Contents

月ノウサギのレンタル移籍期間にメンバー個々が切磋琢磨

――月ノさんは半年間、WACKの育成グループ「WAgg」へレンタル移籍されていましたが、その間、PARADISESのことは気になりましたか?

ウサギ 逆にPARADISESへ自分から積極的には関わらないようにしていたというか。WAggの活動に必死だったのもありますし、WAggで結果を残さないと戻る意味もないと思ってやっていました。

――3人はWAggにいる月ノさんをどう見ていましたか?

ユウカ 私はGANG PARADEの頃から月(ノウサギ)と活動してきたので、別のグループにいることが不思議な感覚でした。月はWAggでやるべきことがあって、私たちも月がいないPARADISESでやることが明確にあったので、レンタル移籍期間が終わるまでにしっかりやるべきことを進めていくしかないなと思っていました。

▲テラシマユウカ

ナルハ WAggのライブ配信などで月ちゃんが頑張っている姿を見て、PARADISESも頑張らなきゃいけないと思いましたし、月ちゃんが戻ってくるまでに、もっと自分たちも成長していなきゃいけないという気持ちでした。

メイ 私もWAggのライブ配信を見て、PARADISESとは全然違うタイプの曲調の楽曲をパフォーマンスしている月ノちゃんの姿に、この半年間でいろんなものを手に入れてくるんだろうなと感じました。私たちも、PARADISESとして見せられるものは何なのかを考えていました。

▲キラ・メイ

――月ノさんがWAggで学んだことで、どんなことがPARADISESの活動でも活かせそうですか?

ウサギ WAggに入った時、半年間という短期間で、どうメンバーと関われるのか、どうしたら自分の考えを伝えられるのかなってすごく考えたんです。それはPARADISESでも活かせるなと思います。パフォーマンス面でも、PARADISESはポップな曲が多いんですけど、WAggはWACK全体の楽曲をやらせていただくので、ライブでは自分の新たな世界を無理やりこじ開けるみたいな感覚だったんです。おかげで自分の幅が広がって、良い意味でPARADISESの曲をよりストレートな気持ちでパフォーマンス出来るようになりました。先日開催した7月17日のワンマンライブでは、半年前よりも素直な気持ちで、等身大の自分でPARADISESの曲を歌えるようになっている感覚があって。それは半年間、WAggでやったからこそだなと感じました。

▲月ノウサギ

――半年ぶりに月ノさんが合流した時は、どんな気持ちでしたか?

ユウカ 感動的な再会というよりは、ここからが始まりっていう感じが強かったです。

――そんな中、7月9日でウタウウタさんが脱退しました。

ユウカ 急に決まったことで、混乱した方もいらっしゃると思います。

――まだ受け止めきれない部分もあるかと思いますが、どのように脱退が決まったのでしょうか?

ウサギ ウタから「PARADISESを辞めたい」ということを聞いて、渡辺(淳之介/所属事務所WACKの代表)さんとスタッフさんとメンバーで集まって、いろいろ話し合ったんです。そこで引き留めても、辞めたいって気持ちを持ったまま活動してしまうのは、ウタにとっても、PARADISESにとってもためにならないんじゃないかという話し合いのもと、脱退という結果になりました。

新メンバー、キャ・ノンがWACKオーディションを受けた理由

――キャ・ノンさんがWACKのオーディションを受けようと思ったのはいつぐらいですか?

ノン 2017年にBiSH、BiS、GANG PARADEとWACKの3グループが出るライブを見て、「かっこいい!自分もあんな風になりたい」って思ったのがきっかけです。何かに惹かれる時って理由はなかったりするじゃないですか?その時に初期衝動みたいなものをすごく感じて、自分がやりたいことってWACKにあるかもしれないと思ったんです。

――それで昨年、「Project WACKちん」(※WACK史上最大規模の公開型全世界リアルタイムオーディション)を受けたんですね。

ノン 実はその前に「WACK合同合宿オーディション2020」の面接も応募してはいたのですが、そのタイミングでは参加できなくて。その後に始まった「WACKちん」のタイミングから参加できたんです。WACKちんのオーディション期間中はコロナ禍で、SNSを中心にしたオーディションだったので閉塞感というか、すごく孤独を感じました。他の参加者が色々やっている中で、「自分は何ができるんだろう?」と自問自答をする日々でした。なので今年のWACK合同合宿オーディションに呼んでもらえた時は、「絶対に行くぞ!」って張り切っていました。

▲キャ・ノン

――合宿中に手応えはありましたか?

ノン 毎日、「どうしてこんなにできないんだろう」という気持ちばかりで正直、手応えはなかったです。

――それでも結果が出せたのはなぜだと自己分析しますか?

ノン 最後まで絶対に諦めないと考えていたのが良かったと思います。渡辺さんとの面談で、「自分はこの合宿期間に何もできなかったと思うんです」みたいなことを言ったら、「それができるようになるため、続けていけるかどうかが大事だから」と言われて、その通りだなと思いました。

――PARADISESにはどういうイメージを持っていましたか?

ノン GANG PARADEから分裂したグループということは知っていて、コロナ禍で実際のライブには行けなかったんですけど、ライブ配信で見た時は、今までのWACKにないカラーのグループだなという印象でした。

――4人から見て、キャ・ノンさんはどんなメンバーですか?

ユウカ あまり合宿では関わってなかったんですけど、一回だけ一緒にパフォーマンスをした時に、すごく真面目な子だなと思いました。でも意外と抜けたところもあるというか、面白い面がどんどん出てくる子で。そういうギャップが凄く面白いし、自分の意見をしっかり持っていて、それをはっきりメンバーに言える子です。

ナルハ 合宿中はずっと画面越しで見ていました。直接会った時は「めっちゃ可愛い!」って思いました。あと振付の練習などをしている時に、「こうした方がいいと思う」って積極的に意見を言ってくれて。そういう客観的な意見はPARADISESにとって救いになりました。

▲ナルハワールド

メイ 真面目でしっかりしているんですけど、お調子者の部分もあって、すごく話しやすいです。PARADISESに明るさをすごく足してくれていますね。

ウサギ 私は合宿から深く関わらせてもらって、何度かペアでパフォーマンスもしたんです。その時は真面目なイメージでしたけど、グループが一緒になって、お茶目な子だなと思いました。あと合宿中から、ずっと声がいいなと思っていました。ビジュアルはキリっとしてきれいなんですけど、声が可愛いんですよね。そのギャップがPARADISESの曲に上手くハマるなと思っていて、いい風を吹かせてくれています。

――キャ・ノンさんは、合宿中の月ノさんの印象はどのようなものだったんですか?

ウサギ 覚えてる?

ノン 覚えてるよ。なんかすごく熱い人だなって。その印象はPARADISESで一緒に活動するようになってからも変わらない。

――熱すぎてやりにくいことはないんですか?

ノン いや……なんか……。

ウサギ やりにくいって顔してるね(笑)。

ノン そうじゃなくて、合宿ではしっかりした面しか見ていなかったから、同じグループになって私もギャップを感じて。写真を撮る時のポーズとかが変なので、そういうところでバランス取ってるんだなって。

ウサギ 別に意識してないわ!狙ってやってるみたいに思われるから言わないでよ(笑)。

――どんな時にキャ・ノンさんのお茶目さを感じますか?

メイ 休憩とかになると、すぐふざけ出したり。

ユウカ 意外と人にちょっかいを出すよね。見た目のイメージだと出さなさそうじゃないですか?

――確かに。

メイ 実は率先してちょっかいを出すんですよね。

ユウカ あとキャ・ノンが入ってきて、よりメンバー間のくだらない会話が増えましたね。

――すぐにキャ・ノンさんは素を出せたってことですね。

ノン 私は最初にすごく壁を作っちゃうタイプなんですけど、メンバー全員が壁を作らずに来てくれたし、合宿からお披露目まで1ヶ月くらいしかない中、自分の人見知りで余計な心配はかけたくないなっていう気持ちもあって、あまり壁を作らないようにしました。

この5人での初めてのワンマンライブで、幸せをかみしめた

――先ほどお話にでたツアー初日となる7月17日のワンマンライブはいかがでしたか?

ナルハ 月ちゃんが帰ってきて初めてのワンマンをやらせてもらって、本当にここからスタートだなっていう気持ちになれたライブでした。3部やらせていただいて、たくさんのお客さんに会えたので楽しかったですし、これからツアーで回らせてもらうので、常に前のライブよりもいいものを作れたらいいなと思いました。

ノン 4月29日のお披露目ライブは無観客だったんですけど、有観客で初めて東京でワンマンをやらせてもらって。楽しすぎて1部から先のことを考えずにやりました。

ウサギ 後半、確かにヘロヘロだったね。

ノン だから最初から最後まで飛ばしても疲れないぐらい体力をつけなきゃなって思いました。

メイ 幸せがいっぱいのライブでした!めっちゃお客さんと目を合わせて、一人ひとりライブに来てくれた方を強く意識した日でした。そしたら、いつも以上にお客さんの気持ちが伝わってきました。

ウサギ 私にとって半年ぶりとなるPARADISESのワンマンだったんですけど。ココナッツ(※PARADISESファンの総称)のみなさんの前に立てることが当たり前じゃないんだなと痛感して。一日中ココナッツのみなさんとライブをできるなんて、こんなに幸せなことがあっていいのかなと思いました。

ユウカ この5人で初めてのライブだったんですけど、1部2部3部って回を追うごとに時間が短く感じて、気付いたら最後の曲をパフォーマンスしているみたいな感覚でした。東京で有観客のワンマンも4カ月ぶりだったので、本当に全部が楽しくて、お客さんの顔を見れたのがすごく嬉しかったです。帰ってからニコ生でライブを見返したんですけど、グループとしての統一感があるなと思いましたし、その良さは残しつつ、これからはもっと個人個人を際立たせていくというのも、今回のツアーのテーマとしてやっていきたいなと感じました。

――7月28日発売の1stシングル『大事な歌』の聴きどころを教えてください。

メイ 「大事な歌」は夏らしい曲調なので、爽やかな印象を受けると思うんですけど、歌詞を見ると全然別の印象を受けると思うんです。背中を押されるようなメッセージ性の強い歌詞にポップな曲調が合わさって、PARADISESらしい曲になっています。

ウサギ 「Season Song」は私が歌詞を書かせていただきました。WAggにお別れする準備をしながらPARADISESに戻る準備もしつつ、さらにGANG PARADEで1年ぶりのワンマンライブをやらせていただいて。いろんな出会いと別れが重なった時期に作詞をさせていただいたんです。なので今まで経てきた出会いと別れを思い出しながら書きました。いろんな人から「手紙みたいな歌詞だね」と言っていただいたんですが、この曲を聴いて思い浮かべるものは人それぞれでしょうし、その人の思い出に寄り添える曲であれたらいいなと思っています。振付も担当させていただいているので、ライブでは詞の意味を落とし込めたダンスも注目してもらえると嬉しいです。

――最後にツアーについて意気込みをお願いします。

ノン 今回のツアーは東名阪、北海道ですが、次のツアーでは福岡と仙台にも行きますので、いろんな都道府県の方にPARADISESを好きになってもらいたいです!

Information

1stシングル『大事な歌』
2021年7月28日リリース
価格:1,100円(税込)
レーベル:ワーナーミュージックジャパン

1.大事な歌
2.Season Song

<ライブ情報>
『NEVER ENDING PARADISE TOUR』
■2021年9月5日(日)福岡 DRUM Be-1
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]BEA 092-712-4221

■2021年9月11日(土)大阪 Banana Hall
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]Banana Hall 06-6809-3016

■2021年9月12日(日)愛知 JAMMIN’
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]JAMMIN’ 052-265-7601

■2021年9月18日(土)宮城 darwin
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]darwin 022-714-6107

■2021年9月19日(日)北海道 BESSIE HALL
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]BESSIE HALL 011-221-6076

■2021年9月20日(月祝)北海道 BESSIE HALL
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]BESSIE HALL 011-221-6076

■2021年9月26日(日)東京 duo MUSIC EXCHANGE
Open/Start 14:30/15:00
Open/Start 17:00/17:30
[問]duo MUSIC EXCHANGE 03-5459-8716

公式サイト

PARADISES

アイドル

テラシマユウカ、月ノウサギ、ナルハワールド、キラ・メイ、キャ・ノンの5人からなるアイドルグループ。読み方は“パラダイセズ”。2020年3月、所属する音楽事務所WACKが主催するオーディション合宿「WACK合同オーディション2020」最終日に事務所代表の渡辺淳之介より「GANG PARADE」を2つに分ける形で結成がアナウンスされた。同事務所育成グループ「WAgg」へ半年間レンタル移籍していた月ノウサギが7月1日 に復帰。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi