Contents

韓国で練習生を経験したこともある新メンバーが加入

――今年5月2日に新加入したチャンベイビーさんは、どうしてこの世界に入ろうと思ったんですか?

ベビ 去年、「Project WACKちん」(※WACK史上最大規模の公開型全世界リアルタイムオーディション)を受けて、WACKに入りたいと思いました。

――以前からWACKは好きだったんですか。

ベビ それまでWACKを知らなかったんです。たまたまTwitterでオーディションのツイートを見て受けたのがきっかけです。もともと韓国でアイドルになりたくて、一昨年の10月ぐらいから約半年間、韓国で練習生をしていました。

――WACKに憧れてオーディションを受ける子が多いので珍しいパターンですね。

ドクソン 珍しいですよね。

ココ 最近だとあまりいないかも。

ベビ WACKちんのとき、WACKが好きで入りたい人たちしか受けてなくてびっくりしました(笑)。

▲チャンベイビー

――WACKちんのときの、チャンベイビーさんの印象はいかがでしたか?

ドクソン 韓国に行っていた経験を活かして、韓国語で話す動画を上げていました。ちょっとみんなと違うアプローチをしていましたし、顔も可愛かったので、わりと最初の段階から気になる存在でした。

ユア ドクはWACKちんを常に見ていて、その情報をメンバーにも共有してくれていたんです。ドクが気になる子の数人にベビ(チャンベイビー)がいたから、WACKの合宿オーディションのずっと前から、ベビのことは、みんなの中で「韓国のイケイケがいるぞ」という扱いでした(笑)。

ドクソン パッと見で印象に残るので目立つ感じはありました。

ココ WACKちんは男性も受けていますし、国籍も問わないオーディションなので、そういう参加者のほうが目立つじゃないですか。そんな中、普通の若い女の子で目立っていたのがベビでした。

ベビ いや、最初は影薄かったですよ。

ココ WACKちん自体のオーディションが長かったからね。

――やっていくうちに熱が入ってきたんですか?

ベビ 最初はツイッターで動画を上げるだけだったので、ちょっと雑というか、その場しのぎみたいなところもあったんです。途中からニコ生で戦うようになってから頑張るようになりました。

――もともと負けず嫌いなんですか?

ベビ あんまり自分でそうは思ってなかったんですけど、負けず嫌いかもしれないです。

チャンベイビーはふわふわしているように見えて芯の強い子

――3月の「WACK合同合宿オーディション2021」はどうでしたか?

ベビ 不安な日々でしたし、なかなかアピールもできてなかったかもしれないです。

ココ 私も合宿に参加させていただいたんですが、合宿オーディションを受ける前に、WACKちんの中からも何人か行くみたいな形になって、例年よりちょっと異質な感じがありました。合宿に参加する前にニコ生上で1回だけベビとセッションをしたことがあったんですけど、韓国に行っていたのも知っていましたし、今どきな感じのイメージがありました。でも合宿が進むにつれて、他の候補生にはないベビの持っている強さみたいなものが見え隠れした瞬間がたくさんありました。合宿中はベビとペアになることも多かったので、メンバーにも「もしかしたら一緒になる可能性があるかも」という話をしていました。でも、GTTBに入った後、どうなるか分からないタイプだと思いました(笑)。この5人はキャリアが長くて、ずっと一緒にやってきたので、その中に入ったらどうなるのかという不安もありつつ、とにかく合格してもらいたいなと思っていました。

▲ココ・パーティン・ココ

――合宿中のココさんはどんな印象でしたか?

ベビ オーラがあったので、最初は怖いなって思っていたんですけど、一緒にやっていくうちに優しいことがわかりました。

――実際に一緒にやってみて印象が変わったことはありますか?

ココ 合宿では楽曲を2曲ずつ発表する日が続きました。自分たちも頭がパンクしそうになって疲弊している中でも、ベビは目に涙を浮かべて、汗でビチャビチャになりながらも、「やらなきゃ!」という気持ちで取り組んでいました。ニコ生の投票では上位でしたし、WACKちんにも参加しているので、知ってくれている視聴者は他の候補生よりも多かったと思うんです。それでも油断することなく、ずっと危機感を持って、焦りと不安みたいなものに打ち勝ちながら、毎日進んでやっている姿が印象的でした。だから私も、何とかしてあげたいという気持ちがどんどん強くなっていきました。

ベビ 合宿はいっぱい泣きました。

――何が合宿で一番大変でしたか?

ベビ 自分に自信がなくて、渡辺(淳之介)さんにも「全然楽しんでないじゃん」と言われて、「確かに」と思ったんです。そこの意識を変えるのが大変でした。でも最後のほうは、自分なりに楽しめたのかなと思います。

――GTTBにチャンベイビーさんが入ると決まったとき、メンバーはどんな反応だったんですか?

ココ 毎年、合格発表の場にはWACKのメンバーが全員集結するんです。そのときに初めてメンバーと対面という形になったんですけど、合格発表の瞬間、から受け入れ態勢でした。事前に私から「GTTBに入る可能性が高い」みたいな話もしていましたし、そういう心持ちを持ってみんな合宿所に来てくれていたと思います。

――キャリアのある5人の中に入るプレッシャーはなかったんですか?

ベビ 圧は感じました(笑)。

マイカ 合宿のときからベビはずっと「GTTBに入りたい」と言ってくれてたので、すごく嬉しかったです。

ベビ 合宿が決まったときに、「どのグループに入りたい?」と面談で聞かれるだろうなと思って、自分が入りたいグループを考えたときに、一番カッコ良かったのがGTTBだったんです。

ココ 嬉しい~!

――チャンベイビーさんの教育係は決めていたんですか?

ユア 誰か1人が担当になって教えるということはなかったです。

ココ 母5人子1人みたいな(笑)。

――GTTBに入ってみて、改めて5人の印象は?

ベビ 元気な人たちです(笑)。

――加入してからの、チャンベイビーさんの印象はいかがですか?

ユア ふわふわしているように見えるじゃないですか。しかもWACKにそこまで固執してなかったのに、あれだけ大変な合宿を乗り切るパワーとか、アイドルになりたいという強い思いは伝わってきました。だから芯のある子が入ってきたなと感じましたし、何よりGTTBが好きでカッコ良いと言ってくれていたのが心強くて。より自分たちのグループを良くしなきゃならないなという気持ちにさせてくれる子です。

▲ユメノユア

GANG PARADEのラストライブを終えて潜在的な意識が変わった

――7月21日にリリースした2ndEP『BLOOD COMPACT』のレコーディングはいつぐらいだったんですか?

ココ 4月中旬から下旬くらいです。

――今年の上半期はレコーディング以外にも、いろいろ忙しかったんじゃないですか?

ユア ギャンパレ(GANG PARADE)のライブも控えていたので、GTTBだけにパワーを注げなかった時期もあって、その間はベビに付きっきりで教えることもできなかったんです。でもベビは一人でも頑張ってくれていたし、怒涛の日々だったんですけど、その時期を乗り切ったからこそ今のGTTBがあるのかなと思います。

――5人が上半期で印象的だった出来事を教えてください。

ドクソン やっぱり私はベビ加入ですね。

マイカ 1月1日に「GTTB LIVE with LIVE」という、全国のみんなにたくさん会いに行けるような一年にするために、年間200本のライブをしますという目標を掲げたプロジェクトをスタートさせたんです。その中から、どれか一つに絞るのは難しいんですけど、こんなご時勢でもライブをやらせていただいて、どうやったら私たちの気合やパワーが外に伝わるのかを考えた半年でした。

▲キャン・GP・マイカ

ユア 上半期に約60本のライブをやらせてもらったんですが、去年は思うようにライブができなくて悶々とした日々を過ごしていたんです。私はいろんなアーティストさんのライブを見に行くのも好きだから、これほど音楽に触れない時期が今までの人生でなかったんですよ。そんなこともあってメンタルが弱っていた時期もあったんですけど、それを乗り越えて、今こうしてライブをさせてもらえることがありがたいです。音楽を通じてお客さんとコミュニケーションを取れる環境が本当に嬉しいですね。

ミキ 私は5月22日に中野サンプラザで開催したギャンパレの(カミヤ)サキちゃんとのラストライブが一番印象に残っています。私がアイドル活動を始めたきっかけであるサキちゃんのラストライブでもあり、私にとってはすごく特別な日でした。サキちゃんのことは旧BiSのときからずっと応援していて、一緒にグループもやらせてもらって、最後のライブで一緒のステージに立てて、すごく思い出深かったです。しかも1年以上ぶりに遊び人(GANG PARADEファンの総称)の前に立てたことも、9人でステージに立てたことも嬉しくて。あのライブがあったからこそ、「次にこの光景を見るのはGTTBのときだ」とか「もっともっとSLEEPER(GTTBファンの総称)と素敵な景色を見に行きたい」と新たな目標もできました。

▲ヤママチミキ

――ギャンパレのライブを終えて、気持ちの変化はありましたか?

ミキ みんなと話したんですけど、やっぱり心のどこかでギャンパレが一区切りつかなかったことに対して引っ掛かりがあった状態で1年を過ごしていたんです。だからライブが終わったことでスッキリした気持ちになったというか。「これでGTTBのことだけ考えて活動していけるね」という話もしました。特別、何かが変わったというよりも、潜在的にあった意識が変化したのかもしれません。

ココ 合宿も一大トピックなんですけど、その延長みたいな感じで4月1日にサプライズ発表があったんです。それは『BLOOD COMPACT』製作発表の催しの一環だったんですけど、1日だけ演歌歌手「藤原ここ」として「約束」という曲でソロデビューさせていただきました(笑)。人生の中でなかなかないことなのですごく印象に残っています。

――藤原ここの着物姿は演歌歌手になり切っていて最高でした。

ココ ありがとうございます(笑)。

『BLOOD COMPACT』は前向きな気持ちや諦めない気持ちを歌った作品

――『BLOOD COMPACT』の聴きどころを収録順に教えてください。

ユア 「Meaningless」は、ギャンパレの楽曲「イミナイウタ」を彷彿とさせるタイトルですが、Aメロの歌割りがポンポン変わる部分を楽しんで聴いてもらいたいですし、サビはGTTBには珍しくユニゾンで歌っているので、そこも聴きどころだと思います。この曲のMVには、バラエティに富んだゲストの方や、アルパカなどの生き物が登場するので、そちらも見て欲しいです!

マイカ 「そんなんじゃベイビー」は私が作詞をさせていただきました。夏にリリースということで、何も考えずに楽しめるような曲にしたいなと思って書きました。コロナ禍で私たちも思うように活動できなくて悔しい思いをしましたし、いろいろ悩んでいる人も多いと思うんですけど、そんなネガティブな気持ちで1日終わるのはもったいないじゃないですか。「とにかく楽しんで生きてたほいうがいいじゃん!」という私が常に思っていることを歌詞にしました。ライブでも盛り上がれる曲です。

ベビ 「プリーズ!!」の作詞は私が担当しました。今まで生きてきた中で思ったこと、私が自分に自信がなくてダメな人間だったときのことを思い出して書きました。生きづらさみたいなものを感じながらも、人に見てほしいという気持ちを歌っています。まさか採用されるとは思わなかったので、最初は死ぬほど恥ずかしかったんですけど、曲調はカッコいいです。

ドクソン 「GORI GORI」は私が作詞をさせていただきました。曲調も構成も変わっていて、あんまり何も考えずに聴いていて気持ちいい感じを目指しました。こんな時代だから、自分を責めすぎちゃう人、落ち込んじゃったりする人も多いかと思うんですが、この曲を聴いて気持ちを盛り上げてほしいです。

▲ユイ・ガ・ドクソン

ミキ 「Dear」は私が作詞させていただきました。今までGTTBで作詞をさせてもらった曲は、自分の気持ちを書いたものが多かったんです。でも前回出したEP『REINCARNATION』の作詞が終わった段階で、次に作詞をさせてもらう機会があったら、「誰かに向けての言葉」を書きたいなと思ったんです。それで今回はSLEEPERに向けての気持ちを書かせてもらいました。1月から「LIVE with LIVE」が始まって、ライブハウスでライブをやらせてもらえる機会が増えていく中で、お客さんを目の前にしたときに感じることがすごく多くて。今までホールでやってきたのとは、また違う規模感でやっているからこそ、ダイレクトにお客さんの感情が伝わってくるんです。そんなときに思ったことを書きました。いつも私は歌詞を書くときに、抽象的な言葉や遠回りした言葉を書くことが多いんですけど、今回は伝わりやすいようにどストレートな言葉で書いた歌詞になっています。爽やかなロックという感じの曲調です。

ココ 「OK」は今回のリード曲なんですけど、ギャンパレのラストライブの日に発表されたもので、ギャンパレ時代の楽曲のイントロが使われていたりして、私たちの歴史を感じるような意味合いも含まれています。応援歌のような、誰かに寄り添う素敵な歌詞で、歌っていてグッとくるものがある楽曲です。この1年間、GTTBは生死にまつわる曲を歌うことが多かったんですけど、『BLOOD COMPACT』は前向きな気持ちだったり、諦めない気持ちだったりを歌っています。中でも「OK」はそういう意味合いが強い曲ですね。これからのGTTBにとって、大切な曲になるんじゃないかなと思います。

――「LIVE with LIVE」も折り返し地点に入りましたが、まだまだライブはたくさんあります。この夏の意気込みをチャンベイビーさんからお願いします!

ベビ 暑さに負けずに生きます!

Information

2nd EP『BLOOD COMPACT』
2021年7月21日リリース
価格:2,420円(税込)
レーベル:ワーナーミュージックジャパン

1.Meaningless
2.そんなんじゃベイビー
3.プリーズ!!
4.GORI GORI
5.Dear
6.OK

公式サイト

GO TO THE BEDS

アイドル

ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソン、チャンベイビーの6人からなるアイドルグループ。2020年3月、事務所代表の渡辺淳之介より「GANG PARADE」を2つに分ける形で結成がアナウンスされた。2021年1月1日から10日まで中野heavysick ZEROにて「GO TO THE 10DAYS!! ~From 2021~」10日間連続、1日2公演、各10名限定でのライブを開催。2021年1月13日(水)に、1st EP「REINCARNATION」をリリース。2021年5月29日より全国12箇所を廻るグループ初の全国ツアー「COME AS YOU ARE TOUR」を開催。2021年7月21日(水)、2nd EP「BLOOD COMPACT」をリリース。2021年8月1日より関東近郊7都市20公演のツアー「ALL THE RIGHT REASONS TOUR」を開催予定。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi