたがりではないので、真逆のタイプです。遊星王子にしろ、舟木康介にしろ、僕の中にはない要素を持った人物で、監督のイメージにいかにすり合わせていくのかが重要でした」と、撮影現場を振り返った。

『クレヨンしんちゃん』に登場するアクション仮面のように、遊星王子はことあるごとに高笑いを上げるところが印象的なキャラクターだ。

日向野も「『遊星王子は高笑いがポイントになってくる』と最初に言われたので、本読みの段階で監督がイメージする高笑いを教えていただきました。それを元に『こういう感じの笑い方でどうですか?』と何度か試作品を提出していって、最終的に現在の高笑いの形に着地しました」と、高笑いをかなり意識したことを述べる。

河崎監督も「映画の冒頭、『(乗っていた宇宙船が)故障したぞ』と言って慌てず騒がず、墜落しながら高笑いを上げて余裕を見せる遊星王子の場面から始まります。『バットマン』のジョーカーをはじめ、高笑いを上げるキャラクターは古今東西いろいろいて、歴史があるんですよ」と、いかに高笑いが重要なのかを力説。

そしてイメージ通りにヒーローを務めあげた日向野に対して、河崎監督は「もう最高ですよ。高笑いだけではなく、アクションもすぐに覚えてくれて。コロナ禍で撮影がとても大変な時期に、よくやってくれました」と最大の賛辞を送った。

▲河崎監督

イベントの最後の挨拶で、日向野は「ようやくこの作品が完成いたしました。本当に作品が出来上がるのは嬉しいことです」と、改めて喜びを見せる。

さらに「このご時世、こういった作品が公開されることで元気が広がっていければ、エンターテイメントの火も消えないと思います。ぜひともいろんな方に観ていただければ嬉しいかぎりです」と、希望を述べた。

河崎監督は「去年はオリンピックの夏ということで『三大怪獣グルメ』という映画を作ったんですけど、オリンピックが延期になってしまって、この『遊星王子2021』も『シン・ウルトラマン』に当て込んで作った作品ですけど、肝心の『シン・ウルトラマン』が公開延期になってしまいました」と思惑が外れたと述べながらも、映画に対する想いを熱く語る。

「けれど、僕らは映画を作り続けるしかない。コロナ禍でみんなが大変な状況ですけど、この『遊星王子2021』は僕のいろんな想いをいっぱい詰めて、皆さんの協力のもとに作った映画なので、本当に1人でも多く観に来ていただけるとありがたいです。本当によろしくお願いいたします」

何かと暗いニュースが続くご時世だが、底抜けに楽しい『遊星王子2021』を観て、日向野祥演じる遊星王子のように高らかに笑って、明るい気持ちになってほしい。

Information

『遊星王子2021』
8月27日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー

原作:宣弘社 原脚本:伊上勝 監督:河崎実 
出演:日向野祥/織田奈那、若林司、岩井志麻子、堀田眞三/団時朗

©2021「遊星王子2021」製作委員会

1基の宇宙船が地球に墜落してから200年後の日本。長い眠りから覚めたMP5星雲第四遊星の王子(日向野祥)は、パン屋の娘・君子(織田奈那)の前に突如現れ、絶体絶命のピンチから彼女を救った。パン屋に居候することになった遊星王子は、地球人と触れ合い、時にはトップアイドルと入れ替わったり、しつこく現れる宇宙からの侵略者・タルタン人から街を守ったり、地球生活を満喫していた……ように見えたが、墜落の衝撃で記憶の大部分を失くし、第四遊星へ戻る術がわからずにいた。地球を守るヒーローとして一躍国民の人気者になった王子だったが、タルタン人によって王子の正体は「宇宙の破壊者」だと日本中に暴露されることに……。果たして、遊星王子は正義の味方なのか?否、王子こそが侵略者なのか?地球の運命やいかに!?

遊星王子は60年以上も前に本邦テレビドラマ史上初の宇宙人ヒーローとしてお茶の間に登場、瞬く間に全国の子供たちが彼の虜となった。その遊星王子がカラー映画作品となって令和の現代、当時の面影を残すレトロフューチャーな容姿で完全復活。本作の監督を務めるのは他の追随を許さない独特の感性でB級特撮映画をコンスタントに撮り続けている、日本バカ映画の巨匠・河崎実。原作に最大限のリスペクトを払いつつ、殺伐とした現代の世を明るく照らす新たなヒーロー像を提示する。

公式サイト

公式ツイッター

Photographer:Toshimasa Takeda
Reporter:Atsushi Imai