Contents

専属モデルになった当初から最長記録を意識していた

――7月20日発売の『CanCam』9月号で、同誌専属モデルとしての活動期間が8年6カ月となり最長記録を更新しました。いつ頃から最長記録を意識していましたか?

トラウデン 実は最初から見据えていました(笑)。専属モデルになったのが13歳と最年少記録も大幅に更新していたこともあって、「最長を狙えるね」とずっと言われていたんです。

――長く専属モデルを続けてよかったこと、苦労したことはありますか?

トラウデン 受験と重なった時など、あまり撮影に呼ばれなくてモヤモヤしていた時期もありました。去年は初めて単独で表紙もやらせていただいたり、『CanCam』を通じてたくさんの方に知ってもらえました。専属モデルもみんな仲が良くて、長くやっていて良かったことばかりです。

――仲が良いと撮影もやりやすいものでしょうか?

トラウデン 確実にそうですね。何より現場に行くのが楽しみになります。楽しいと笑顔も内から出てくるものがありますし、仲が良い人と撮影だと息も合って、写真の仕上がりも良くなります。

――年々、下の世代のモデルも増えてきています。

トラウデン 下の世代が入ってくることに対して、「もっと頑張らなきゃ!」と思っていた時期もありましたけど、今はプレッシャーはなくなりました。気楽に楽しくやっていると、それが表情に出るんですよね。特に『CanCam』は笑顔が印象的な写真が多いので、そういう意味でも楽しんでやるようにしています。それに最近はコメンテーターなど堅い仕事をさせていただいているので、『CanCam』の撮影が息抜きの場にもなっています。

――8年6カ月の間でモデルとして意識の変化はありますか?

トラウデン 始めた頃は中学1年生でしたし、右も左もわからなくて、先輩方の真似をするという日々でした。高校生になった頃から、表情だったり見せ方だったりで自分らしさを出してみようと考え始めました。大学生になると、テレビのお仕事も増えて、パーソナルな部分も世の中に出るようになりました。そこで、もっと発信にも力を入れようと、アンケートや企画などで自分の思っていることを言わせていただくようになりました。去年からはSDGsの連載もやらせていただいていますが、写真だけではなく、自分の考えを伝えることも大切だなと感じています。

――昔から環境問題などへの関心は高かったのでしょうか?

トラウデン 高校生のときに環境問題を取り扱う授業を選択していました。

――日本ではモデルさんや俳優さんが社会問題などについて発信すると賛否両論が巻き起こることも多いかと思います。発信する上で意識していることはありますか?

トラウデン どうしたら同世代に伝わるかなというのは常に考えています。以前はモデルとして消費を煽っているのに、環境問題について語るのは無責任ではないかと自分の中で葛藤がありました。でも、最近は表に出る立場だからこそ、そういう発信ができるのではないかと考えています。若い世代は、SNSなどを通じて海外の情報もキャッチしやすいから、表に出る人が発信することに抵抗感もないと思いますし、それが一歩踏み出せた一つの理由でもあります。自分の意見に対して、違う意見が来るのは当たり前ですし、それが悪いことだとも思いません。一方で応援してくださる声もありますし、もっともっと議論が交わされるような社会になったらいいなと思っています。

「マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」の注目ポイントは?

―トラウデンさんは9月4日(土)に開催される「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」に今回も参加されます。前回に引き続き無観客での開催となりますが、出演する側としていかがでしょうか?

トラウデン やっぱりお客さんに会いたい気持ちは大きいですが、たとえ面と向かって会えなくても繋がれる時代だということに感謝したいです。私がモデルを始めた頃にはオンライン開催なんて考えられなかったですからね。

―オンライン開催ならではのメリットは、どういうところに感じますか?

トラウデン バーチャルとの融合など新しいものを取り入れられているのはオンライン開催のメリットだと思いますし、個人的にはLINE LIVEで、見ている人が自分の声を直接届けられるのが良いなと感じます。会場で直接お客さんから声をかけられるのも嬉しいですが、一方で一人ひとりの声をピックアップするのは難しいです。LINE LIVEならコメントを見ることができますし、ちゃんとみなさんの声は出演モデルにも届いています。

©︎マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE

―TGCでも環境問題を取り上げるブランドが年々増えていますが、そういった変化を感じたのはいつ頃からでしょうか?

トラウデン 変わってきたのは去年です。それ以前からTGCは国連と繋がりを持って、早い段階から環境問題に取り組んでいましたが、見ている方々に伝えていくには相応の準備期間も必要です。そういう状況が整い始めて、急速に加速したのは、去年コロナ禍を経験したのが大きいと思います。私も前回、「TGC サステナ STAGE」を歩かせていただきましたが、TGCという大きなイベントのファーストステージを経験できたのは大きな意味があると思っています。

―若い世代からの反応はいかがですか?

トラウデン 若い世代は柔軟にキャッチしてくれる人が多いですね。おしゃれな見え方であれば、すぐに取り入れてくれるんです。「環境問題は我慢することではなくて、クールなもの、かっこいいもの、だからやっていこうよ!」という伝え方ができないかと私自身も常に模索しています。

©︎マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE

―環境問題に関心を持つ若い世代は着実に増えている印象です。

トラウデン 故意に環境を傷つけたい人なんていないと思います。便利がそこにあるから、仕方なく環境が壊れていってしまう。そこを見ないようにしていれば自分は便利に生きていける。そう思うのは当たり前ですよね。より便利に、より生きやすくなったらいいなと思うのは私も同じです。ただ生活はいつも通りでも、選ぶものを変えるだけで、便利が保たれたまま環境への負荷を減らせることは結構あるんです。小さなことでも自分ができることをする。そうやって意識を少し変えれば選ぶ行動も変わっていきます。TGCが、そのきっかけになれば嬉しいですね。

―TGCの見どころを聞かせてください。

トラウデン TGCはショーの構成や順序全てに意味がありますし、出演者たちがどんなことを話しているかも含めて注目してほしいですね。そしてお洋服はもちろん、それ以外のトレンドもぜひTGCでキャッチしてください!

高校は多様な価値観を持っている人たちが多かった

――モデルを始めたきっかけを教えてください。

トラウデン 私は今でも表に出るのが苦手なので、自分からやりたいとは思ってなかったんです。でも中学で部活動にも入らず、毎日ダラダラ過ごしていた私を見かねた母から、「何でもいいからやってみなさい」と言われて応募したのがきっかけです。

――それまでは打ち込めるものはなかったんですか?

トラウデン なかったですね。小学生の頃から乗馬は習っていたんですけど、そこまで中学生の頃は本気で打ち込んでいなかったです。ただ、学校の勉強は好きでした。父が大学で教鞭を執っているので、私も学校の先生になりたかったんです。

――小さい頃から、お父さんに勉強を教わることもあったんですか?

トラウデン 両親は完全に放任なので、ほとんど教えてもらうことはなかったです。ただ父はいろんなことを知っていて、「これって何?」「なんでこうなってるの」と1聞けば100返してくれるので、聞いたことはなんでも教えてくれました。教え方もすごくわかりやすかったので、すごく尊敬しています。

――高校時代、お仕事以外に打ち込んだことはありますか?

トラウデン 先ほど乗馬をやっていたとお話ししましたが、高校生になって馬術に力を入れていました。それまで大会に出ようとは思わなかったんですけど、最後だからと高校2年生のときに馬術の大会にも出ました。

――大会などに出たとき、競争意識は強いほうですか?

トラウデン それが小さい頃から競争意識というものがなくて、今の課題でもあるんです。めちゃくちゃ負けず嫌いではあるんですけど、自ら戦いに入っていくタイプではないんですよね。なぜかというと、人がやっていないことで一番になった方が近道だなと考えちゃうから。それは中学1年生からモデルをやっていたことにも関係していて、きれいな方、スタイルのいい方がいっぱいいる中で戦っても、たぶん私は上まで行けないだろうと。だから勉強を頑張って、そちらでピックアップされたほうが表に出る機会があるだろうなと思ったんです。モデルをやっていなかったら慶應義塾大学にも入ってなかったと思います。

――高校時代は生徒会に所属していたそうですが、自分から立候補されたんですか?

トラウデン そうです。月に一度は生徒会主導のイベントをやっていましたし、たとえば学校全体を巻き込んで「フードバンク」というフードロスをなくす活動を校内に持ち込むなど、自分たちで企画を作って、それをプレゼンして形にするのが好きでした。生徒の3分の2くらいが帰国子女で、多様な価値観を持っている人たちが多かったです。もちろん無関心な人もいましたけど、賛同してくれる人もたくさんいました。自分たちが選んだことに責任を持てるなら、好きにしていいという自由な校風で、高校生活を経て一回り大きくなれたと思っています。

自分の意見を持つことが人間の人間たる所以

――仕事と学業の両立はいかがでしたか?

トラウデン 学校の授業は真剣に受けて、家での勉強は軽い復習程度でしたので、それほど大変ではなかったです。やっぱり仕事があったりすると、なかなか家でゆっくり時間が取れないんです。休憩は大事ですし、勉強も睡眠時間を削ってまでやることじゃないと思っていました。どうせ学校に行って授業を聞くんだから、1回で全部頭に入れてしまおうと。わりと私の周りには、そういう考え方が多かったので、お昼の休憩時間もゴハンを食べながら授業の復習ができたのも良かったです。

――塾や予備校には通われていたんですか?

トラウデン 大学受験の直前に小論文のために少しだけ塾に通ったぐらいです。崖っぷちの方が力を発揮できるかなと思って、早い段階から志望校は1つに絞っていました。

――コロナ禍にも関わらず、昨年からトラウデンさんのテレビ出演は格段に増えましたよね。

トラウデン ありがたいことに、たくさんのお仕事をさせていただけるようになりました。そのタイミングで大学もオンライン授業に切り替わったので、すごく活動しやすかったです。例年通りの授業だったら、もっとお仕事をセーブしなきゃいけなかったと思います。とはいえ今も学校がメインという姿勢は変わっていません。

――コメント力にも磨きがかかっているなと感じます。

トラウデン ありがとうございます。いまだにテレビでしゃべるのは必死ですし、不安もあります。コメントを求められた時にあわあわすると、見ている方に不安を与えてしまうので、慌てず自信を持って発言できるようにトレーニングしています。わからないことがあったら知ったかぶりをせずに、素直にわからないって言うようにしています。

――最初からためらいなく自分の意見は言えましたか?

トラウデン はい。意見を持つことって人間の人間たる所以ですし、思っていることを言えない社会にはしたくないので、しっかりと意見を言うことに抵抗はありません。

――去年あたりからトラウデンさん以外にも、テレビのコメンテーターに若い女性が増えています。

トラウデン 確かに出始めの頃よりも、「女性だから」「若いから」という取り上げられ方をされなくなりましたが、それが逆にプレッシャーでもあります。そのアドバンテージがない分、ちゃんと自分で考えて、自分の意見を言わないといけないなと思っています。

――現役高校生にメッセージをお願いいたします。

トラウデン 高校生ってすごくパワフルですし、高校生にしか考えられないことはたくさんあると思うんです。流行り言葉も高校生から生まれることが多いじゃないですか。大人たちは一過性の若者言葉だと言うかもしれないですけど、新しいものを生み出していることには変わりなくて。それが面白いと思って広げられる力ってすごいと思うんです。だから高校生のときに思ったことや、目指したいなって思ったことは大事にしてほしいです。私は今、環境問題、人権問題、男女平等など、いろんなことに興味があります。その土台は高校で作られたものだったので、高校生のときに興味を持ったことは侮れないなと感じます。どうしても大学に入ったり、社会人になったりすると、ちょっと大人になる分、自分で制御し始める部分があるんですよね。良い意味で高校生にはそれがないから自由ですし、その時期を大切にしてほしいです。

――最後に進路に悩む読者にアドバイスをお願いします。

トラウデン 高校生には無限の可能性があります。周りからは「大学に行っといたほうがいいよ」と言われるかもしれないですが、大学に行かなくても実現できることでやりたいことがあるのであれば、そっちに突き進んでもいいと思います。大学は大学で、私はすごく楽しいですし、たくさんのことを学べたと思っています。まだ何になりたいか決まってない人は、まず大学に行く選択も良いと思います。大学選びも、入ってから何を学ぶか、どんなことをしたいか、どんな自分になりたいかというビジョンを持つことが大事なので、志望校に入ることだけを目標にしないでほしいです。大学を目標にしてしまうと、ダメだったときに心が折れて目標を失いがちなので、どんな勉強がしたいのか、大学だけじゃない目標をちゃんと立てておくのも大切ではないでしょうか。

Information

第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER
2021年9月4日(土)13:00〜19:30(予定)

LINE LIVEにてライブ配信!
YouTubeでは再ライブ配信も!

公式サイト

トラウデン直美

モデル

1999年4月21日生まれ。京都府出身。「2013ミス・ティーン・ジャパン」でグランプリを受賞。13歳で小学館『CanCam』の史上最年少専属モデルとしてデビュー。同年10月号で連載を開始する。TGCや神戸コレクションなどファッションショーにも多数出演。慶應義塾大学在学中の知性派モデルとして報道や情報番組でコメンテーターとしても活躍中。また、2021年1月より「環境省サステナビリティ広報大使」を務め、同年2月からは厚生労働省「コロナ禍の雇用・女性支援プロジェクトチーム」メンバーの一員としても活躍している。

Photographer:GENKI(IIZUMI OFFICE),Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Chiharu Suzuki, Hair&Make:MAKI
衣装協力
CASA FLINE(03-6447-5758),EQUALAND(03-6805-0904),enchanted(03-6231-7361),Jouete(0120-10-6616),Fumiku(info@fumiku.Tokyo),MEMENTO PATTERN. (@memento_pattern)