Contents

eスポーツ元年に新規事業の話が舞い込む

――プレイヤーからeスポーツに関わる仕事に就くきっかけを教えてください。

中野 2018年は「eスポーツ元年」とも言われ、メディアなどでも注目が高まり始めた年なのですが、当時勤めていた会社の社長が、たまたまテレビで「DetonatioN Gaming」の梅崎社長の話を聞き、eスポーツ事業に関心を持ったんです。そこで、以前ゲーム大会で優勝した経験があると話したことがあった自分に、「eスポーツを新規事業でやってみないか」と声がかかりました。

――もともとeスポーツの仕事に興味はあったのですか?

中野 プロとして最前線で活躍するウメハラ(梅原大吾)さんやときどさんのことは動画などで観ており、凄いな、上手いなと思っていました。しかし、eスポーツの業界がどういったものなのか、何をすればいいのかが全くわからない状態だったので、話をいただいたときは悩みました。最終的には、そのときに社内でやっていた仕事にやりがいを感じていなかったことと、この先伸びる可能性があるゲームの仕事を面白そうだなと感じたことで、手探りの状態からチャレンジしてみることに決めました。

――実際に始められたときの状況はどのようなものでしたか?

中野 事業部を立ち上げてから半年くらいは、選手としての活動がメインでした。社内の一角にモニタやプレイステーション4を会社が用意してくれて、そこで一日、お給料をもらいながらゲームをしていました。ちょうどその頃、『ストリートファイター』シリーズが30周年ということで、過去のタイトルを詰め合わせた『ストリートファイター 30 th アニバーサリーコレクション』が発売され、海外でも賞金付きの大会が開かれていたんです。そこで『ストリートファイターZERO2』の大会で優勝した大貫さん、『スーパーストリートファイターIIX』の大会で優勝したFoo助さんと共に、フロリダの格闘ゲーム大会「CEO2018」に出場。全員がベスト8に残るという結果を残すことができました。

――そこから法人化をする経緯はどういったものだったのでしょうか?

中野 その当時はまだスポンサーを獲得するという考えを持っていなかったので、海外大会に行くとなると、費用は会社からの持ち出しとなり、すべて赤字でした。事業化するには利益を出さなければいけないので、2019年2月に「株式会社スサノオ」として法人化をし、同時にeスポーツ施設を立ち上げ、本格的にeスポーツ事業に参入することになりました。

――現在の事業内容はどのようなものになりますか?

中野 事業は大きく3つです。イベントの企画運営事業、SG8(スサノオゲーミング8)のチーム運営事業、eスポーツ施設「Area8(エリアエイト)」の運営事業です。

――イベントの企画運営とは主にどのようなことをされるのでしょうか?

中野 企業からeスポーツを使ったイベントをやりたいという依頼が来たときに、何のゲームを使うのか、会場をどこにするのか、大会形式にするのか、エキシビションにするのか、プロゲーマーを呼ぶのか、実況や解説は必要なのか、大会のルールはどういったものにするのかなど、企画の立案から実際に人員を配置しての運営、機材を導入しての演出、配信に至るまで幅広く行っています。

――チームの運営とはどのようなものになりますか?

中野 プロ選手やストリーマーと契約を結び、マネジメントや、活動のサポートをしています。7月に株式会社antrerが運営する「KURENAI GAMING」と合併をし、国内最大規模の新チーム「GUREN」として新たな活動を始めました。

――運営されているeスポーツ施設「Area8」についても教えてください。

中野 社内に併設されたスペースに、テーブルと椅子、モニタを設置してあり、2〜30名が収容可能となっています。大会で使用できるようなステージを用意し、その横には実況席や解説席、配信を行うための機材を設置したスタジオを設けているため、大会の開催から配信までをワンストップで行えるようになっています。現在はコロナ感染対策も厳重に行った上で、コミュニティなどの希望者に貸し出しをしています。

――eスポーツ事業を始める上で、苦労された点はありますか?

中野 ゲームをビジネスとする上で、著作物を扱ってお金を稼ぐというのは大変だなと実感しました。イベントで使用するための使用許諾をとるのにも、日時や場所、どのような使い方をするかなど詳細に申告しなければならず、時にはロイヤリティなども支払わなければいけません。メーカーの大切な著作物を使用させていただくわけですから、今考えれば当たり前のことなんですが、始めた頃はまだ知識が浅く、その点は苦労しましたね。

自社がメインとなって大規模の大会を開けるようになりたい

――この数年でeスポーツの認知度に変化は感じますか?

中野 eスポーツという言葉の認知度はだいぶ上がってきたと思いますが、それでも全く知らなかったり、「どうせゲームでしょ」と思っている世代の方もまだまだ多いです。そういった方に説明する際は、自分が相手になって、一緒にゲームをやってもらうんです。もちろん片手だけでプレイするなどのハンデをつけるのですが、実際に体験することで、喜んでもらえることが多いですね。こうしたやり取りから、実際にイベントが決まったこともあります。

――現在は20名程度、選手やストリーマーが所属されているとのお話もありましたが、選手を選ぶ基準はありますか?

中野 もちろん強くて結果を出している選手も良いのですが、まだ目立った成績を残せていない選手でも、日本一、世界一を目指すという思いがあり、これからの伸び代があるような方を獲得していきたいと考えています。

――現在、所属されている選手はどのようにして獲得されたのでしょうか?

中野 スカウトや知り合いの紹介もありますし、募集をかけて、それに応募してきた方もいらっしゃいます。飛び込みで売り込みにくる方も多く、そういった方でも、戦績などを送ってもらって、直接お話をさせていただいた上で、会社が目指す方向性と近く、一緒にやっていけそうな選手であれば、獲得していきたいと思っています。

――今後、力を入れていきたいタイトルなどはありますか?

中野 まだ設立していない部門ということで、世界的に人気があるPCゲームのFPSタイトルに注目しています。『VALORANT』や『Apex Legends』などは、今後も大きな大会が増えていくと思っていますし、チーム設立に向けて興味があります。

――これからeスポーツに関連する仕事を目指すティーンに向けて、アドバイスをお願いします。

中野 今後eスポーツが発展していく中で、何かのタイトルに特化した知識を持った人材は求められると思います。大会などの運営をする仕事でいえば、審判業務やゲーム内カメラの操作をする人。他にも、ゲーム内で何が起きているのかを的確に話せる実況者や解説者などです。自分が何をやりたいかが一番大事ですが、何に特化するかをあらかじめ考えておくことも良いと思います。とはいえ、どんなにそのタイトルが好きで、知識があっても、大会やイベントが行われなければ仕事にはなりません。今業界で何が流行っているのか、これからどんなタイトルが流行りそうなのかを、一歩引いた視点から見るのも必要になると思います。

――最後に今後の活動の目標を教えてください。

中野 ネットで対戦ができる現在の状況は素晴らしいと思います。しかし、同じ場所に集まり、熱狂し、コミュニケーションを取りながら盛り上がるのが一番楽しいんです。自分も選手として、オフラインの大きな大会に参加したいという気持ちがあります。あの興奮は現場でないと味わえないんです。なので、現在の状況が収束したら、そういった機会を作りたいですし、自社がメインとなって大規模の大会を開けるようになりたいです。

中野貴博(中野サガット)

株式会社スサノオ代表取締役

1978年8月23日生まれ。2018年にeスポーツ事業を開始し、2019年に株式会社スサノオ代表取締役に就任。大会、イベントの企画運営、eスポーツチーム「SG8」や、eスポーツ施設「Area∞」の運営などを手掛ける。選手としては、中野サガットという名前で活躍しており、「ストリートファイターIIターボ チャンピオンシップ’93in国技館」優勝、「EVO2019」スーパーストリートファイターⅡX部門優勝、「EVO Japan 2020」ストリートファイターII’ターボ部門と、ウルトラストリートファイターⅡ部門優勝などの華々しい実績を残している。

Interviewer:Fumito Makino