Contents

お互いが作用しあうような感覚を現場で感じた

――浅野いにおさんによる漫画の原作『うみべの女の子』を読んだときの印象はいかがでしたか。

青木 十代の恋と性が表現されているんですけど、「思春期」と一言では言い表せないくらいに濃密で、触れたら壊れてしまいそうな繊細さというのが随所に描かれているなと思いました。自分が中学生のときとは違った学生生活ですが、どこかしらに自分が生きてきた中で重なる部分があって。ズキズキと傷が痛むような感覚があったので、実写化するにあたって、それを繊細に体現できたらいいなと思いました。

――漫画の実写化作品は、どうしても原作を意識せざるを得ない部分もあると思います。

青木 漫画としてすでに世に出ていて、それを支持するファンの方々や影響を受けている方々がいます。だから映像化するにあたって、まずはビジュアル面をしっかりと考えないといけないと第一に思いました。一方で、漫画原作だからといって表面的なものにならないように気をつけました。コピペするような感じではなく、登場人物たちの気持ちを生身で感じ取ることを大切にしました。

――どのように役作りをしましたか?

青木 役作りに関しては人それぞれだと思うのでどれが正解とか一概には言えないと思うんですが、僕自身はヘアメイクさんとスタイリストさんにすごく助けていただきました。漫画原作という点で、衣装や見た目は大きな要素だと思うんですよね。あと石川(瑠華)さんが「小梅を体現するんだ!」という強い心持ちで現場にいらっしゃったのも心強かったです。表面的じゃない、お互いが作用しあうような感覚というのを、現場で感じさせていただきました。石川さんがどういう意識で演じられていたのかは分からないですけど、影響されていた部分は少なからずありました。

――石川さんも、撮影現場で青木さん演じる磯辺から感じ取ったことを大切にしたと仰っていました。

青木 小梅のアクションによって磯辺が変わっていくことが重要だと思っていたので、そういう意味では僕も影響されていたと思います。石川さんが真っすぐにエネルギーを発信していたのが、お互いに良かったんじゃないかなと思います。

――現場での石川さんの印象はいかがでしたか?

青木 石川さんは小梅に対する思い入れというか、熱量、意識みたいなものが人一倍強い方でした。聞いた話によると、制服やマフラーを着けて小梅になりきってオーディションに行ったそうです。そういう小梅への思いみたいなもので、石川さんの体は支配されているんだろうなというのが現場でも伝わってきました。

映画の先行きを感じた撮影前日の下見

――脚本を読んだときに磯辺はどういうキャラクターだと感じましたか?

青木 何事にも敏感で繊細で、歪んだものであっても、しっかり自分の中に芯をもっている少年だと思いました。常に心の中に何かが渦巻いているような、大人とも子どもともとれるようなところもありつつ、どこか達観しているんですよね。

――小梅に対する磯辺の思いはどんどん変わっていきますが、そのあたりの気持ちは理解できましたか?

青木 できました。未熟さや上手くいかないことなど、そういうものがどんどん自分の中で積み重なってきたんだろうなって思いました。磯辺にとって、小梅は憧れの存在だった部分もあったんですけど、その関係性がどんどん変わっていくのは、10代の脆さみたいなものなんだろうなと感じました。

――磯辺は最後になるとチャラさも出てきますよね。

青木 本人はいろいろ思うことがあって、あの振る舞いをしているんだと思うんです。それも含めて余韻がある終わり方で、僕は好きでした。

――タイトルにもある通り、この映画で海は重要な意味を持ちますが、ロケーションが演技に与えた影響はありましたか?

青木 撮影に入る前日に監督と石川さんと3人で下見に行ったんです。原作の『うみべの女の子』に出てくる場所がそのままで、それこそ最初の海辺のシーンで、2人が座って話してるところも、漫画のまんまなんですよね。その日は、天気も海も荒れていて。偶然ではあるんですけど、この映画の先行きみたいなものを感じさせるような、「ここから何かが始まるぞ」という禍々しい空気を感じました。この撮影では、その場所にいるということを大事にしようと心がけていましたし、浅野いにおさんが海にフォーカスを当てている意味もそこで感じられたような気がしました。なので撮影現場でも、そういうものに影響されていた部分は大きかったと思います。

――ウエダアツシ監督の演出はいかがでしたか?

青木 ウエダ監督は常に同じ目線で物事を考えてくれていた気がします。引っ張っていく、背中を押すというよりも、ずっと横に立って、ちゃんと話を聞いてくださる存在でした。撮影が進むにつれて、激しいシーンだったり、エネルギーを要するシーンだったりが増えていったんですけど、演技がどうこうというより、精神的な部分で「大丈夫」ってその都度寄り添ってくれました。たとえば僕が控室に一人でいたら、「どんな感じ?」って気にかけてくれたんです。そこで肩の力を抜いた話を共有できたのは、終盤を駆け抜けられた一因になりました。

一人の時間を強烈に求めるようになった高校時代

――磯辺のように、思春期ならではの悶々とした経験は青木さん自身ありましたか?

青木 中学時代の僕は磯辺とはかけ離れていて、社交的で誰とでも話せるタイプでした。通信簿でも「男女を問わず誰とでも話せる面があって良いです」って幼稚園くらいから毎年のように書かれていました。でも中学3年生から高校入学ぐらいの時期に、それが変わり始めたんです。

――何かあったんですか?

青木 今まで「これが自分だ」と思っていたものに、ちょっとヒビが入ったというか。誰とでも話せてはいるけど、どこかで無理している部分があって。この人とは合わないんだろうなと分かった上で、それでも他者との関わりを求め続ける自分がどんどん苦しくなってしまったんです。

――他人から見て変わったのではなく、青木さんの心の中で変化が生じたということですね。

青木 高校に入って、それがより加速した気がします。日常生活に支障が出るような弊害はなかったですが、どこかで一人の時間を強烈に求めるようになりました。決して誰ともしゃべれない訳でも、孤立している訳でもなく、休み時間は友達と話すし、放課後もみんなでカラオケに行ったりして、普通に高校生活は送っていたんですけどね。

――最後の質問です。今年2月に二十歳を迎えて、心境の変化みたいなものはありましたか?

青木 意識的に演技を変えようとか、そういうのはないですけど、演じる上でどういったものを大切にして、どういったものを削ぎ落していくか、日ごろから人間の心理にどれだけ敏感にいられるかみたいなことは、ここ1、2年でより意識するようになりました。

――単純に演技力を磨きたいということではなく?

青木 演技力の向上みたいなことは、あまり意識はしていないです。もちろんしなきゃいけないときもあるかもしれないですけど、正解はないので少しずつ考えつつ、悪い意味での上級者にならないようにというか、こなさないようにしたいと思っています。たぶん昔よりは技術というか筋力はついてきていると思うんです。でも、軽く凝り固まってしまった筋肉みたいなものは削ぎ落とさなきゃいけないなというのは、続けていけば続けていくほど感じますし、それは今後も意識していきたいです。

Information

『うみべの女の子』
8月20日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開

石川瑠華 青木柚
前田旺志郎 中田青渚 倉悠貴
宮﨑優 髙橋里恩 平井亜門 円井わん 西洋亮 / 高崎かなみ いまおかしんじ
村上淳

原作:浅野いにお「うみべの女の子」(太田出版〈f×COMICS〉)
監督・脚本・編集:ウエダアツシ
音楽:world’s end girlfriend
挿入曲:はっぴいえんど「風をあつめて」(PONY CANYON/URC records)
©浅野いにお/太田出版・2021『うみべの女の子』製作委員会 

海辺の田舎町に暮らす中学二年生の小梅(石川瑠華)は、憧れの三崎先輩(倉悠貴)に手酷いフラれ方をして自棄になり、同級生の磯辺(青木柚)を誘って衝動的に初体験を済ませる。なぜその相手が自分だったのかと問う磯辺に、「一年の時あたしに告ったじゃん」と、ことも無げに言い放つ小梅。気持ちはまだ変わっていないとあらためて告白する磯辺だったが、小梅にその気はなかった。
 しかし、その後も二人は体の関係を繰り返す。ただの友達には戻れない、恋人同士でもない。曖昧で奇妙なつき合いを続けるうちに、はじめは興味本位で「ただの気分転換」だったはずのセックスも、いつしかお互いにとって日々の生活の一部になっていった。

体を重ねても、心を求めても、つながりきれない苦しさともどかしさ。どんなに望んでも絶望的にすれ違ってしまう思い。これが恋なのかもしれないとつかみかけた瞬間に相手は指の間からすり抜けていく。欲しかったのは愛か、それとも愛の代わりだったのか。誰もがかつて経験したかもしれない、誰かは今まさに経験しているかもしれない、どうしようもなく危うくて残酷で強かな、永遠よりも長くて儚い季節の物語。

公式サイト

公式Twitter

公式Instagram

青木柚(あおき・ゆず)

俳優

2001年2月4日生まれ、神奈川県出身。2016年、『14の夜』(⾜⽴紳監督)で映画デビュー。その後『アイスと⾬⾳』(18/松居⼤悟監督)、『暁闇』(19/阿部はりか監督)、『サクリファイス』(20/壷井濯監督)などに出演。2019 年には、今泉⼒哉と⽟⽥企画「街の下で」で初舞台を踏む。2021年は、ndjc2020『醒めてまぼろし』(⽊村緩菜監督)や「きれいのくに」(NHK)、「プロミス・シンデレラ」(TBS)、「⽣徒が⼈⽣をやり直せる学校」(NTV)ほか出演が続き、今後もジョニー・デップ主演⽶映画『MINAMATA』(9⽉公開予定)、『スパゲティコード・ラブ』(2021年公開予定)など、公開作が控えている。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi,Stylist:Mei Komiyama,Hair&Make:Masa Kameda