Contents

コロナ禍でお互いに伝わり合う何かが必要だなと感じるようになった

――7月21日リリースのニューアルバム『Momi』は制作方法に大きな変化があったそうですね。

Nakamura いつも制作期間は2、3カ月間なんですけど、コロナ禍でもあったので去年の5月ぐらいから時間をかけて作りました。歌詞の感覚とか、いろいろなものを変えようと思っていたので、スタッフからたくさんの意見を聞いて、何度も何度も歌詞を書き直しました。

――これまで周囲の意見を聞いた上での歌詞のリテイクは、あまりしてこなかったのでしょうか?

Nakamura 今までは歌詞メインで曲を作ってきて、私の世界観を大事にしてくれていましたし、制作期間も短かったので、そこまでみんなの意見を聞くこともなかったんです。今回は私の歌詞を見て、みんながそれぞれの意見をくれたので、それを元に歌詞を書き換えることもあって。その後に、メロディーに合う歌詞をひたすら探すという作業をしました。

――過去のインタビュー記事を拝見しましたが、歌詞先行でメロディーをつけていたと仰っていました。

Nakamura 歌詞先行でメロディーをつけて、その後に聴いてみて、ちょっと歌詞が上手くハマってなかったとしても、「でもこの歌詞がいいみたい!」な感じで歌詞を優先していたんです。でも今回は、「この歌詞はどうすれば言葉を薄めずに、このメロディーにハマるのか」と辞書などを見て考えて、その一行のために何ヶ月もかけることがありました。

――周囲の意見を取り入れることに抵抗はありませんでしたか?

Nakamura なかったです。去年はリセットできて、肩の力が抜けたというか。デビューして5年間がむしゃらに走ってきたけど、フッと休める時間ができたんです。それが、めちゃくちゃ大きくて。今まで自分の型にはめていた部分は、みんなから見るとどうなのか?と思って、もっといろんな人に聴いてもらえる歌詞の世界に広げたいなと考えたんです。それで今回は周りの意見を積極的に聞きました。

――自分の意見を主張するのではなく、何気ない日常を綴った歌詞が印象的だったのですが、歌詞の面でどういう変化がありましたか?

Nakamura 今までは日記に近くて、自分100%で、それをみなさんに置き換えてもらえたらって感じでした。でも今回はそれを、「じゃあこの日記を友達に伝えるとしたらどうするの?」みたいな形で歌詞を変換してみました。日常生活の当たり前から感じたことを書くというのは変わっていないんですけど、表現の面ではいろいろ変わってきたかなと思います。自分の生活の中で感じたことをそのまま書いていたけど、スタッフから「俺は分かんなかった」と言われたこともありました。みんな全然違う性格だけど、どこを直したら共通言語になるのか、そのためにどこに落とし込めるかという作業に時間をかけました。

――曲調も以前より他者に寄り添う感じというか、歌い方も温かみを感じます。

Nakamura ありがとうございます。やっぱり去年のことがいろんな意味で大きくて。私は休めたけど、医療の人はすごく大変だし、お店を閉める仲間もいたりして、いろんな辛いことが周りで起こっています。だからこそ、お互いに伝わり合う何かが必要だなっていう部分が自分に増えていきました。今までは誰かにっていうよりも、自分のためにほとんど歌っていたんです。だから、どんなに厳しく言ったって、どんなに強く歌ったって、自分に言いきかせたいだけ。それぐらいやらないと人には届かないと思っていたんですけど、年齢とかいろんなものを重ねた上で、ちゃんと寄り添える部分が歌でもできたらいいなと思って、歌い方なども研究しながら作りました。

――以前は強い歌詞を歌うことも多かったですが、今回はアレンジ面も含めて、全体的に柔らかさを感じました。

Nakamura 去年ベストアルバムを出して、本当は動くはずだった一番忙しい時期がなくなりました。その時に周りがちゃんと見えてきて、「何をそんなに力を入れてやってきたのかな?」と思ったんです。「私はもうちょっとこうだな」っていう部分がいろいろと出てきました。これが今、私の素直な状態なのかなっていう感じです。

力を抜くことで見えた部分がたくさんあった

――これまでリリースしたアルバムは全て『NIPPONNO ONNAWO UTAU』という「ONNA」が入ったタイトルでしたが、今回のアルバム名は『Momi』で、歌詞の世界観も性別に関係なく共感できると感じました。

Nakamura 私は今まで男性が多い職場で働くことが多くて、自分が女であることが嫌だなと思うことがたくさんありました。男性の考え方、脳みそに憧れがあったので、女である感情とどうにかうまく付き合いたくて。だからある意味、男性も女性もリスペクトしていたんです。私の周りには、中学生の頃から性のことで悩んでいる方がたくさんいました。私は性別にフラットだったんですけど、仕事をしていく上でいろいろ難しいこともあって。それで「なんで私は女で生まれてきたのかな」と感じることもありました。そういうことも含めて『NIPPONNO ONNAWO UTAU』というタイトルは、いつか素敵な女性になれますようにという想いを込めてつけました。でもこの題名を作った頃とは男女の考え方も変わってきていてそれは嬉しいことだし、私も歳を重ねて男女の枠ではなく人間という感覚で歌詞を書くようになっていきました。

――『Momi』ではどの曲からもポジティブさを感じました。

Nakamura それまでは何かに頑張らないと進めない部分があったけど、力を抜くことで見えた部分がたくさんあったからこそ、だんだん戦わなくなったんです。去年は戦わなくて済んで、自分と向き合っていく中で、大変な人もいっぱいいたからこそ、大事なものも見えてきたんです。「何くそ!」って頑張る曲が自然と減って、このマインドをどう保っていくか、そこを大事にしたいなと思いました。

――アルバムのタイトルに込めた思いは?

Nakamura 今回できた曲は、食に関することとか土とか自然なものが多くなりました。これまでの9年間、『NIPPONNO ONNAWO UTAU』シリーズでやってきたものが種まきになって、それが苗になって、今回新しい実になりましたという思い。樅の木の花言葉に「時間」とか「正直」があるので、時間を経てまた新たな正直なものができたという思い。あとMomiにはハワイ語で「真珠」という意味もあるんです。貝殻の中に異物が入ってくると、自分で真珠層を出して、くるめて真珠になるから、今の時期は大変だけど、いつかくるんで素敵なものになれたらいいなという思いを込めました。

ヒップホップとの出会いがターニングポイント

――今までのキャリアについてお伺いします。音楽の世界を目指したのは遅めだったんですよね。

Nakamura 短大で保育士の資格を取って、保育士になって、それからいくつかの職を転々としていました。音楽の世界でやっていこうと思ったのは三十代になってからです。ピアノは幼稚園から習っていて、幼稚園の先生にはピアノが必要なので続けていたり、吹奏楽部に入ってフルートをやったりはしてたんですけど、音楽を仕事にしようとは考えていませんでした。

――どうして保育士の道を選んだのでしょうか?

Nakamura 母親が幼稚園の先生で、親戚にも先生が多くて、当たり前に幼稚園の先生になりたいなぁと思っていました。絵を描くのも好きだし、音楽も好きだし、子どもも好きだし、自分の好きなことが詰まっている職業でした。

――学生時代に人前に立つ機会はありましたか?

Nakamura 全然そういう機会はなかったです。高校はバレーボール部で、かなり厳しかったので部活中心の毎日でした。

――学生時代にライブに行くことはありましたか?

Nakamura 高校生の時に軽音部だった友達が、地元のライブハウスで演奏するのを見に行ったぐらいで、当時は流行りの曲を聴くだけでした。でも短大で友達になった仲間が、みんな音楽が好きで、ノリで「初心者で女の子バンドを組もうよ」という話になったんです。ジャンケンで早い者勝ちで担当パートを決めたら、たまたま最後に残ったのがヴォーカルでした(笑)。一応文化祭みたいなのがあったので、そこでやろうとなって、ヴォーカルスクールに通ったんですよ。

――いつまで幼稚園に勤めていたんですか?

Nakamura 1年で辞めました。幼稚園はすごく楽しかったんですけど、それと同じぐらい歌うことがが楽しくなっちゃって。ヴォーカルスクールは土日だけでしたが、仕事に慣れていないので、土日もやるべきことがたくさんあったんです。今考えると雇ってくれたのに、とんでもないことをしたなと思うんですけど、あの時は若さゆえに辞めました。

――転機になったことはありますか?

Nakamura 二十代半ばで音楽スタジオで働くようになって、ヒップホップをやってる人たちと仲良くなりました。その時に、「えみちゃんは声がいいんだけど、何かが気持ち悪いんだよね」と言われてショックを受けて……。その後、ヒップホップを聴くようになって、みんな自分の言いたいことを曲にしている人たちだから、「自分には言いたいことがなかったんだな」と気づいたんです。それで、やっと「気持ち悪い」の意味がわかって、ヒップホップの人たちのように、ちゃんと言いたいことがある人に変わりたいと思ったんです。

――それで音楽に軸足を移したんですか?

Nakamura むしろ逆で、音楽はずっと趣味で楽しくやっていけるもので、そのために仕事を頑張るようになりました。ヒップホップの人たちからは、政治や社会問題などを真剣に考えている姿勢が心に刺さって。自分はとにかく仕事をして、まずはちゃんとした人になろうと、それで日頃の悩みなどを全部ノートに書くようになって。「私もヒップホップみたいな曲を作ってみよう」「喋るように歌えば、ラップはできないけど、これだけ言葉が入るんだ」と見よう見まねでやっていくうちに、私は悩みが歌詞になるタイプだと気づいたんです。仕事や恋愛で経験したことが歌詞になるから、余計に音楽を仕事にしようとは考えなかったんですよね。

――ヒップホップの影響は感じますが、いわゆるラッパーのスタイルとは違いますよね。

Nakamura 小さい頃から聴いていたのが、お父さんお母さんが好きだった歌謡曲や、そのときにヒットしているJ-POPで、そういう音楽しか体に入ってないので、見よう見まねでヒップホップみたいなことをやっていたら、今のスタイルになっていきました。あと地元の厚木はレゲエミュージシャンが多くて、そういう仲間ができたり、ジャズの現場でも出会いがあって、いろんなジャンルを取り入れるようになりました。

――それによってライブも変化したんですか?

Nakamura どんどん変わっていきました。身なりなんかもTシャツにジーパンで、ほぼすっぴんでライブをやるようになって。そしたら前からのお客さんが離れて行って、ゼロになったんです(笑)。ただ音楽で食べて行こうとは考えていなかったので、自分のためにリアルな曲を歌っていたら、前は男性のお客さんが多かったんですけど、今度は女性のお客さんが来てくれるようになりました。

――デビューのきっかけを教えてください。

Nakamura あるライブハウスのスタッフがバーでも働いていたんですけど、そのバーで私の曲をかけてくれたんです。そこに今のマネージャーが飲みに来ていて、「この子誰?」と興味を持ってくれたことでお会いしたんですけど、その時は32歳で仕事も安定していたので、「会社を辞めて音楽をやって、また貧乏生活に戻るのは無理!」ってお断りしたんです。

――その気持ちが変化したのは?

Nakamura マネージャーが竹原ピストルさんも担当していて、決めかねている私を見かねて、「竹原のライブを見てみない?」と誘ってくれたんです。ライブ会場には、会社帰りのスーツの男性、作業着の男性など、いろんな方がいて、その中で竹原さんの歌を聴いたら、歌詞が全部刺さってくるし、しゃべりだすとすごく人間味のある方で、すべてにおいて感動してボロ泣きしたんです。こんなに人間臭いアーティストがメジャーの世界にもいるんだ、竹原さんのマネージャーが自分に興味を持ってくれているんだと思って、マネージャーに「やります」と伝えました。

――よく32歳で仕事も安定しているのに決断できましたね。

Nakamura 不安だったんですけど、会社の上司に事情を話したんです。それまで私が音楽をやってたことなんて誰も知らなかったし、車のエンジンを作る会社で音楽とは無縁だったので、中途半端に音楽をやっているとは言えない空気でした。その上司は最初びっくりしていましたけど、「BARBEE BOYSの杏子さんが所属する事務所じゃん!俺大ファンなんだよ。その年で声をかけてもらえるなんて、人生にそうそうないことだからやってこい!ダメだったら戻ってくればいいじゃん」と言ってくれて。それで決断できました。

――理解のある上司だったんですね。最後に、将来に悩むティーンにアドバイスをお願いします。

Nakamura そのまま夢に向かってパン!と進める人もいれば、いろんな事情で夢に直線で進めなくて遠回りしなきゃいけない人もたくさんいると思うんです。でも私は遠回りしたことで、「10年前にあったことが、こんな良い形になるの?」みたいなことが多かったので、今は一直線に進めない若い方も、やりたいことを続けていれば、後で素敵な形になって戻ってくるので、何事も諦めずに継続してください。

Information

Major 6th Album『Momi』
2021年7月21日リリース
価格:2,970円(税込)
レーベル:日本コロムビア

M1.drop by drop
M2.投げキッス
M3.畑
M4.私の仕事
M5.いただきます
M6.一服
M7.1の次は<テレビ東京系ドラマParavi「にぶんのいち夫婦」エンディングテーマ>
M8.ご飯はかために炊く

Nakamura Emi

ミュージシャン

神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。様々な職種を経験する中で、色々なジャンルの音楽に出会い、歌とフロウの間を行き来する独特なスタイルを確立。小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは心の奥底に突き刺さる。2016年1月20日、日本コロムビアよりメジャーデビューアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』をリリース。2021年、3ヶ月連続デジタルリリースと題し、4月16日第1弾デジタルシングル「私の仕事」、5月21日第2弾「投げキッス」、6月18日第3弾「drop by drop」をリリース、6月2日にはドラマParavi「にぶんのいち夫婦」エンディングテーマ「1の次は」をデジタルリリースした。7月21日には、メジャー6枚目のアルバム『Momi』をリリース、9月からはアルバムを携えた全国25公演ツアーを行う。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi