Contents

人見知りなところがあって他人にフィルターをかけてしまいがち

――『子供はわかってあげない』は人気コミックが原作ですが、コミックのキャラクター・書道部のもじくんを演じる難しさはありましたか?

細田 台本を読ませていただく前に原作を読んだんですが、柔らかいタッチの世界に生きているもじくんを台本に当てはめたときに、自分が演じられるかどうかというプレッシャーを一番に感じました。ただ最初に沖田修一監督が「あまり考えすぎたり、原作にとらわれたりしなくていい」と仰ったので、そこからは原作に引っ張られることはなかったです。

――演じるにあたって、もじくんにはどんな印象を受けましたか?

細田 来るもの拒まずというか、温かさと優しい性格が一番の特徴だなと思いました。僕自身は人見知りなところがあって、他人にフィルターをかけてしまいがちなんです。もじくんみたいに誰でも受け入れるような柔らかさは自分に無いので羨ましいですね。

――もじくんの優しさは、細田さんが初主演を務めた映画『町田くんの世界』の町田くんと共通するものを感じました。

細田 確かに似ていますね。まあ町田くんももじくんも変わり者で、普通の高校生ではないと思いますが(笑)。

――『子供はわかってあげない』のトップシーンは、いきなりオリジナルアニメ『魔法左官少女バッファローKOTEKO』から始まるので面を食らいました。

細田 撮影中は、色のない絵コンテ状態で、ざっくりと声優さんの声が入っている程度の映像だったので完成形は見ていなかったんです。いざ試写を見たら、いきなりアニメから始まったので、僕も一瞬「ん?観る映画間違えたのかな」と思いました(笑)。

――劇中アニメとは思えないほどクオリティが高いですよね。

細田 クオリティの高さにびっくりしました。アニメを制作したスタッフさんが第一線で活躍している方ばかりですし、僕自身アニメが大好きなので、参加した声優さんの豪華な顔ぶれを知ったときは「すごっ!」と納得しました。

――上白石萌歌さん演じる美波ともじくんの、アニオタ同士の独特の掛け合いがハマっていました。

細田 ありがとうございます!もともとオタク気質ではあるので、自然と演じることができました。

――沖田監督から役作りなどで指示はありましたか?

細田 原作を意識し過ぎなくていいという話が出た後に、「もじくんっぽさは台本のセリフに散りばめてあるから、細田君らしくやってほしい」と言われました。ただ自分らしくって何だろう……と悩みました。撮影中も沖田監督から細かい指示はなかったのですが、撮影が終わるまでその一言に悩んでいましたね。

――撮影は順撮りだったんですか?

細田 ほぼそうですね。わりと物語に沿って撮ってくださったと思います。なので、もじくんが一皮剝けて、美波に対する気持ちに気づいていく過程は自然と演じることができました。

――冒頭から長回しのシーンが多いですが、撮影前からそのことは言われていたんですか?

細田 言われていました。前半部分で学校の階段を下りながら美波と話して、外に出てからも会話が続くシーンがありますが、ここで長回しをするんだと戸惑いました。事前にリハーサルもやらせていただいたんですけど、実際の学校で演じるとなると、また勝手が違うんですよね。

――長回しは作為的になる危険性もありますが、本作では自然に取り込まれていたので、すぐには長回しと気づきませんでした。

細田 そうですね。沖田監督の中で、そこで生まれたものを大切にしようという意識があったからだと思います。

――演じる側として長回しのシーンはどういう意識で臨んでいるんですか?

細田 いつも以上に緊張感のスイッチが入るので、楽しいは楽しいんですけど、すごく気持ちが引き締まります。

上白石萌歌から学んだ撮影現場でのスタンス

――撮影現場での上白石さんはいかがでしたか?

細田 僕はもじくんを演じるのに一生懸命で、あまり余裕がなかったん
ですけど、萌歌ちゃんが常に僕を引っ張ってくれていたので最初から最後まで助けていただきました。役や作品に向き合う姿勢は、すごく勉強になりました。

――どういうところに上白石さんのすごさを感じたのでしょうか。

細田 主演なので出ずっぱりな上、真夏の撮影だったので暑いですし、海やプールに浸かるシーンが多いから、かなり大変だったと思うんです。それなのに、ずっと笑顔で現場を明るくして、ちゃんと美波ちゃんでい続けてくださったんです。そのスタンスは見習わなきゃいけないなと感じましたし、今も萌歌ちゃんのようなスタンスを持ち続けるように意識しています。

――美波役がすごくハマっていたので、上白石さんは美波そのものという印象を受けました。

細田 美波のように自分から行動を起こすタイプかどうかまではわからないんですけど、活発なところは似ているなと感じます。沖田監督がこだわって美波役に萌歌ちゃんを選ばれたと思うので、イメージは近いはずです。

――ベテランの役者さんもいれば子役もたくさん出演している作品ですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

細田 もっとガヤガヤするのかなと思っていたんですけど、沖田監督の温かい人柄がスタッフさんと出演者にも伝播して、常に温かい現場でしたし、年齢に関係なく上手く調和しているなと感じました。沖田監督が撮っていなかったら、こんなに優しい作品にはならなかったんじゃないかなと思うぐらい、現場の雰囲気が投影された映画に仕上がっています。

――映画の後半、浜辺で美波ともじくんが偶然出会うシーンは、海の美しさも相まって感動的でした。

細田 僕もあのシーンは大好きです!本編では使われていないんですが、もじくんと美波が浜辺を歩きながら話す長回しのシーンがあったんですけど、僕は海にすごく影響されやすいタイプなんです。穏やかな波の音を聴いているだけで落ち着くというか、その場所に溶け込めるような感覚があって、無心で演じることができました。

――もじくんが美波に会うために外を疾走するシーンも、熱い気持ちが伝わってきました。

細田 実際に使われたカットは短いですけど、その日の撮影は朝から夕方まで走るシーンというぐらい、一日中いろんなところを走り続けたんです。でも試写を見る前に、沖田監督から開口一番、「ごめん!全然使ってない」と言われて、実際に映画を見て「なるほど」と(笑)。

――本作の撮影は細田さんが高校3年生のときに行われたそうですが、この春放映された『ドラゴン桜』(TBS系)は高校卒業後の出演でした。現役だった当時と卒業後で、高校生役を演じる上で違いはありますか?

細田 正直、何が変わったかを言語化するのは難しいんですけど、間違いなく『子供はわかってあげない』には、現役高校生のときにしか出せないものを出せている気がします。もちろん沖田監督が上手く引き出してくれたのが大きいんですけど、今演じたら違うもじくんになっていたかもしれません。

池松壮亮との共演はニヤニヤが止まらないほど高揚した

――細田さんのキャリアについてお伺いします。この世界に入ったきっかけは何ですか?

細田 小さい頃からゲームが大好きで、たまたまテレビでゲームのCMを見て、「テレビの中に入ったら、そのゲームができる」と感じたんです(笑)。それで母親に「テレビの中に入りたい」と言ったら、芸能事務所に応募してくれました。誰かに憧れたとか、こんな作品に影響を受けたとか、そういうことは一切ないんですよね。

――役者という仕事に意識的になったのはいくつぐらいのときですか?

細田 『町田くんの世界』に出たときだったので、けっこう最近です。中学時代は事務所のレッスンばかりで、現場に行くことはほとんどなかったんです。演技がどうこうみたいなことは深く考えられませんでした。『町田くんの世界』の撮影を通して、初歩的なことから役作りまで演技とは何か学びました。あと、池松壮亮さんと共演するシーンの撮影で、お芝居がすごく楽しく感じられたんです。ずっと高揚していて、カメラが回っていないときもニヤニヤが止まらないぐらいテンションが高くなっていました。その感覚をまた味わいたいと思って、それを今も追い続けている自分がいます。

――高校時代、学業と仕事の両立はいかがでしたか。

細田 大変でしたね。もともと2つのことを同時にできるほど器用な人間ではないので、どちらかというと仕事に傾きがちでした。幸い『子供はわかってあげない』は撮影が夏休みだったので大丈夫でしたけど、『町田くんの世界』は授業と被っていたので、勉強よりも演技のほうに集中していた気がします。

――現在、大学にも通われていますが、進学しようと思った理由を教えてください。

細田 キャンパスライフとはどういうものなのか、大学生とはどういうものなのかを経験したかったというのが一番の理由です。せっかく行くなら仕事に活かせる大学がいいなと思って、わりと早い段階から芸術系に絞って進学を考えていました。『町田くんの世界』の石井裕也監督にも相談に乗ってもらいながら、いろんなところを見て大学を決めました。

――進路に悩む高校生読者にメッセージをお願いします。

細田 『ドラゴン桜』の撮影でも感じたんですが、高校にはいろいろなタイプの人が集まっているなと思っていて。やりたいことがすでに決まっている人もいれば、まだ決まってない人もいて、多分やりたいことが決まってない人のほうが多いのではないでしょうか。でも今すぐ決める必要はないと思います。誰かに言われてやるよりも、「やりたくてやる」ほうが気持ち的にも楽だと思うので、そういうところを探してほしいです。それは高校生の今でもいいし、大学に入ってから探すのでもいい。もしも自分がやりたいことを見つけられたら、それを実現しやすい大学はどこなんだろうと逆算して考えるのが一番だと思います。

――最後に改めて『子供はわかってあげない』の見どころを教えてください。

細田 コロナ禍で修学旅行に行けなかった高校生も多いと思います。いつも会っていた友達に、なかなか会えなくなったという状況は年齢に関係なくあるはずです。いろいろとマイナスな気持ちになりがちな中、人と人とがつながる温かさを描いた本作を見て、少しでもマイナスがプラスに変わって、みなさんの救いになってくれたら嬉しいです。

Information

『子供はわかってあげない』
8月20日(金)全国ロードショー

出演:上白石萌歌 細田佳央太
   千葉雄大 古舘寛治 / 斉藤由貴 / 豊川悦司
監督:沖田修一
脚本:ふじきみつ彦 沖田修一
音楽:牛尾憲輔
原作:田島列島『子供はわかってあげない』(講談社モーニングKC刊)
企画・製作幹事:アミューズ
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:日活
©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社

高校2年、水泳部女子の美波(上白石萌歌)は、ある日、書道部男子のもじくん(細田佳央太)との運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親(豊川悦司)の居所を探しあてる。何やら怪しげな父にとまどいながらも、海辺の町で夏休みをいっしょに過ごすが……。心地よい海風、爽やかに鳴る風鈴。超能力!?そして、初めての恋に発狂しそう!お気楽だけど、けっこう怒濤の展開。誰にとっても、宝箱のような夏休み。はじまりはじまり~。

公式サイト

細田佳央太(ほそだ・かなた)

俳優

2001年12月12日生まれ、東京都出身。「川獺(かわうそ)」(16/NHK)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(16/和泉聖治監督)、「先に生まれただけの僕」(17/CX)などに出演。また、「FINAL CUT」(18/KTV・CX)で主人公の高校時代を演じ、「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」(18/TX)で特撮ドラマに出演するなど、本格的に俳優活動を始める。『町田くんの世界』(19/石井裕也監督)では1000人超のオーディションを勝ち抜き映画初主演。さらに近年では、『十二単衣を着た悪魔』(20/黒木瞳監督)、『花束みたいな恋をした』(21/土井裕泰監督)、日曜劇場「ドラゴン桜」、「ラブファントム」(21/MBS)など話題作品への出演が続き、今後の活躍が期待される俳優の一人である。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi