Contents

格闘ゲームのeSportsキャスターは国内に10人前後

―eSportsキャスターとは分かりやすく言うと、どのような職業なのでしょうか?

なない メインでやっているのは格闘ゲームの大会の実況と解説です。大会を盛り上げるために、今何が起きて、どういうことが行われているのか、だからこのプレイヤーはすごいぞというのを分かりやすく説明するように心がけています。

―YouTubeチャンネルもやってらっしゃいますが、こちらもお仕事の一環ですか?

なない YouTubeは完全に趣味です。もともと配信はやっていたので、基本的にマイナスになることはないかなと。ただプレイヤーはもちろん、キャスターも配信活動は大切で、自分の人となりを知ってもらうためにやっている部分もあります。とはいえ、そこまで堅苦しい宣伝とかはしてなくて、基本的にはゲームをやったり、他のプレイヤーと交流したりしています。

―ゲームによって、それぞれeSportsキャスターがいらっしゃいますが、格闘ゲームに限って言うと何人ぐらい日本にいらっしゃるんですか?

なない 本当に少なくて、格闘ゲームメインでキャスターとして一線で活動している人は僕を含めて10人前後です。

―なないさんは格闘ゲームの中でも『ストリートファイターⅤ』(以下、「ストⅤ」)をメインに活動されていますが、知識だけでなくプレイヤーとしての実力もないとダメなのかなと素人目に見て思うのですがいかがでしょうか?

なない もともと僕自身がプレイヤーとしてプロの方とも対戦していました。機会があってこういう活動をするようになったので、ある程度はやり込んでいます。ただ間違ったことをしゃべっていなければプレイヤーとしての実力は不要だと思います。そこまでプレイは上手くないけど解説が上手かったり、世界中のシーンを追っていて知識が膨大にあったり、そういうキャスターの方もいらっしゃいます。

―なないさんはお仕事に生かすために、プライベートで「ストⅤ」をプレイすることも多いんですか?

なない 配信上でプレイすることが多いです。これまでもプレイしてきた蓄積がありますし、他のプレイヤーや大会の配信を見て、情報を仕入れることも多いです。

―なないさんはプロゲーマーとの交流も深いですが、そこから得られる情報も大きいですよね。

なない そうですね。トッププロの間では、「ストⅤ」はオフラインが主流なのですが、僕も日常的に参加して情報交換もしますし、実際に対戦もしていました。たとえばキャラとキャラの組み合わせによって「どちらのキャラが有利なの?」とか、「さっきの連携ってどういう仕組みになっているの?」とか、対面のほうが質問もしやすいですね。実況解説をしているときも、そういう突っ込んだ話を入れたほうが、プレイヤーも視聴者も面白いと思います。今はコロナ禍なので、それができなくなっていて苦労するところがあります。

―なないさんは現在、専業のeSportsキャスターとして活動されていますが、2019年から今年4月まではプロゲーミングチームとマネジメント契約を結ばれていました。どういうきっかけで契約をされたのでしょうか?

なない もともとエンジニアをやっていて、メーカーで製品開発をしていました。それと並行してキャスターの仕事もやっていました。会社として副業OKではあったんですけど、なかなか融通は利かなくて、かなり無茶なスケジュールでした。海外の大会だと、日本時間の土日の深夜から朝まで行われることが多かったです。可能な限り休暇を使ってスケジューリングをしていましたが、夜通しキャスターをやって、そのまま徹夜で会社に行くという感じでした。平日に来る仕事は断っていたので、もったいないなと思っていました。そんな時にバーニングコアに所属している立川選手から、「うちのチームでキャスターを探している」ということでオーナーを紹介してもらいました。

大学院修了と就職までの期間に「ストⅤ」と出会った

―ゲーム遍歴についてお伺いします。いつ頃からゲームが好きになったんですか?

なない 僕が1、2歳ぐらいの頃から親がスーパーファミコンをやっていて、その影響で物心をついたときからゲームが好きでした。格闘ゲームにハマったのはもっと後で、高校生のときに友達とゲームセンターに出入りすようになりました。がっつりやり始めたのは2012年くらいです。

―その頃、今や世界に名が轟く梅原大吾さんは、すでにプロゲーマーになられていましたよね。
なない そうですね。ちょうど動画サイトが流行り始めた時期です。特にニコニコ動画がブームになっていて、よく格闘ゲームの動画を見ていました。今トッププレイヤーとして活躍されている方たちも、その頃から活動されているので、みなさん名前を知っていました。

―ずっと格闘ゲーム一筋だったんですか?

なない それほどでもなかったですね。もともと格闘ゲームは『GUILTY GEAR』や『MELTY BLOOD』などカプコン以外のタイトルをやっていました。大学に入る前後に『ストリートファイターIV』が出て、それで触り始めた感じです。ただ、やり込んでいたわけではなく、むしろネットゲームやMMORPGなど、PCゲームをやっていました。ただ2016年2月に「ストⅤ」が発売されたとき、ちょうど大学院修了に向けた研究発表が終わって、就職するまで2か月ほど暇な期間がありました。それで、めちゃくちゃ「ストⅤ」をやり込んで、大会でも優勝したりしていました。そのときに若手プレイヤーとの交流も深まって、知り合いも増えていきました。「ストⅤ」の発売のタイミングが少しズレていたら、今の仕事には就いてなかったでしょうね。

―格闘ゲームの中でも「ストⅤ」はプレイヤー同士の仲が良いですよね。

なない もともとは対戦を通じて、それぞれを攻略するというスタンスだったのですが、ある時期から海外のプレイヤーに勝てなくなってきました。みんなで集まってやったほうがいいのではという流れになって、東京付近にいる日本のプレイヤーたちが集まってきました。

―なないさん自身、プロゲーマーになりたい気持ちはありましたか?

なない なかったですね。絶対にしんどいじゃないですか(笑)。間近で見ていたから大変さも分かりますし、やっぱり自分は趣味でゲームをやるのが好きなんですよね。

―どういう経緯でキャスターをやることになったのでしょうか?

なない 秋葉原に「e-sports SQUARE」という日本初のeスポーツ専用施設があって、そこで毎週水曜日に対戦会をやっていて、ずっと通っていました。主催の方が仕切りもやっていたんですけど、人手が足りなくて、「誰か進行や実況をやってくれない?」と相談を受けました。それがきっかけでお手伝いをするようになりました。当時は今よりもキャスターの数が少なく重宝されていたので、知り合いのキャスターが仕事を紹介してくれることで、活動の幅が広がっていきました。

―もともとしゃべるのは得意な方だったのでしょうか?

なない むしろ高校までは苦手で、あんまり人前でしゃべれなかったです。でも大学時代、ゲームセンターで1年ほどアルバイトをしていて、フロアマイクをやっていました。たとえばメダルフロアで、お客さんがパチスロを当てたら「当たりました!」と店内アナウンスをしたり、新台やクレーンゲームの新商品が入荷したら紹介をしたり。全く得意ではなく、半ば無理やりでしたが、やっているうちに慣れてきて、それが一番の経験値になっています。

―格闘ゲームの実況はアドリブも多いですが、最初からスムーズに実況できるものなのでしょうか?

なない もともとプレイヤーとしてプロの人たちと対戦していましたし、全キャラクターが頭に入っていたので、かなりスムーズにしゃべれたと思います。もちろん回数を重ねていく中で、事前に参加プレイヤーのリプレイを見て調べるなど、ちゃんと下準備をするようになりました。もともとゲーム動画が好きなので、自然と分析的に見られるようになりました。

中学時代から就職のためにプランを先々まで決めていた

―ゲーム業界の仕事に携わりたい気持ちは学生時代からありましたか?

なない 中学生の時点でゲーム開発に携わりたいなと思っていました。その目標のために先々までのプランを決めて、理系に強い高校を選んで、卒業後は電気通信大学に進学しました。ただ、ある程度勉強をしたりして、業界を調べていくと、ゲームをプレイすることとゲームを開発することは大きく異なることも分かりました。ゲーム開発はゲームを作るのが好きな人が入るべきだという結論に至り、その夢は諦めました。

―どうして大学院に行こうと思ったのでしょうか?

なない 一応、大学のときに就職活動もしましたが、お試しみたいな感じでした。本当に行きたい企業だけ受けて、もしも受かったら、そのまま就職しようと思っていました。ただ結果的には、上手くいかなくて大学院に進学しました。大学院に行った方が就職率も良いですし、金銭的な効率を考えても、1~2年働くだけで2年間の学費を取り戻せるんですよね。実際、大学院に進学して希望していた会社に入ることができました。

―学生時代から人生設計がしっかりされていますね。

なない いやいや。高校時代はゲームをやりすぎて、めちゃめちゃ成績が悪かったです(笑)。テストの前だけ勉強するダメな学生でした。高校3年生の定期テストで0点を取ったこともありました。でもやればなんとかなると思って、2カ月ぐらいめちゃめちゃ集中して勉強して志望校に受かりました。そのときは先生に呼び出されて、「なんで受かったの?」って聞かれました。大学でも留年するほどではないですが、単位も落としていましたし、その場しのぎのタイプでしたね。

―最後にeSportsキャスターに興味のあるティーンにメッセージをお願いします。

なない よくキャスターになりたいという相談を受けるのですが、まずはたくさんゲームをプレイして、もっともっとゲームを好きになって欲しいです。あくまでキャスターは裏方で主役はプレイヤーです。シーン全体を好きになって、自分が前に出るのではなく、そのゲームの魅力やプレイヤーのすごさを伝えたいという思いがあるなら、ぜひeSportsキャスターを目指してください。

なない

eSportsキャスター

1990年生まれ。神奈川県出身。グッドエイトスクアッド株式会社所属。大学院卒業後、一般企業で働きながらeSportsキャスターを兼業。プロゲーミングチーム「バーニングコア」とのマネジメント契約を経て、今年5月から専業eSportsキャスターに。キャスターとしての主な出演は「CAPCOM」公式大会、「RAGE」など。

Interviewer:Takahiro Iguchi