Contents

様々な困難を乗り越えたツアー「最初の一歩のライブになった」

――Zeppツアー大成功お疲れ様でした。ツアーで印象に残っていることを教えてください。

川瀬あやめ 3月27日のZepp Fukuokaはすごく記憶に残っています。メンバーが新体制になってから初めてのライブで、5人から4人になったことが自分の中で大きすぎて。自分のフィーチャー回だったのですが、それよりも4人を見てもらうことに必死で、記憶が無いぐらいあっという間に終わっていました。私のフィーチャー曲『ファンファーレ』も初披露だったのですが、5人での振り付けを急遽4人用に直したことへの不安もありました。でも「4人で頑張るぞ」っていう気持ちが強くなった、最初の一歩のライブでした。

――他の楽曲も短時間の間に全部振り付けを直したんですよね。

川瀬 1日に2~3時間で8曲とか練習して。ダンスの先生に普通に言いました。「無理です!」って(笑)。でも先生は「出来る!」って言うので。もうやるしかないって感じで、出来たんですよね。

▲川瀬あやめ

芹澤もあ 私はツアーファイナルの6月20日が特に印象的です。それまで4公演ライブをしてきて、毎回パートやアナウンスのふりが結構変わるんですけど、私が自分の新しくいただいたパートを飛ばしちゃうことが多くて。でも、最終日は絶対カッコつけたくて。お客さんも一番多く来てくれる会場で絶対ミスっちゃいけないって思いました。「ライブに来てください!」っていう言葉は言えても、来てくださった方が心から「楽しかったな」って思える様なパフォーマンスをするのは、すごく楽しかったけど大変でした。私は臨機応変に対応するのが苦手なタイプなんですけど、メンバーは覚えるのが早いので教えてもらったり、見返したりしながら練習をしていきました。ファンの方や関係者の皆さんからも褒めていただけたので「ちゃんとやってきてよかったな」って思いました。

茜空 私は「Zepp」という会場に立てたことがまず印象的でした。Zepp Tokyoにはイベントなどに出演したことはあるのですが、全国5カ所のZeppを回るっていうのがやっぱり特別で。Zepp Osaka Baysideは新し目の会場で、そんな綺麗なステージに自分たちが立てたことも、先輩の「ばってん少女隊」の皆さんがよくライブをされているZepp Fukuokaに立てたこともすごく嬉しくて。初めて会うファンの方も結構多かったです。Zeppだから来てくれたっていうのもきっとあると思います。

村星りじゅ まず、このような大変な状況の中でZeppツアーをさせていただけるってことは本当にすごくありがたいことだなって思いました。私も新体制の4人になってから、毎日が全力すぎて本当に「本当にこの3か月間あった?」っていうくらい本当にあっという間だったんです。歌割りのパートが今までの中で一番増えて、私は歌が苦手な部分があるので、ちゃんと増えた分も歌えるかがすごく不安でした。短期間でフォーメーションも変更してるのでそれも覚えて、頭がこんがらがってしまったこともあったんです。私のフィーチャー曲『Shining City Lights』はすごく音域が高いので、自分にとって挑戦ばかりで。本当に無事に完走することができて、今はもう安堵というか安心しています。

▲村星りじゅ

――ツアーファイナルの東京公演が終わった瞬間は、まずどんな気持ちだったのですか?

川瀬 始まる前から本当に本当に楽しみにしてたんですよ! 前日の夜も楽しみすぎて、逆に不安になってきちゃって。MCの確認もグループLINEで一から全部やったりとか。本番の日の朝も「今日が来てしまったね」みたいな感じで。

茜空 終わった後は「お疲れ~終わったね」って、ずっと皆で手をつないでいました。

川瀬 ファンの方からも「泣きました」とか報告をいただくことも多くて、本当にありがたいです。ありがとうございました!

落ち込んだ時に聴いて欲しいリード曲『WINGS』

――ツアーでもパフォーマンスした曲がつまった、ミニアルバム『T.O.N.E』が7月28日にリリースとなりました。おすすめポイントを教えてください。

川瀬 ツアーでもやってきたリード曲『WINGS』は、MVが最近解禁されました。曲のテーマとなっている「羽ばたく」とか「巣から出る」みたいなイメージがMVにもこめられています。自信が無くなった時とか、ちょっと落ち込んでいる時に聴いたら、歌詞がグサグサ刺さると思うんです。すごくストレートなんです。そういう時こそ聴いてほしいです!

芹澤 このアルバムには、初めてのメンバーフィーチャー曲が収録されています。その人に合った雰囲気とか歌詞だったりするので、「この子はこういうイメージなんだ」「この歌詞、この子っぽいな」とか、色々注目していただけたらなと思います。ukkaを新しく知ってくださった方にもおすすめです。

村星 1曲1曲、曲調とか歌詞のイメージが全部違って、それぞれが歌詞に入れてほしい言葉も入っていて、自分を表せるような曲になっています。私も聴いてて「これあやめっぽいとか、もあちゃんっぽい、空っぽい」という感じで、メンバーを感じられる曲です。

茜空 私はこのジャケ写というか、アルバムのデザインを皆さんに見ていただきたいんです!私たちのCDのデザインって、よくあるアイドルっぽいものじゃなく、オシャレで大人っぽい感じを目指していて。部屋に飾っていただきやすい、誰が見ても恥ずかしくないような、オシャレさに仕上がっています。座ってたり、寝転がってたり色々な写真になっているので、ぜひインテリアにしていただいて「この子かわいい、誰?」みたいな感じで会話が弾んだら嬉しいです。

▲茜空

初のメンバーフィーチャー曲!注目ポイントは?

川瀬 『ファンファーレ』はいつもボイトレでお世話になってる先生が作ってくださったんです。私、入れて欲しいフレーズとして「スタートライン」を注文したんですよ。でもそれは元々歌詞に入っていたらしくて嬉しかったです。あと、ボイトレの先生なので、私たちの出るキーを知ってるはずなのに、それを超えてくるという課題が。そしてそのパートが全部私に回ってきて。2サビの最後の「スタートライン」って所なんですけど、レコーディングで、もう声が出なくて。途中で先生が声の出し方のアドバイスをくれて、最終的にはしっかりと歌えました。本当に先生のおかげです。

――ukkaの皆さんは全員とても歌もダンスもクオリティが高いですが、先日ライブを拝見して、川瀬さんの歌声がパワーアップしているなと感じました。

川瀬 本当ですか?!

芹澤 本当に、日に日にパワーアップしてるので。

村星 もう、声から力が伝わる、本当に。

川瀬 実は「声でかい」みたいなことをファンの方に言われることが多くて、それがちょっとコンプレックスになりつつあるんです(笑)。

茜空 とても良いことだよ!

芹澤 私のフィーチャー曲『Party goes on.』は、それぞれのフィーチャー曲の中で一番かわいい雰囲気だなと思います。歌詞や曲調もそうですし、特にサビのダンスとかがとてもかわいいなと思います。ライブでは、2サビの後の間奏でメンバーそれぞれが違うダンスをするんですけど、そこはカッコいい雰囲気なので、1曲の中で色々な表情があって楽しいと思います。曲の最後の最後に小さい声で言葉も入っているので、音源でじっくり聴いてほしいです。

▲芹澤もあ

茜空 私の『ガールズナイト』は、ちょっと大人っぽいようなクールな感じの曲で、「私を彩っている。どんなときでも」という掛け合いがあるんです。そこで1人ずつの声が重なっていくところがすごくカッコいいなと思ってるので、ぜひそこを注目してください。最初に曲をもらった時は難しくて、歌えないと思いました。口も回らないしリズムも難しいし、一曲の中での転調も多くて。『ファンファーレ』と一緒でボイトレの先生が作ってくれて、レコーディングでも「出来るから!考えすぎないで、出来るから」いつもの倍の時間がかかりました。

村星 『Shining City Lights』は、今の状況だからこそ聴いてほしいメッセージソングになっています。私のパートで、サビの最後にすごく高いパートがあって、仮歌が裏声だったので、レコーディングも「裏声でやろう」となったんですけど、練習しても本当に裏声が出なくて苦労しました。ライブでは裏声だと声が弱くなっちゃうので、地声での練習もしていて、苦戦しました。やっと自分の中の正解が出たのがZepp Tokyoだったんです。レコーディングしたのが2月頃だったので、4カ月間くらいかかりました。私が特に好きな所は、2番が終わって皆で「ランララララ」って歌うところです。一つになっている感じがするので、ライブでこの曲をやる際は皆さんにも心で歌ってほしいです。

川瀬 ライブではぜひそれぞれのフィーチャー曲、リード曲『WINGS』に注目して盛り上がっていただけたら嬉しいです!

プールに浴衣…ukkaがこの夏したいこと!

――皆さんが、この夏に挑戦してみたいこととか、やってみたいことはありますか?

芹澤 私は、洋服を選ぶ時にその日によって気分が変わっちゃうんで、一定のジャンルとかスタイルを買い続けることがこれまで無くて。なので、今年の夏は「自分にはどのファッションが良いのかな」と、見極めたいなと思っています。

川瀬 やっぱりストリート系が似合うと思う!ロンTとかね。

茜空 プールに行きたい。

川瀬 分かる!

茜空 私、全然泳げないんですけどプールはすごく好きで。流れるプールとか波のプールとか行きたいです。小学生の頃とかにしていた様な、プールに行って泳いだ後に売店で焼きそばとかホットドッグを食べる…みたいなそんなイベントを味わいたいなって思います。

村星 皆で浴衣着たいなって思ってます。1度リリースイベントで着たことがあるのですが、プライベートでも着てどこか行きたいなって思って。

川瀬 よし、京都行こう!

村星 それぞれに似合う浴衣を選んだりして、楽しそうだよね!

川瀬 おばあちゃんと旅行に行きたいです。おばあちゃんが今年から一人暮らしになって、会いに行く頻度が増えたんですよ。コロナの関係でおでかけは出来なかったのですが、ワクチンも打ち終わって落ち着いてきたら箱根とかに行って、温泉に入ってテレビ見たり、のんびり過ごしたいです。

「時間はあっという間!」「今出来ることを全力でやろう」

――最後に読者のティーンにメッセージをお願いします。

芹澤 私は高校生になったばっかりなのですが、3年生の人は大学など進路で色々悩むことも多いと思います。私もこのツアーの期間結構色々なことを悩みました、その中で思い立ったらすぐ行動することが良いと思ったんです。悩んでやりたいことをやらないよりは、勉強も頑張りつつ自分のやりたいことをすぐやる方が幸せなのかなと思います。

川瀬 大人になったねえ!

茜空 私は今大学1年生になのですが、高校3年生の時の進路は迷いました。この仕事をしながらも進学はしたいと思っていて。でも自分の中で色々なやりたいことがあって。大学に行くか、専門学校に行くかで迷い、親の意見も取り入れて大学に決めました。でも、もし本当に自分が大学じゃなくて専門学校に行きたかったら、親の反対を押し切ってでも選ぶべきだと思っています。私自身は大学に行ったことを後悔してるわけでは全くなくて今も楽しいんですけど、やっぱり「そっちを選んでいたらどうだったんだろう?」って考えたりもするんです。このインタビューを読んでくれている子の中に、もし芸能をやりたい子がいるなら芸能事務所のオーディションに応募してみるっていうのも大事なことだし、バイトしてみれば社会経験としてもすごく良いことだと思うし。周りの意見に流されずにいろんなことに幅広く挑戦していってほしいなって思います。

村星 私はもう学生生活が終わってしまったのですが、だからこそ思うのは、学校で出会ったお友達を本当に大切にしてほしいなって。学校で出会った友達って大人になってもずっと続くと思うので、お友達と学生の時にしかできないたくさんのことを、楽しんでほしいと思います。学生の皆さん色々な悩みがあると思うんですけど、今目の前にあることを全力で取り組んでいれば絶対道は開けると思うので。私が言うのもおこがましいのですが、頑張ってほしいです。

川瀬 私は今年20歳になってしまいます。ティーンがもうあと2カ月で終わってしまうんです。気づいたら二十歳になっちゃうんですよ。だからもうほんとに今を楽しんでほしいなと思います!今コロナで大変な状況ですが、その中で出来ることを最大に、友達とか恋人とか家族とかで一緒に楽しく過ごしてほしいなって思います。ほんとに、ほんとにもう気づいたら二十歳になってるから!

Information

ukka 1st mini AL「T.O.N.E」
2021年7月28(水)発売
(SDPC-0012) 

〈価格〉
¥2,200(税込)

〈収録曲〉 
1ファンファーレ
〈作詞・作曲・編曲:太田晴之〉
2 Shining City Lights
〈作詞:金子麻友美 作曲:金子麻友美/久下真音 編曲:久下真音〉
3ガールズナイト
〈作詞・作曲・編曲:太田晴之〉
4 Party goes on.
〈作詞・作曲・編曲:永塚健登〉
5. WINGS
〈作詞:DUFF/UnpRayable/オーノカズナリ 作曲:DUFF/UnpRayable 編曲:宮本タカシ/GENNARI〉

ukkaとして初のmini AL「T.O.N.E」を7月28日(水) に発売!
収録曲には、先行配信中の「WINGS」をリード曲に、メンバーそれぞれをフィーチャーした楽曲を含む全5曲を収録!!

配信サイト

ukka

アイドル

2015年結成。スターダストプロモーション所属。川瀬あやめ、村星りじゅ、茜空、芹澤もあの4人からなるアイドルグループ。2019年グループ名を“桜エビ~ず”から“ukka”に改名。7月28日には1stミニアルバム『T.O.N.E』がリリース。11月23日に千葉・舞浜アンフィシアターでワンマンライブの開催が決定。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Kozue Nakamura