個性豊かなアーティストがエモーショナルなライブを展開

「TGC teenチーム対抗戦」のステージは、「TGC teen」出演者が3つのチームに分かれて、ステージごとに代表者がゲームに挑戦。3つのゲームで優勝を競い合い、フィナーレにて総合優勝が発表されるというもの。

最初の対決は「早口言葉バトル」。これにはチャンネル登録者数が142万人を超えている8人組YouTuber「48-フォーエイト」が登場し、チームTにennさん、音羽さん、こたつさん、チームGにあみかさん、わかゔぁさん、アマリザさん、チームCにタロー社長とゑむ氏と、メンバーが各チームに分かれて対決がスタート。くじ引きで出たお題の言葉を早口で言っていくのだが、もともとTikTok出身のメンバー同士ということもあるのか、掛け声などルールもあいまいなまま、どこかゆるい雰囲気でゲームが進行した。そのため、優勝の判定がしづらい結果となったが、四千頭身・後藤による裁定でチームTが優勝し、まず1ポイントを獲得した。

全身脱毛サロン「キレイモ」のステージには、「キレイモ」イメージキャラクターのなえなのさんに加え、「キレイモ」アンバサダーとして、雨宮由乙花さん、三野宮鈴さん、ダンス&ボーカルグループ「Team Mecury From Zero PLANET」の後藤聖那さんと木村伊吹さん、そしてTikTokで行われた「#キレイモいいね割チャレンジ」から「TGC teen」出演権を獲得したわたげさんが登場。

この「いいね割」キャンペーンは、動画をハッシュタグ付きで投稿すると、「いいね」の数に応じて割引が受けられるというものなのだが、前回は2億程度だった総視聴数が今回は4億回と大幅に増加した。この数字はTikTokでも最大規模の結果となり、10代を中心にから脱毛が高い注目を集めていることがうかがえる。

「ABEMA」の恋愛リアリティーショー出身の5人組グループ・Five emotion(通称:ごえもん)のライブステージでは、ティーン代表として同年代に向けた青春ポップ調の「CANDY POP」や恋愛事情の悩みを描いたバラード「ウソつき」。そして初披露となった新曲「TIKN TAKN」を披露。恋愛リアリティーショー出身で、今も恋愛を求める彼女たちだからこそのリアルな表現が感じられ、曲ごとにさまざまな表情と歌声を堪能することができるステージとなった。

「ABEMA」による恋愛番組出演権をかけた「ABEMA恋愛番組オーディション2021」のステージでは、「ABEMA高校生カップルコンテスト」で優勝経験のあるTikToker・こうりんカップルのこうさんとりんさんがゲストとして出演。こうさんが「同じ高校生とは思えないほど迫力がある」と口にするほど自信に満ちた9人のファイナリストの中からは、高校1年生の白倉真珠さんがグランプリに選ばれた。

「T-POINT」が行っている社会貢献活動「学校総選挙プロジェクト」のステージは、自分らしい制服で学校生活を送れるようにという思いから企画されており、木村伊吹さんと三野宮鈴さんがゲストとして再登場。三野宮さんはパンツスタイルのジェンダーレスな制服を着ており、まるでアニメから飛び出てきたようなビジュアルには感嘆の声が上がった。また、女子高生に「学校の制服はスカートやスラックスを選べるか」というアンケート結果では、選べないが52%を占めつつも、私服や自分で制服を選べる学校が増えていることが分かり、制服の多様化がうかがえた。

続く足立区出身の16歳アーティスト・久保あおいさんのステージは、全出演者の中で唯一、本人のビジュアルを隠してパフォーマンス。青く幻想的な照明の下、背景のスクリーンに歌詞と連動した映像が映し出される中で、「黒い秋桜の花が泣いた」を含む2曲を歌い上げた。

第一部の最後は、世界中で愛されるMARVELなどのキャラクターグラフィックで、遊び心とファッション性を融合したトレンドファッションを提案する「パニカムトーキョー」、原宿・渋谷のトレンドアイテムをリアルクローズとして、リーズナブルな価格で提供している8(eight)によるファッションショーが行われた。

その後、8(eight)のショーに出演したカップルYouTuber・なこなこカップルのなごみさんとこうきさんが、ペアルックファッションに身を包んで登場。「コロナのこんな状況のためにハッピー、スマイル」をテーマに、新たなにラインナップに加わったスマイルモチーフのTシャツと、ボタンが蜂のマークになっているオーバーオールの組み合わせを披露した。