Contents

ティーンの未知なるパワーを存分に発揮・体感できるイベント

「TGC teen 2021 Summer supported by KIREIMO」はこれからの日本の未来を担うティーン世代がより輝くための基盤をつくり、新時代を託したいという思いから令和元年となる2019年夏に初開催。主にSNSやYouTube上でティーンに大きな影響力のある出演者を中心とした、ティーンの未知なるパワーを存分に発揮・体感できるイベントとなっており、今回が5回目の開催となる。

イベントの幕開けは、「女性が輝ける瞬間にいつも寄り添っていたい」をテーマに手軽にトレンドかつベーシックな着回せるアイテムを提供している「moment+」、「主張がスタイルを作る」をコンセプトに常に時代のトレンドに沿いながらスタイル提案をし続ける「SPINNS」、世界に誇る偉大なポップカルチャーである「Anime」、そして「Fashion」をつなぐ新たな架け橋となることを目指したプロジェクト「R4G」によるショー。個性的なブランドにそれぞれ身を包んだ若い出演者たちがランウェイに登場するところから始まった。

オープニングステージでは前回に引き続きMCを務めるお笑いトリオの四千頭身と、司会・進役でテレビ朝日の学生キャスター、栗田麻理さんが登場。ここでは「moment+」のショーに出演した、なえなのさんも登場し、トレンドであるグリーンを取り入れたパンツなど、今回のコーディネートのポイントを紹介した。

続くステージは、「女子高生ミスコン2019」全国ファイナリストであり、現役大学生シンガーソングライター・SHIMAさんによるアーティストライブ。『egg』専属モデルが出演したドラマ『マジでキスする5秒前が見えちゃう件(マジキス)』のOPテーマである「KISS ME」と、『egg』のオリジナル恋愛リアリティーショー『エグハ season3』のテーマソングに起用されている「真夏の放物線」という、夏の恋人たちにふさわしい2曲を熱唱した。

「中一ミスコン2021」では、ファイナリスト7人が登場。その中からグランプリに選ばれたのは滋賀県出身のくれあさん。笑顔でトロフィーを受け取ると、つい数ヶ月前までは小学生だったとは思えないほどのハキハキとしたしゃべりで応援してくれた人への感謝を述べた。

過去には宇佐卓真さんや黒田昊夢さん、小宮璃央さんといったドラマやモデルなどで活躍中の人材を輩出している「高一ミスターコン2021」では、8人のファイナリストから新潟県出身の山崎蒼空さんがグランプリに選ばれた。

最後の「高一ミスコン2021」では7人のファイナリストの中から大阪府出身のみずきさんがグランプリを獲得。優勝者はみな笑顔でトロフィーを受け取ると、応援してくれた家族や友人たちへの感謝を述べた。

このコンテストでグランプリを獲得した人には特典としてそれぞれ「女子中学生ミスコン2021」「男子高生ミスターコン2021」「女子高校生ミスコン2021」ファイナル審査へのシード権が与えられた。

個性豊かなアーティストがエモーショナルなライブを展開

「TGC teenチーム対抗戦」のステージは、「TGC teen」出演者が3つのチームに分かれて、ステージごとに代表者がゲームに挑戦。3つのゲームで優勝を競い合い、フィナーレにて総合優勝が発表されるというもの。

最初の対決は「早口言葉バトル」。これにはチャンネル登録者数が142万人を超えている8人組YouTuber「48-フォーエイト」が登場し、チームTにennさん、音羽さん、こたつさん、チームGにあみかさん、わかゔぁさん、アマリザさん、チームCにタロー社長とゑむ氏と、メンバーが各チームに分かれて対決がスタート。くじ引きで出たお題の言葉を早口で言っていくのだが、もともとTikTok出身のメンバー同士ということもあるのか、掛け声などルールもあいまいなまま、どこかゆるい雰囲気でゲームが進行した。そのため、優勝の判定がしづらい結果となったが、四千頭身・後藤による裁定でチームTが優勝し、まず1ポイントを獲得した。

全身脱毛サロン「キレイモ」のステージには、「キレイモ」イメージキャラクターのなえなのさんに加え、「キレイモ」アンバサダーとして、雨宮由乙花さん、三野宮鈴さん、ダンス&ボーカルグループ「Team Mecury From Zero PLANET」の後藤聖那さんと木村伊吹さん、そしてTikTokで行われた「#キレイモいいね割チャレンジ」から「TGC teen」出演権を獲得したわたげさんが登場。

この「いいね割」キャンペーンは、動画をハッシュタグ付きで投稿すると、「いいね」の数に応じて割引が受けられるというものなのだが、前回は2億程度だった総視聴数が今回は4億回と大幅に増加した。この数字はTikTokでも最大規模の結果となり、10代を中心にから脱毛が高い注目を集めていることがうかがえる。

「ABEMA」の恋愛リアリティーショー出身の5人組グループ・Five emotion(通称:ごえもん)のライブステージでは、ティーン代表として同年代に向けた青春ポップ調の「CANDY POP」や恋愛事情の悩みを描いたバラード「ウソつき」。そして初披露となった新曲「TIKN TAKN」を披露。恋愛リアリティーショー出身で、今も恋愛を求める彼女たちだからこそのリアルな表現が感じられ、曲ごとにさまざまな表情と歌声を堪能することができるステージとなった。

「ABEMA」による恋愛番組出演権をかけた「ABEMA恋愛番組オーディション2021」のステージでは、「ABEMA高校生カップルコンテスト」で優勝経験のあるTikToker・こうりんカップルのこうさんとりんさんがゲストとして出演。こうさんが「同じ高校生とは思えないほど迫力がある」と口にするほど自信に満ちた9人のファイナリストの中からは、高校1年生の白倉真珠さんがグランプリに選ばれた。

「T-POINT」が行っている社会貢献活動「学校総選挙プロジェクト」のステージは、自分らしい制服で学校生活を送れるようにという思いから企画されており、木村伊吹さんと三野宮鈴さんがゲストとして再登場。三野宮さんはパンツスタイルのジェンダーレスな制服を着ており、まるでアニメから飛び出てきたようなビジュアルには感嘆の声が上がった。また、女子高生に「学校の制服はスカートやスラックスを選べるか」というアンケート結果では、選べないが52%を占めつつも、私服や自分で制服を選べる学校が増えていることが分かり、制服の多様化がうかがえた。

続く足立区出身の16歳アーティスト・久保あおいさんのステージは、全出演者の中で唯一、本人のビジュアルを隠してパフォーマンス。青く幻想的な照明の下、背景のスクリーンに歌詞と連動した映像が映し出される中で、「黒い秋桜の花が泣いた」を含む2曲を歌い上げた。

第一部の最後は、世界中で愛されるMARVELなどのキャラクターグラフィックで、遊び心とファッション性を融合したトレンドファッションを提案する「パニカムトーキョー」、原宿・渋谷のトレンドアイテムをリアルクローズとして、リーズナブルな価格で提供している8(eight)によるファッションショーが行われた。

その後、8(eight)のショーに出演したカップルYouTuber・なこなこカップルのなごみさんとこうきさんが、ペアルックファッションに身を包んで登場。「コロナのこんな状況のためにハッピー、スマイル」をテーマに、新たなにラインナップに加わったスマイルモチーフのTシャツと、ボタンが蜂のマークになっているオーバーオールの組み合わせを披露した。

人気モデルたちがトレンドを先取りしたファッションでランウェイを彩る

第2部はテレビ東京『内村のツボる動画』(テレビ東京「内村のツボる動画」9月15日(水)18:25~21:00OA予定(テレビ東京系列))とのコラボステージからスタート。お笑い芸人のハリセンボン・春菜がロデューサーを務めたという、平均年齢9歳ながらプロ級の腕前をもつ4人組キッズバンドが登場。Adoの「うっせぇわ」を全力でカバーしたかと思うと、2曲目からはなんと小林幸子さんが登場し、ともに「千本桜」「夜に駆ける」を熱唱するという奇跡のコラボが実現。大物歌手との緊張を感じさせない圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。

「TGC teenチーム対抗戦」の第2弾は、「ショートドラマバトル」。チームTに後藤聖那さん、高橋かのさん、松葉愛海さん。チームGに俳優・モデルの植村颯太さん、雨宮由乙花さん、川本景さん、チームCに男子高生ミスターコン準グランプリの池田陽音さん、ゆうちゃみさん、西川樹里さんが登場。テーマにのっとったショートドラマを各チームが制作、そして「TGC teen」公式Instagramにアップされた作品への投票数で優勝を決めるというルール。各チームともにTikTokでの人気音源をテーマにしており、ステージ上ではその一部分を演じて見せた。投票の結果はフィナーレまでのお楽しみとなる。

チャンネル登録者数が117 万人を突破している2人組YouTuber・みきおだの中心人物であるおだけいすけさんは、「OdAkEi」というアーティスト名義でライブに出演。「TGC teen」の会場であるUSEN STUDIO COASTにバイクで乗り付けるシーンから始まると、自身の第一弾シングルでもあるアッパーチューン「SHOCKER」を歌いながらシームレスに場内のステージ上に移動。4人のダンサーとともに自身初となるライブステージでその魅力を存分に発揮した。

ファッションやメイクの流行だけでなく、プリクラの撮影方法、オタ活の仕方や恋愛事情など、なんでも特集するSNS雑誌『思春期録』のステージでは、増田彩乃さん、永島歩花さん、すみぽんさんの三人が登場。毎月JKに人気のインフルエンサーが様々な特集に登場。JKのうちにやりたいことリレーや盛れるプリ機比較など、これまで『思春期録』で出演した特集の中で印象に残っている企画を語り合った。また、四千頭身の都築さんが高校生のうちにやっておけばよかったことについて聞かれ、「どんなに忙しくても勉強は絶対にやっておいた方がいい!」と力強く説く場面も。

「誰でも似合う、誰でも着るだけでかわいくなれる」をコンセプトにおしゃれが苦⼿な⼈でも、1枚着るだけでコーディネートが完成する「ワンピース」に特化した「神ワンピ」、ストリートにフォーカスし、トレンドとオリジナルスタイルをMIXした形にとらわれない新しいスタイリングを提案している「RASVOA」のショーでは、それぞれのブランドのシルエットを纏ったモデルたちがランウェイを彩った

「TGC teenチーム対抗戦」第3弾は「踊ってみたバトル」。こちらはエア、UraN、浅見めいの3人組YouTuber・くれいじーまぐねっとがMCを務めた。チームTからは瀬戸ももあさん、樽井みかさん、チームGから高澤凪さん、早河ルカさん、チームCからりせりさん、ペレアナイスさんが登場。今回のために制作されたTGCオリジナル曲に合わせてダンスをした動画を各チーム撮影。こちらも「ショートドラマ」同様に動画は「TGC teen」の公式Instagramに投稿され、「いいね」の投票数で優勝が決定する。ダンスが苦手な出演者もパートナーに引っ張ってもらたりするなど、ティーンらしい明るさとノリのよさで、お互いに笑顔で踊っていた。

「JCミスコン」「女子高校生ミスコン」のファイナリスト17人によるアイドルグループであり、今年4月にデビューしたばかりのA♡Zによるライブステージでは、デビュー曲「ALiVE」を披露。ダンスを得意とするメンバーも多いためか、キュートながらも節々にキレのある振り付けを魅せ、短い間ながら、強いインパクトを残した。

多彩なジャンルで活躍するティーンたちが続々と登場

さまざまなジャンルにおいて圧倒的なパフォーマンスで活躍する「SUPER teen」のステージでは、10月にポーランドで開催されるビートボックスの世界大会に日本代表として出場するビートボクサーグループ・SARUKANIのRUSYさんをはじめ、クランプの世界大会で優勝経験のある中学生ダンサーのHINATAさん、2024年パリ五輪から採用される新競技「ブレイキン」での金メダルを狙う14歳のTSUKKIさんが登場し、特別に三人でのコラボレーションを披露。ジャンルは違えど、お互いの魅力を引き出し合うようなシナジーを感じさせるパフォーマンスは、若い世代の新たな可能性を感じさせるものとなった。

また、格闘家から唯一の出演として、キックボクシング界の新星・奥平将太選手も登場。現在19歳ながらアマチュア6階級制覇を果たし、プロ入り後は2連勝中と、無敗のホープとして注目を集めている。このイベントの翌日には「RISE 151」においてスーパーフェザー級の試合を控えているにも関わらず、余裕すら感じさせるような飄々とした態度に共演者からも驚きの声が上がった。

ライブステージのトリを飾る、9人組ガールズ・パフォーマンスグループ・Girls²は、アニメ『ドラえもん』のジャイアン役などで知られる声優・木村昴とともに、コラボ曲である「Enjoy」(Girls²×スバにぃ)をパワフルに披露。異色の10人目のGirls²メンバーとして、人前で初のパフォーマンスを終えた木村は「スバにぃの(頭の)上だけ雨降ってた?」「配信をご覧のみなさん、やっぱり濡れてますか?」と自身の汗の量で笑いを誘いつつも、「楽しかったよ!」「(Girls2は)楽曲がいいでしょ。ダンスもうまいでしょ」とGirls2を絶賛した。そして木村が下がった後に披露した「Good Days」、「チュワパネ」では可愛らしくもキレのある激しい踊りを見せ、歌唱力とともにグループとしてのレベルの高さが垣間見えた。

「new basic for new culture 」をコンセプトとした、新しいライフスタイルブランド「Koé」のショーでは、東京都内を拠点に活動中しているスリーピースバンド・リュックと添い寝ごはんのメンバーも登場し、ティーンを代表するバンドの一つとして存在感を示した。

ここまで3戦に渡って繰り広げられた「TGC teenチーム対抗戦」の結果が発表され、最終的に「早口バトル」はチームT、「ショートドラマバトル」はチームC、「踊ってみたバトル」はチームGがそれぞれ優勝となった。各チームの代表者たちが「このまま同点引き分けかな」というような表情を浮かべると、まさかの優勝はじゃんけんで決めるという流れに。代表者3人によるじゃんけんは、チームCが見事勝利を収め、総合優勝を勝ち取った。

最後にイベントを振り返る映像が流れたあと、次回「TGC teen Winter」の開催が発表され、約4時間続いたティーンたちによるスペシャルステージは幕を閉じた。

新型コロナウィルスによる感染拡大にまだまだ終息の兆しが見えない影響で、前回と同様にオンライン開催となった「TGC teen」。しかし、そうした状況でも誰もが誇らしく、だからこそ楽しめる新しいファッションの形、何よりもエンタメの可能性を大きな熱量を持って世界に提示していた。この日、この場に立ったティーンたちのさらなる飛躍を願いつつ、これから誕生するであろう次世代をさらに盛り上げてくれる才能にも期待したい。


TGC teen 2021 Summer supported by KIREIMO
開催日時:2021年7月27日(火) 開演15:00 終演20:00
配信:TGC teen公式LINEアカウント、TGC公式LINEアカウント、TGC公式YouTubeチャンネルにて配信
参加ブランド: 8(eight)、GYDA、 Jammy 、koe、 La-La 、moment+、 R4G、 RASVOA、 SPINNS、 WiryOne™️ パニカムトーキョー、神ワンピ アルファベット順
参加モデル:あいめろ、雨宮由乃花、アリアナさくら、伊藤桃々、岩崎春果、石山彩花、粕谷音、加藤栞 かとみか、河本景、倉田乃彩、久留栖るな、小山ティナ、近藤藍月、坂本瑞帆、三野宮鈴 しゅなたん、鈴木綺麗、すみぽん、聖菜、関戸奏音、せたこ、瀬戸ももあ、高橋凪、高梨優佳 高橋かの、樽井みか、なえなの、永江梨乃、西川樹里、早河ルカ、原藍梨、ペレアナイス 松葉愛海、丸山真亜弥、三原羽衣、ゆうちゃみ(古川優奈)、ゆーぽん、横田未来 りせり(松永梨星)、わたげ 他、50音順
ゲスト:池田 陽音、植村颯太、ウチら3姉妹、木村伊吹、くれいじーまぐねっと、後藤 聖那、中野晴仁、流 稜太、なこなこカップル、ばんばんざい、48-フォーエイト、村方乃々佳、ゆたせなcp、リュックと添い寝ごはん、私たち共同生活始めます 他、50音順
SUPER teen: 奥平 将太(RISE/ Team Bull /FIGHT CLUB 428 )、TSUKKI、HINATA、RUSY
アーティスト:OdAkEi、Girls²、SHIMA、Team Mercury、Five emotion 他、50音順
タイアップアーティスト:小林幸子、歌うまキッズバンド
MC : 四千頭身
主催:TGC teen実行委員会
スペシャルパートナー: KIREIMO
パートナー:LINE LIVE, ジョイフル恵利、学校総選挙プロジェクト
メディアパートナー:egg、TEENS、nuts
公式メディア:東京ガールズコレクション公式メディア「girlswalker」
©TGC teen 2021 Summer

公式サイト

Reporter:Tetsu Takahashi