Contents

心霊スポットの生配信は自分の記録を残したい気持ちでやっている

――最新刊『死る旅』は、各地の心霊スポットの歴史を深堀しつつ、タニシさんの本音を織り交ぜていく新鮮なスタイルですね。

松原 依頼をいただいて書き始めたものの、正直なことを書かないと、今後も書き続けていくことがしんどくなってしまうと思ったんです。僕が心霊スポットに恐怖を感じなくなっていることや、少し飽きつつあることを言ってはいけない空気があるのは逆になんでだろうと。そもそも、心霊スポットや幽霊は「怖い」ものだということに囚われ過ぎている気がしたんです。

――本書にも「恐怖に慣れてしまった」という記述がありました。

松原 もちろん心霊スポット巡りを始めたばかりの頃は、恐怖心もあったんですよ。暗い場所は怖いし、一般的に怖いとされているものは当然怖いのだろうという先入観もありました。

――タニシさんが注目を浴びるキッカケとなった『北野誠のおまえら行くな。』(エンタメ~テレ)では実際に事故物件に住んで、起こったことをありのままに伝える企画でしたが、事故物件に住むということに対してはどう思いましたか?

松原 事故物件に住むことによって、自分にも何か障りがあるかもしれないという恐れはありましたけど、そんなに抵抗はなかったんですよね。僕は「事故物件住みます芸人」と呼ばれるようになるまでに、演劇をかじったりバンドを組もうとしたり色々とやってきたので、もう自分が何になっても良いと思っていました。何か一つのことを成し遂げたいという想いがあったので、それが事故物件というテーマでもすんなり受け入れることができたんです。

――事故物件に住むことは、仕事という側面以外にも面白さを感じましたか?

松原 事故物件というジャンルを開拓している感覚が面白かったです。自分が事故物件に住んで体験したことを、他の何とも比べられずに世に出せる。他に誰もやっていないことをやるのは刺激的でした。

――『事故物件怪談 恐い間取り』シリーズのヒットや映画化にともなって、「観察する側からされる側になった」ことで、仕事や生活スタイルにも変化があったのではないでしょうか?

松原 SNSが発達している時代だからこそ、ミスはできないな、という想いが強くなりました。いつ誰に見られているかわからないですからね。例えば今までの僕は、家で鼻をかんだティッシュをゴミ箱に投げて、それが入らなくてもほったらかしにしていました。だけど、そういうことすらも気をつけないといけないんだという意識が芽生えました(笑)。

――取材や配信を行う上でも気をつけることがたくさんありそうですね。

松原 心霊スポットの生配信では、人に迷惑をかけないということを今まで以上に心掛けるようになりました。まず人の顔を映さない、法に触れない。地名を明かしているスポット以外では場所を特定されないようにする。叩かれる要素をいかに減らすかが重要になってきます。

――実際に配信がきっかけで叩かれるような経験はあったんですか?

松原 僕はもともと気をつけているほうだったので、配信でのトラブルはほとんどありません。唯一、配信中に「どうしてそこに幽霊がいるのに映さないんだ」というコメントを無視し続けていたらすごく怒られたことはあります。幽霊がいると言われても、僕には見えていないからわからないじゃないですか(笑)。

――たくさんいる視聴者の意見を聞くのは難しいですよね。

松原 個人的に、配信の視聴者は100人ぐらいのときが一番良い雰囲気だと思っています。いつも不思議なんですが、200人を超えると、なぜか盛り上がっている配信の妨害をしようとする人が現れます。「こんなのはどうせ嘘だ」みたいなコメントが増え始める。盛り上がっているのが許せない、という人もいるんだと思います。

――タニシさんの心霊スポット配信は、派手なことをせずに淡々と行っている印象です。

松原 注目を浴びたいというよりは、自分の記録を残したいという気持ちでやっていますからね。

真夜中の神社から聞こえた謎の足音

――『死る旅』のお話に戻ります。本文では触れられていませんが、タニシさんが実際に行った心霊スポット108か所を写真と短文で紹介する「死る旅ギャラリー」も興味深かったです。印象に残っている場所をいくつか紹介していただけますか。

松原 一番怖かったのは静岡の帝山大仁鉱山かもしれません。鉱山の選鉱場の基礎部分だけが残っている跡地なのですが、その近くに山神社というのがあるんです。ついでに行ってみようと気軽に向かったのですが、かなり深い山の中にあって、細い道を分け入って進むしかない。その時に「これは何かあっても誰にも助けてもらえへんな」と思いました。Googleマップを見ながらなんとか歩いていると、あと少しで辿り着くという瞬間、神社のほうからガサガサと足音が聞こえてきたんです。真夜中の時間帯ですから、人がいるとは考えにくい。

――怖いですね……。その足音の正体は?

松原 もしかしたら幽霊だったかもしれないし、同じように見物に来た人かもしれない。だけどその時はまず、熊がいるという可能性を考えてとりあえず逃げました(笑)。

――リアルな命の危険を優先したんですね(笑)。

松原 そうです。怖い、危険とされている心霊スポットはたくさんありますが、基本的に道路や市街地から離れていけばいくほど、あらゆる意味での危険は増していきます。「絶対に逃げられない」というところに一番の怖さがあると思います。逆に言えば、道路に面しているとか、ひらけた場所にあるスポットは安全だと感じています。

――生見海岸の「泳いでいたら花束を投げられる」というのも気になりました。

松原 高知県と徳島県の県境にある生見海岸ですね。ここはサーファーのメッカなんです。僕の当時のバイト先の店長がサーファーだったのですが、あるとき生見海岸へ行って泳いでいたら、自分のほうにたくさん花束が投げ込まれたらしいんです。「なんやこれ」と思っていると、海岸のほうから泣き叫ぶような声も聞こえてくる。怖くなった店長が事情を聞いてみると、前日に起きた落雷でサーファー6人が亡くなる事故があったそうです。亡くなった彼らの遺族や友人たちが海に向かって投げた花束が、何も知らずに泳いでいた店長のほうへ飛んできたということみたいです。

――悲しいエピソードのある場所だったんですね。

松原 僕はたくさんの場所を巡りますが、そこで何かが起きる場所というのはほとんどありません。その場所が、なぜ怖いとされているのか、観察して調べた結果、歴史や逸話を知識として得ることが多いです。

――改めて、『死る旅』の執筆を終えて心境の変化はありますか?

松原 今まで、言ってはいけないことのために嘘をつくのがすごく嫌だったんです。その嘘が、本当に言いたいことではないのに、自分の意見として扱われてしまうことへの違和感がずっとありました。『死る旅』ではそのこと自体を書いてしまえたので、気持ちが楽になりました。

――今のタニシさんが「知りたいこと」は何でしょうか?

松原 変わった生き方をした人たちについて深く知りたいです。例えば一休さんや空海などについて調べていても、結局そういう「生き方」の部分に辿り着く。彼らは生きていて、いろんな壁にぶつかる度に、自分なりに解決していった結果として破天荒な生き方になったと思うんです。偉人たちのエピソードは死後に様々な脚色をされて物語として伝えられていきますが、本当のその人はどんな人だったのか、という本質がとても気になりますね。

親に内緒で松竹芸能の養成所に通う

――昔から周りの物や人をよく観察するタイプだったんですか?

松原 観察するほうでしたね。学校のクラスメイトの性格なども無意識に分析していたように思います。

――学生時代はどんなタイプだったのでしょうか?

松原 学生時代は極端だったんですよね。まず、友達は多いほうが良いと思っている小学生時代、友達は厳選したほうが良いと思いはじめた中学生時代、そして友達なんていないほうが良いと思っていた高校時代がありました。

――確かに極端ですね。友達がいないほうが良いという考えに至ったのはどうしてですか?

松原 何でも0か100か、という思春期の思考だと思います。僕は兄の影響で昔から熱心にお笑い番組を見ていたので、自分よりもお笑いに詳しい同級生は他にいないだろうと思っていたんです。相手が自分よりも詳しくないと、心の中でマウントを取っていたふしがあります。そういう感覚がピークに達したのが高校時代なんだと思います。

――学生時代はスポーツにも熱心に取り組んでいたそうですね。

松原 小学・中学と野球をやっていて、高校では柔道部に入っていました。

――野球部からどうしてまた柔道部に?

松原 理由は先輩の存在ですね。僕たちの学生時代って、全体的なノリが体育会系だったんですよ。先輩の言うことは当たり前だし、時には理不尽な暴力があるし、やつあたりされても何も言い返せない。ただ、そういう習慣が僕たちの学年あたりから緩やかに変わりつつありました。自分たちがされたのと同じことを後輩にも強いるのは何か違う。なるべくやめようとしている世代でした。

――もうそんな時代ではない、ということですね。

松原 そうです。だけどやっぱり自分が先輩から受けた理不尽には腹が立つ。だからいつか正当防衛でやっつけてやろうと思っていたんです(笑)。

――強くなるための柔道だったんですね。

松原 もしも街で偶然先輩に出会ってしまっても、僕は「もう先輩じゃないんだから」と無視をする。そして、先輩が「お前なに無視すんねん」って手を出して来たら柔道で返り討ちにする、というシミュレーションをしていました(笑)。

――シミュレーションで終わって良かったです(笑)。どういうきっかけで芸人を目指すことになったのでしょうか?

松原 中学の同級生に、お笑い芸人を目指している子がいたんです。彼は高校も大学も違ったのですが、バイト先が近くでした。お互いのバイト終わりによく遭遇しているうちに話すようになって、「漫才師になろうと思う」という相談をされました。そのときに僕が勧めた松竹芸能の養成所に入った彼は、運良くすぐに舞台に上がることができたんです。そんな彼が「まっちゃん(タニシ)も松竹に入ったらすぐに舞台に立てるで」と言うので、じゃあ一回経験してみようかな、と。

――家族に内緒で養成所に通っていたとお聞きしました。

松原 家族に相談というものをほとんどしたことがありませんでした。真面目に話すのが恥ずかしかったんです。

――進路の相談も家族にしなかったんですか?

松原 全く相談してないです。1年間、自由な浪人生というものを経験したくて、勉強をしているフリをしてわざと落ちたぐらいですから。

――後に養成所に通っていることを知った家族の反応はどうでしたか?

松原 直接何か意見を言われるようなことはなかったです。郵送物などで薄々気がついていたのかもしれません。母からは一度、「お父さんが、高志(タニシの本名)はあのままで良いのか?って言ってたよ」と、それとなく父の言葉を伝えられたことはありました。僕の行動の大半を「アンタは変わった子やから」で家族は納得していたように思います。

――最後に高校生の読者にメッセージをお願いします。

松原 家族や先生から「~しないほうが良いよ」と言われた通りにしていると、経験できないまま終わってしまいます。そういう意見に近づき過ぎない距離感を保つことが大切です。興味がないことを無理にやっても続かないし、続かなかったら別のことに乗り換えても良いと思います。選択肢はたくさんあるので、自分のやってみたいことに、自由に飛び込んでいってみてください。

Information

『死る旅』
著者:松原タニシ
発売日:2021年7月9日
価格:1450円+税
発行:二見書房

公式サイト

松原タニシ

お笑い芸人

1982年4月28日、兵庫県神戸市生まれ。松竹芸能所属のピン芸人。現在は「事故物件住みます芸人」として活動。2012年よりテレビ番組『北野誠のおまえら行くな。』(エンタメ~テレ)の企画により大阪で事故物件に住みはじめ、これまで大阪、千葉、東京、沖縄など13軒の事故物件に住む。事故物件で起きる不思議な話を中心に怪談イベントや怪談企画の番組など多数出演する。ラジオ関西『松原タニシの生きる』、MBSラジオ『松原タニシの恐味津々』、CBCラジオ『北野誠のズバリ』、YouTube・ニコニコ生放送『おちゅーんLIVE!』などレギュラー出演中。著書に『事故物件怪談 恐い間取り』『異界探訪記 恐い旅』『事故物件怪談 恐い間取り2』(以上、二見書房)、コミックの企画・原案に『ゼロからはじめる事故物件』(漫画:奥香織/小学館)、『ボクんち事故物件』(漫画:宮本ぐみ/竹書房)がある。2020年8月には著書『事故物件怪談 恐い間取り』を原作とした映画『事故物件 恐い間取り』(配給 松竹)が公開。

Photographer:HirokazuNishimura,Interviewer:Yukina Ohtani