Contents

揺れるペンライトの光に泣きそうなほど感動

猛暑日だったツアー最終日。夕暮れどきで西日がまぶしくなり始めた頃、中野サンプラザ周辺には開演を待ちわびる女子ファンの姿が目立った。会場のキャパシティは、コロナ対策のため半数以下に。声の出せない環境であっても、ファンたちはコレサワのキャラクター“れ子ちゃん”が描かれたペンライトを精一杯振り、彼女のパフォーマンスに応えていた。

開演は定刻の18時。一瞬暗くなった場内に流れたのは、ピアノや鉄琴の音色が耳に残るオープニングSE。そこへ、ライブタイトルをつぶやくコレサワの声が重なると、ステージ中央からのスポットライトで光が戻る。

ギターのひぐちけいをはじめ、キーボード、ドラム、ベースのバンドメンバーに続いて登場したコレサワ。温かい拍手を受けながら披露した1曲目は、恋人に対しての一途な思いをつぶやく『あたしが死んでも』。客席では、ピンク・青・黄・緑・赤のペンライトの光が揺れ、曲中のフレーズ<あたしがそばにいなきゃ困るでしょ>のフレーズに合わせて彼女のアコースティックギターが泣く。

続く『最後の彼女になりたかった』では、コレサワが「手拍子ください」と客席へ。タイトルと同じフレーズを繰り返し切なく歌い上げ、終盤へ向かうにつれて歌声の音圧も高まる。曲が終わり、MCで「ペンライトきれいすぎてさ、泣きそうやってんけど」とつぶやいた彼女。『バスタイム』では、曲中で<このバスタイムで帳消し>と楽しげに歌い上げるコレサワにつられて、ファンたちの声が聞こえてくるかと思えるほどの一体感に包まれていた。

軽快なドラムのリズムから始まる『ミッドナイトをかけぬけて』では、バンドメンバーの紹介をはさみ音圧はさらに高まる。ミラーボールの光が会場の壁を照らした『彼氏はいません今夜だけ』。アルペジオのメロディと共に語りかけるように歌い始めた『右耳のピアス』では、ピアニカの切ない音色にファンたちは静かに耳を傾けていた。

『君のバンド』でコレサワと客席の動きがシンクロ

MCとなり、ファンに向けて「暑くないですか? めっちゃ暑い、うち」と語り始めたコレサワ。「中野サンプラザは、ずっとやってみたいなと思っていたホールの一つなのでうれしいです」と話し、「次の曲(『君のバンド』)はいつもやったらコール&レスポンスを楽しんでるんですけど、今日はしゃべれないので振り付けを考えてきました」と発表するとファンからは拍手が起こった。

曲中では、サビのフレーズ<あたしの好きなバンドはなぜかちっともちっとも売れない><君の好きなバンドはどれもすっごくすっごく売れてる>に合わせて、左右の腕をリズミカルに振るコレサワと客席の動きがみごとシンクロしていた。

歌い終えて「今回(の全国ツアー)は全20箇所回ったんですけど、ここまでの場所では弾き語りで回っていました」と振り返ったコレサワ。

「次の曲は食べものの曲なので(ペンライトの色を)自分の好きな食べものの色にしてほしいです」と話し始まったのは、暖かい食卓を描いた『いただきます』。一変して白一色の光に染まった『Moon』では、幻想的な光景が広がっていた。

コレサワのみが一旦ステージを離れ、繰り広げられたのはバンドメンバーによるセッション。軽快なメロディが場内に響き渡る中、彼女の「はあ、今日は何着よっかなぁ」というアナウンスが流れる。

その後の「もう早く起きてよ」のささやきから続いたのは「スーパー」「デート」のフレーズ。シャイニーピンクのワンピースにボリューミーな白いフリルのアームカバーを付け、スーパーのカゴを持ったコレサワがステージに再登場。始まったのは『スーパーでデート』。イントロで「みなさん、スタンドアーップ!」と促すと客席は立ち上がり、曲が進むにつれて、ステージ上の動きに合わせ両腕左右に振り一体感を増していく。

わずかな暗転を挟み、力強いドラムやギターの音が印象に残る『One Week』では、客席が赤いペンライトの光一色に。飛び跳ねながら歌うコレサワの姿が目立った『Drama』では、しっとりした歌詞や歌声とのギャップでみせた。

全国ツアーのタイトルに込めたコレサワの思い

コレサワの誕生日、5月19日にMVをアップした『この恋はスクープされない』でピンク色に染まった客席。<嫌いなところがないわけじゃないの>と切なく歌い上げる彼女やバンドメンバーを下からのスポットライトが照らすと、ステージ上は幻想的な空気感に包まれた。

アルペジオの旋律とピアノの音色で始まるコレサワの代表曲『たばこ』では、<もっとちゃんと君を見てれば、もっとちゃんと>と繰り返されるフレーズに、誰もが心を揺さぶられていた。

曲終わりのMCで客席への感謝を述べたコレサワは「この(全国ツアーの)『愛を着て、会いに来て。』というタイトルは、みんながふだん、日常で色々な人からもらっている愛をまとって生きていると思うんですけど、ありのままのみんなの姿で、遊びに来てくださいという意味を込めました」と解説。「今回のアルバム(『純愛クローゼット』)でピアノで作った曲もあるので、演奏したいと思います」と緊張の面持ちで、ステージ中央に用意されたグランドピアノの前に座った。

披露した楽曲の中で唯一、コレサワのピアノ弾き語り曲であった『愛を着て』では、これまでのツアーでは一人っきりのステージであったのをふまえて、バンドメンバーがいる頼もしさにも思いを巡らせた彼女。曲が進むにつれて、他の楽器の音が次第に重なっていき、ステージの背後から煌々としたスポットライトの光が放たれた。

再びアコースティックギターに持ち替えたコレサワが「もうラストスパートになってしまいました」「もう一回、立ってみませんか?」と促すと、客席の誰もがゆっくりと立ち上がる。

気になる相手との初デートを描く『あたしを彼女にしたいなら』では、残りわずかな時間を惜しむかのように客席の手拍子やペンライトを振る力も強まる。「まだまだ盛り上がれますか?」とコレサワが鼓舞したあと、<すべての元カレにささげます!」の一言から始まったのは軽快なメロディの『SSW』。疾走感あるリズムにつられて、会場には拍手の輪が広がっていた。

ため息をつきながら「楽しかったぁ」と、つぶやいたコレサワ。「もし自分がコロナになって出られへんなったら『もうどうしよう』と思いながら過ごす、このツアー期間、本当にもういつものライブと違ってドキドキした」と吐露。「みんなもね、ライブ見に行けるかと思いながら来てくれた方もいらっしゃると思うんですけど、本当に今日は来てくれてありがとうございます」と客席への感謝を述べた。

その後、ふとした話題からギターのひぐちと活動開始当時に「最初は二人でやってたやん」と振り返り、「(観客が)3人のときとか。おじさんだらけで。若い女の子も見てほしいなと思ってたんやけど、今でもそのときから来てくれたおじさんがきっと……」とコレサワが話すと、客席には挙手するファンが現れ「ほらいた、泣く!」と感動を伝えていた。

この日の最後を飾った曲『オシロスコープ』では、歌詞にあるフレーズ<オムライス>に合わせて客席のペンライトが黄色と赤に染まる。全18曲を歌い終えたコレサワとバンドメンバーは「ありがとうございました!」と挨拶をして、深々とお辞儀。名残惜しそうに「泣けちゃうよ」とつぶやきながらステージを後にした。

この日、2022年2月に東京と大阪で行われる『コレサワ LIVE TOUR 2022 バレンタイン チョコっとツアー』を発表したコレサワ。ますます彼女の紡ぎだす音楽に共感するファンが増えると確信できる一夜だった。

この記事の写真(9枚)

DD_0170

Image 1 of 9

Information

■ライブツアー開催決定!
「コレサワ LIVE TOUR 2022 バレンタイン チョコっとツアー」
2月10日(木)大阪BIGCAT
OPEN 17:30 / START 18:30
2月13日(日)品川インターシティホール
OPEN 16:00 / START 17:00

※チケット詳細、各種チケット先行、一般発売等詳細については、8月9日(月)18:00に発表

■3rd Album「純愛クローゼット」発売中!

【初回限定盤】
[価格]4,200円+税
[内容]CD+DVD
[品番]KICS-93973

[CD収録内容]
1.あたしが死んでも
2.バスタイム
3.愛を着て
4.右耳のピアス
5.この恋はスクープされない
6.Drama
7.スーパーでデート
8.ミッドナイトをかけぬけて
9.Moon
10.いただきます
11.憂鬱も愛して
12.オシロスコープ

[DVD収録内容]
・「いただきます」MUSIC VIDEO
・「最後の彼女になりたかった」MUSIC VIDEO
・「Day by Day」MUSIC VIDEO
・「憂鬱も愛して」MUSIC VIDEO
・「あたしが死んでも」MUSIC VIDEO
・「愛を着て」MUSIC VIDEO
・2020年12月5日 コレサワ ONE MAN LIVE 2020 冬に会えたら より
「最後の彼女になりたかった」(LIVE)
「バカでしょ」(LIVE)

この記事の写真

【通常盤】
[価格]3,000円+税
[内容]CD only
[品番]KICS-3973
[CD収録内容]
初回限定盤と同内容

配信サイト

CD購入

コレサワ

シンガーソングライター

大阪府摂津市出身。中毒性のある声、POPなメロディー、日常の風景を独自の視点で切り取った歌詞が話題に。メディアには顔だしはせず、素顔が見れるのはLIVEのみで、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。
2017年8月9日に1stアルバム『コレカラー』でデビュー。2021年3月、3rdアルバム『純愛クローゼット』をリリース。

Photographer:Shigeo Kosaka,Reporter:Syuhei Kaneko