Contents

「こんなに仲良くなったのははじめて」和気あいあいとした現場の雰囲気

――映画『サマーフィルムにのって』は夏にぴったりの素晴らしい青春作品でした。

金子 そういっていただけると嬉しいです。何かに熱中している人たちが集まっている映画です。登場人物たちと同じ10代の方はもちろん、どの世代の方が見ても熱くなるような気持ちが湧き上がってくると思うので、そういうところを体感してほしいなと思います。

――本作では未来から来た「凛太郎」という役柄を演じられています。演じる上で難しかったことはありますか?

金子 未来人の役なので、少し浮いていたいなというか、周りの人から浮いているのを表現できたらいいなと思っていました。それでいて人間味があるキャラクターなので、次第に周りに溶け込んでいるように見えたりしてもいいなと。そのようなバランスを意識しました。悪い意味ではない、裏と表があるというか。裏が本当はどういう人なのかというところを見られないようにしながら演じて、“ハダシ組”という仲間といるときはポロっと素が出てしまうというか。そこは意識しましたね。

――素晴らしい凛太郎でした。撮影中に印象に残っていることはありますか。

金子 とにかく映画の中のまんまというか、みんな和気あいあいとしてすごく明るく楽しい現場でした。なかなか同世代だけで仕事することってないですし、こんなに仲良くなるということもあまりなかったので、楽しい経験でしたね。

――今も共演者の皆さんと連絡をとられてますか?

金子 取っています。この前37歳になった板橋駿谷さん(ダディボーイ役)とは今もすごく仲良しでお世話になってます。

――板橋さんが学生役というのも面白いですよね。とても良いキャラクターでした。

金子 キャラが濃いんです。でもキャラが濃くても成立する内容とポップさがこの作品の面白いところなんじゃないかなと思っています。最終的に、一番重要なところでもカッコつけて。ダディボーイのシーンにはぜひ注目していただきたいです。

――伊藤万理華さんとの共演はいかがでしたか?

金子 今までに会ったことのない、独特の魅力を持った女優さんでしたね。伊藤さんだからハダシを演じられたんだろうなと。ハダシにすごくハマっていて素敵だなと思いました。

――お二人の殺陣のシーンもありました。

金子 クランクインする前に、伊藤さんと二人で、殺陣指導していただいて、ものすごく練習していたんですが、途中、コロナで撮影が止まり、再開するまで時間が空いてしまって。殺陣をほとんど忘れてしまったんです。でも、伊藤さんは真面目というか、しっかりしているから全部覚えていて、撮影直前も伊藤さんに教えてもらいました。伊藤さんは撮影の時もすぐに出来ていて、僕の方が全然苦しんでいたので、すごいなあ!と感動していました。

金子さんの高校生時代の思い出は?「男だらけの下品な青春でした(笑)」

――完成した作品をご覧になって特に好きなシーンはありますか?

金子 ハダシ組がみんなそろってるシーンはどこも好きなのですが、夜に体育館に集まってるシーンとかすごくいいなと思いました。「ザ・青春」。こんな青春があるの?と、うらやましくなりました。

――金子さんは、高校生の時に同じようなことはされましたか?

金子 いやあ、あんなきれいな青春は送ってないですね。男ばかりで下品にまみれた青春でした(笑)。それはそれで楽しかったんですけどね。

――好きなことに真っ直ぐな仲間たちがたくさん出て来る映画ですが、金子さんは学生の時に熱中したことはありますか?

金子 部活でバスケをやっていて、バスケにはすごく熱中していました。親友に誘われて始めて、朝練して授業を受けて放課後も…とバスケだらけでした。最近は遊びでも全然出来ていなくて、でも今日の撮影スタジオにはバスケットゴールがあって、嬉しくて久しぶりにやりました(笑)。

――金子さんは高校生の時に進路で悩んだことはありますか?

金子 本当にやりたいことがなかったので、悩みました。何やろうかなって。何かやりたいことがあれば行きたい学校も決められたと思うんですが、やりたいことが特になかったんです。今思うと、その頃の僕は何も考えていなかったですね。

――今はこの仕事を選ばれて、充実してますか?

金子 楽しい時もありますし、もちろん楽しくない時もあります。でも間違ってはなかったなと思います。

コロナの自粛期間をきっかけに“どハマり”中の趣味

――お仕事で忙しい日々だと思うのですが、この夏、金子さんご自身がやってみたいこと、挑戦してみたいことを教えてください。

金子 キャンプに行きたいですね。外でテントサウナをして、川に飛び込むっていうのをやりたいです。

――サウナがお好きなんですね。

金子 大好きです!今どハマリ中です。まだそんなに詳しくないですが、地方へ行った時は有名なところに行ったりとか。それが最近の趣味ですね。撮影で地方に行くことが多いので、サウナチャンスが多くて。静岡の「しきじ」にも行きたいんです。僕はまだにわかですが、「サウナを語るならまずしきじに行け」というような風潮がありますよね(笑)。なのではやく行きたいです。

――サウナ情報はどうやって集めていますか?

金子 ご一緒した役者さんに教えてもらうこともあれば、自分で調べて行くこともあります。サウナ友達が欲しいので、周りの友達も巻き込んでサウナに行っています。

――サウナにハマったきっかけって何だったのですか?

金子 もともとは、熱いのも水風呂も嫌で、サウナには苦手意識があったんですが、コロナ禍での自粛中に、10キロくらい増えてしまって。痩せるためにサウナに通って“ととのう”というのを体感してから、どハマりしています。

――いつか金子さんにサウナの連載や番組などやっていただきたいです(笑)!

金子 まだ本当にハマりはじめたばかりなので!でも色々な場所に行って、もっとサウナに詳しくなったら、愛を語ってみたいなと思います(笑)。

Information

『サマーフィルムにのって』
全国公開中
出演:伊藤万理華 金子大地
河合優実 祷キララ 小日向星一 池田永吉 篠田諒
甲田まひる ゆうたろう 篠原悠伸 板橋駿谷

監督:松本壮史
脚本:三浦直之(ロロ)、松本壮史
© 2021「サマーフィルムにのって」製作委員会

勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、文化祭でのゲリラ上映を目指 すことに。青春全てをかけた映画作りの中で、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたという秘密があって――。

公式サイト

金子大地

俳優

「アミューズオーディションフェス2014」にて俳優・モデル部門を受賞しデビュー。以降、映画・ドラマ・CMに多数出演。 2018年、ドラマ「おっさんずラブ」(EX)で知名度を高める。 2019年、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK)で初主演を果たし、一躍脚光を浴びる。『私はいったい、何と闘っているのか』が12月に公開待機中。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Kozue Nakamura