Contents

「こういう映画に出たくて俳優になりました」という声が多かった

――2018年公開の『孤狼の血』第1作目の反響は凄まじかったですね。

白石 東映からのオファーが「めちゃくちゃ暴れてくれ」というものだったので、ファーストシーンから豚のうんこを食わせたりして(笑)。それが、あんなに褒められるとは思ってもいなかったので、戸惑いのほうが大きかったです。「怖くて見られなかった」「エグいのは苦手」という声も多かったですけどね。

――前作が大ヒットして、続編のプレッシャーはありましたか?

白石 原作にも『凶犬の眼』という続編があるんですが、前作で原作とは結末を変えたこともあって、「このままじゃできないけどどうしよう」という話になりました。ある種オリジナルに近い形なので、そこまでプレッシャーはなかったです。全くなかったと言ったらウソになりますけどね。先ほどお話ししたように褒められるべくして作った映画でもないので、脚本家の池上さんとは、「前作で褒められようと思った?」「いや、思っていない。今度こそ褒められない映画を作りましょう」というやり取りからスタートしました。

――前作公開時に、白石監督にインタビューさせていただいたとき、「東映から『仁義なき戦い』のような熱量を取り戻したいと言われた」と仰っていたのですが、今回も『仁義なき戦い』は意識しましたか?

白石 そこまで意識してないです。前作も『仁義なき戦い』というよりは、同じ深作欣二監督で〝東映実録やくざ映画〟の系譜に連なる『県警対組織暴力』を意識しました。今回、意識したとしたら、やはり深作監督の『やくざの墓場 くちなしの花』で、警察映画の延長として考えていました。

――深作監督作品でいうと、鈴木亮平さんの演じた上林成浩は『仁義の墓場』の主人公・石川力夫を彷彿とさせる凶暴性をひしひしと感じました。

白石 それはありますね。確かにクランクイン前に『仁義の墓場』は見ました。賭場のシーンがあるんですけど、これまで撮ったことがなかったので、深作監督はどんな感じで撮っていたのかなと参考にしました。

――今回は若い役者さんがキャストの中心になっていますが、東映実録やくざ映画のテイストを理解してもらうために参考映画などは見てもらったのでしょうか?

白石 『やくざの墓場 くちなしの花』は見てもらいましたけど、それぐらいです。年齢に関係なく『仁義なき戦い』などの深作監督作品は普通に見ていますからね。「『孤狼の血』に出演する以上は見ておこう」みたいなのもあると思いますし、「こういう映画に出たくて俳優になりました」と、みんな言ってくれるんですよ。前作の公開後、会う俳優会う俳優から「僕も広島に行きたいです」みたいなアピールが結構あったんです。そのおかげで今回のキャスティングをしやすかった部分もあったと思います。

――今回はリスペクト・トレーニング(制作現場でキャスト・スタッフが安心して働ける環境を作るための取り組み)を導入したことも話題になりました。

白石 日本映画界は連綿と体育会系的なノリが残っていますから、そういうところから変えていかないと世界から置いてきぼりをくらっちゃうなと。それにリスペクト・トレーニングを導入したからといって、作品の善し悪しに影響はないですからね。

――反響はいかがでしたか?

白石 良い取り組みだと言ってくれる人もいましたし、舞台関係者など違う業界からも「ニュース見ました」と声をかけてくれる人がいました。一方では変わらず現場でハラスメントをしている人がいるという話も聞こえてくるし、まだまだ道は長いですね。

松坂桃季は前作より俳優として大きくなった

――メインキャストについてお伺いしますが、鈴木さんを起用したポイントは?

白石 前作の『ひとよ(一夜)』で初めて一緒に仕事をして、彼の俳優としてのアプローチなどに深く感銘を受けまして、この悪役をやれるのは亮平君しかいないんじゃないかと思いました。背も高いしガタイもデカいし、松坂桃季くんも背が高いから、それに引けを取らないのもいいなと。悪役として作り込まなきゃいけない役柄ですが、役の作り込みも亮平君は信頼できるんです。

――鈴木さんは「いい人」の役が多いですよね。

白石 映画でも悪役は『TOKYO TRIBE』くらいで、やっぱりいい人の役が多いですよね。でも、楽しんでやってくれていました。基本、自分の出番がないときも現場にいましたし、映画そのままに上林組の若い衆を連れてメシを食いに行って、その後に必ず現場に来て茶々を入れていました(笑)。

――松坂桃季さんは1作目と比べて変化はありましたか?

白石 自信がついたというか、前作の後に主演した映画『新聞記者』で高い評価を受けて、俳優として大きくなった印象です。桃季君は作品選びがちょっと変わっているんですけど、そこも面白いですね。

――今回のキャストで異色だったのは中村梅雀さんで、飄々としたキャラクターが印象的でしたが起用のポイントは?

白石 梅雀さんは何かのドラマをぼんやりとみていたときに、芝居が本当に良くて引き込まれました。前から仕事してみたいと思っていたんですが、なかなかタイミングがなくて。今回ようやく初めて仕事ができたので嬉しかったですね。自分の立ち位置や見え方を熟知していて、こちらが1つ言ったことを10理解してくれるので心強かったです。

――ヒロインの西野七瀬さんは、最初は彼女と気付かないくらい感情を剥き出しにした演技が圧倒的でした。

白石 髪を染めるのも初めてと言ってました。確かに清楚なイメージが強いですけど、乃木坂46にいたときから、彼女には内に燃えるような何かがある気がしていたんです。今回の役柄は本人にとって挑戦だったと思いますが、こちらの期待に応えてくれました。

――吉田鋼太郎さんのコミカルな演技も見ものでした。

白石 鋼太郎さんは桃季君が紹介してくれたんですよ。一緒に鋼太郎さん演出の舞台『ヘンリー五世』を見に行ったときに挨拶をさせていただいて。その縁もあってオファーをしたら二つ返事でやってくれました。テレビドラマの撮影も重なって大変そうでしたけど、楽しんで演じてくれましたね。

映画の世界に進むならたくさんの映画を見るべき

――監督のキャリアについてお伺いしたいのですが、映画に興味を持ったのはいつ頃ですか?

白石 中学・高校ぐらいからで、映画雑誌の『キネ旬(キネマ旬報)』を毎月読んでいましたし、学校をサボって地元の名画座に通っていました。ちょうど『仁義なき戦い』がビデオ化されたこともあって、家でもたくさんの映画を見ました。

――高校時代から映画監督を志していたんですか?

白石 映画のスタッフになりたいという気持ちはありましたけど、監督になれるとは思っていなかったです。高校卒業後、札幌の映像専門学校に行ったんですけど、いい就職先がなくて。だったら東京で映画のスタッフになろうと上京しました。でも東京には自分なんかよりも数多くの映画を見ている人がたくさんいて、こういう人たちが映画を撮っていくんだろうなと思いつつ、僕も頑張って映画を見ていました。

――その後、若松孝二監督に師事するんですよね。

白石 若松プロダクションで助監督を始めました。現場は辛いことも多かったんですけど、水が合ったのか楽しくて。ひたすら映画を見て、現場もこなすという毎日でした。若松さんは映画を撮りだすと、常軌を逸しているところがあるというか。間近で見ていたので、「こういう人が監督になるものなんだ」と思っていました。なので、自分が監督になれるとは思っていなかったです。

――長い助監督経験で得たものはなんでしょうか?

白石 演出の引き出しは増えますよね。あと映画を作る現場って、やりたいことをやるだけじゃないんです。時間がない、予算がないといった状況の中で、いろんなアイデアで上手く見せていく方法は、数多くの現場を経験することで身に付きました。あまり助監督の経験がない人に比べたら、映画作りのコツみたいなのはわかっているかなと思います。

――どういう経緯で監督デビューをしたのでしょうか?

白石 助監督を十何年もやっていたら三十代半ばになって、それだけ経験を積むと、いろいろ映画のこともわかってくるんですよ。そうすると「この監督よりも俺のほうが面白い画が撮れるんじゃないか」と思うことも増えてきたんです。そのときに年齢も年齢だし、いつまでも助監督をやってられないから、1本映画を撮って辞めようかなと考えました。それで自主映画に近い形で『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を撮ったら、いろいろと縁ができて『凶悪』を撮る機会に恵まれました。

――『凶悪』は映画ファンの間で大きな話題になって、その年の映画賞を総なめにしました。

白石 メインキャストのピエール瀧さんとリリー・フランキーさんに「この映画、誰が見るの?」って何度も言われたんですよ(笑)。僕自身も「ですよね」なんて言って。リリーさんなんて「こんな映画がヒットする世の中に俺は住みたくねえよ」とまで言ってましたからね。ところが公開後に、いろいろと評価されて、あちこちから監督のオファーをいただくようになったんです。もともと監督になれると思っていなかったですし、デビューしたのも遅かったので、こんな自分でもオファーがあるのはありがたい。「ぜひやらせてください!」みたいなことが続いて、今に至ります。なので、いまだに「なんで映画を撮れているんだろう?」と不思議に思うことがあります。

――多いときは1年に3本ペースで映画を監督されています。

白石 もうへとへとですよ(笑)。去年、コロナ禍で撮影が延期になった映画があって、久しぶりにゆっくり休むことができました。

――若松監督も全盛期は多作だったことで知られていますが、その影響はありますか?

白石 もちろんあります。僕が若松プロにいたときは、あまり若松さんは映画を撮らなくなっていたんです。でも60年代後半から70年代初頭の若松プロをモデルに僕が撮った映画『止められるか、俺たちを』の頃は、ピンク映画とはいえ1年に7本撮るなど無茶苦茶だったので、それに比べると僕なんてたいしたことないです。

――監督オファーがあったときの、作品選びの基準は何でしょうか?

白石 自分の心が動くかどうか、情熱はあるかどうか、ですね。

――最後に映画の道に進みたいと考えているティーンにアドバイスをお願いします。

白石 まず人に興味を持つことが絶対条件。あと映画をやるのであれば、映画を見るしかないと思うんですよね。映画を見る力がない人は、なかなか映画作りを持続できない傾向があります。本当に興味があるかどうかは、映画を見ているかどうかと、ほぼイコールに近いんです。

――映画を見る力というのは具体的にどういうことでしょうか?

白石 映画って、全部見ようと思ったって世界中で年間何万本も作られているので見られないですよね。だけど系統立てて見ようと思えば、自分の工夫次第で主要な作品は見ていけるんです。大切なのは、ただ見るのではなく、学ぶという意識を持って見られるかどうか。たとえば高名な映画監督が選んだ50本の映画があったとして、ただ見ても力はつかない。自分で考えながら見るということが実は非常に重要で、映画を見るというのは、その中で自分が何に興味があるかを発見していく作業でもあるんですよね。あとは技術や物語の構成を、どう意識して見ていけるか。それを見つけるためにも、できるだけたくさんの映画を見てください。

Information

『孤狼の血 LEVEL2』
2021年8月20日(金)全国公開

松坂桃李 鈴木亮平 村上虹郎 西野七瀬
音尾琢真 早乙女太一 渋川清彦 毎熊克哉 筧美和子 青柳翔
斎藤工・中村梅雀・滝藤賢一 矢島健一 三宅弘城 宮崎美子
寺島進 宇梶剛士 かたせ梨乃 中村獅童 吉田鋼太郎
監督:白石和彌 原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA刊) 脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
企画協力:KADOKAWA
配給:東映
©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれ殺害されたマル暴の刑事・大上の後を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡(松坂桃李)。しかし、刑務所から出所した“ある男”の登場によって、その危うい秩序が崩れていく……。やくざの抗争、警察組織の闇、マスコミによるリーク、身内に迫る魔の手、そして圧倒的“悪魔”=上林(鈴木亮平)の存在によって、日岡は絶体絶命の窮地に追い込まれる。

公式サイト

公式Twitter

公式Instagram

白石和彌(しらいし・かずや)

映画監督

1974年12月17日生まれ。北海道出身。中村幻児監督主催の映像塾に参加。以降、若松孝二監督に師事し、フリーの演出家として活動。2010年、初の長編映画監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で脚光を浴びる。『凶悪』(2013年)で第37回日本アカデミー賞優秀作品賞・脚本賞をはじめ、数多くの映画賞を受賞。主な監督作品に『日本で一番悪い奴ら』(2016年)『牝猫たち』(2016年)『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)『サニー/32』(2018年)『孤狼の血』(2018年)『止められるか、俺たちを』(2018年)『麻雀放浪記2020』(2019年)『凪待ち』(2019年)『ひとよ(一夜)』(2019年)。

Photographer:Masahiko Matsuzawa,Interviewer:Takahiro Iguchi