Contents

高笑いを上げる特異なヒーロー

――『遊星王子2021』のオファーをいただいたときの感想をお聞かせください。

日向野 僕は小さい頃、世代的に90年代の『ウルトラマンティガ』や『仮面ライダークウガ』などのヒーロー番組が好きだったので、最初に本作のオファーをいただいたとき、「自分がヒーローになれるなんて」と、とても嬉しい思いでした。作品の中心人物を演じるというプレッシャーも大きかったのですが、即決で「是非やらせてください!」とお答えしました。

――遊星王子はヒーローの中でも特異なキャラクターですが、演じるにあたって苦労された点などはありましたか?

日向野 宇宙人という、今まで演じたことのない役で、「どういう動きをして、どんな喋り方をするのだろう?」という疑問がありました。オリジナルの『遊星王子』を参考にしようと思いましたが、監督の河崎実さんが「新しい遊星王子を作ろう」と言ってくださったので、僕なりに遊星王子という人物を想像して作り込みました。普通だったら人の目を見て話すところを、宇宙人だから相手の目を見ないで会話をするなど、些細な部分ですけど、そういったところで宇宙人っぽさを出していきました。遊星王子はアンパンが好きで劇中でもよく頬張っているんですが、どのようにすれば美味しそうにアンパンを食べているように見えるのか。準備期間中は台本を読みながら、そういったことをいろいろと考えていました。

――遊星王子は高笑いが特徴的ですけど、あの高笑いは日向野さんが考えたのですか?

日向野 高笑いに関しては、本読みの際に監督から「遊星王子はこんな感じで高笑いを上げるんだ」と伝えられたんです。監督がイメージする高笑いに合わせて、その場でいろんな笑い方をしてみて、監督に「いや、ちょっと違うな」「今のはちょっと近いかな」と確認していただきながら、いくつか試作品を繰り返して、現在の高笑いに辿り着きました。

――劇中では宇宙人である遊星王子と並行して、人気歌手・舟木康介も演じられて、さらに劇中で歌も披露されます。

日向野 今まで舞台でダンスやアクションは披露させていただいてきましたが、歌唱にはあまり携わってこなかったので、「劇中歌を歌ってほしい」と言われたときに、「どんな曲を歌うんだろう」と不安でした。けれど、河崎監督が用意した音楽が『ウルトラマン』の主題歌を思わせる昔ながらのリズム感のある曲だったので、楽しんで挑ませていただきました。本来の僕は恥ずかしがり屋なので、遊星王子のような奇抜な恰好をしたり、アイドルとして歌ったりするのはできないですが、遊星王子や舟木康介という別人格に完全になり切ることで突飛なこともできてしまうんです。

子どもたちから喝采を浴びた撮影現場

――実際に撮影に入られて、河崎実監督の現場はいかがでしたか?

日向野 とにかく撮影するスピードが早かったです。他の映像作品の現場だと、本番に入る前に、いろんなカメラアングルを試してみて、何度もテストを重ねるんですけど、河崎監督はすでに頭の中で明確に映像のイメージが出来上がっているので、「はい、本番スタート」と1テイクで撮影を済ませてしまう。だから、監督が意図する映像を自分なりにどんどん噛み砕いていかないと置いていかれてしまう、実にテンポの速い撮影現場でした。

――監督のスピード感にしっかりとついていくことが求められたんですね。

日向野 河崎実監督は独特の映画を作り続けている方ですけど、ご本人も非常に個性的な方で、たとえば、普通なら「笑いながら颯爽と登場して」といった感じで指示するところを、「ウルトラマンが飛んでくるような感じで登場してみて」と、ひねった言い方をされたりするんです(笑)。そういう意味では、僕にとって今回の現場は新しいこと尽くしで、非常に勉強になりました。

――日向野さんは主に舞台でご活躍されていますが、舞台と映像作品の違いを感じることはありますか?

日向野 舞台はその日その場でいろんなことが起こって、舞台だからこそのアクシデントもあったりして、”生もの”という感じです。映像はカメラの画角の中で目の動きや一滴垂れる汗の意味など、そういった細かい部分が追求されていく。舞台とはまた見せ方が違ってきます。でも、僕は作品の中でいかにその役の人物として生きるかという意味では根本的には一緒だと思っています。

――撮影で印象に残ったエピソードを教えてください。

日向野 いろんなことがありましたけど、商店街の中で敵役のタルタン人やロボットキングと戦うシーンが思い出深いです。実際の商店街でロケをしているので、撮影時も普通に買い物に来られたお客さんがたくさんいて、僕は遊星王子のコスチューム姿だから、小学生の子どもたちにとても気持ち悪がられたんですよ(笑)。「あいつ、何だよ」と言われて、「遊星王子だよ」と役になり切って答えても、「うるせえよ」と(笑)。

――そんなやり取りがあったんですか(笑)。

日向野 でも、撮影が進んで戦っている姿を見ていくうちに、だんだんと楽しくなってきたんでしょうね。帰り際に30人ぐらいの子どもたちが集まって、「サインください」「写真を撮っていいですか」と応援してくれるようになって、本当に嬉しかったです。商店街の撮影は1日だけだったんですけど、僕の中で楽しい1日でした。

――ヒロイン・君子役とクローディア姫役の織田奈那さんの印象はいかがでしょうか?

日向野 現場ではあまり口数の多い方ではありませんが、その場にフッと入っていくだけで雰囲気が明るく変わるタイプの方ですね。ヒロインとして、とても魅力のある方だなと思いました。僕もあまり自分から喋るタイプではないんですけど、休憩中に子役たちと話していくうちに徐々に打ち解けていきました。

――『遊星王子2021』の見どころを改めて教えてください。

日向野 僕の中で、それまでヒーローとは「悪い奴をやっつけてくれる、カッコいい正義の味方」というイメージでしたが、『遊星王子2021』でそのイメージが180度変わりました。不器用だけど、悪人にも真摯に向き合う。劇中、ヒロインの弟が敵のタルタン人に対して「全滅させちゃいなよ、あんなやつら」と言うと、遊星王子が「暴力はいけないよ」と諭す場面があるんですけど、カッコいいだけがヒーローではないと気づかされました。過去の作品を知っている方からすれば思うところはあると思いますが、今だからこそできること、そして過去の作品だからこそ残せるものもあると思うので、こういうご時世の中で笑って楽しんでいただければいいなと思います。

不安を抱きながら飛び込んで切り開いた役者への道

――学生時代のお話もお伺いしたいのですが、高校時代はどんなことに打ち込んでいましたか?

日向野 高校はバレーボールに打ち込んでいました。中学のときに2003年のバレーボールのワールドカップが開催されて、メグカナと呼ばれる栗原恵さんと大山加奈さんの女子選手が活躍されているのを見て、すごく魅了されました。けれど、僕が通っていた中学校にはバレー部がなかったんです。学校が終わってから犬の散歩の途中で友だちとレシーブの練習をしたり、バレーの試合を録画したビデオを何度も見返したりしていました。高校はバレー部のある学校を探すぐらい、本当にバレーボールが大好きでした。

――進路はいつ頃から意識されるようになりましたか?

日向野 僕の中で役者になりたいという夢がずっとありました。おじいちゃんが時代劇好きで、僕が幼稚園の頃に昭和の大スターだった大河内傳次郎さんの『丹下左膳』という映画を一緒に観て、「映画のフィルムの中で生きる役者ってカッコいい」と思っていたんです。

――幼稚園児で時代劇に惹かれるのは渋いですね!

日向野 もちろん当時は、あくまで「役者になれたらいいな」という漠然とした夢でしかありませんでした。高校2年生になって進路を考えないといけないとなったときに、最初は美容師を目指そうと思っていたんです。そのために専門学校の資料などを取り寄せて、進路面談でも「美容師を目指します」と伝えて。しかし、その際に何気なく「僕が本当になりたいのは役者だけど、所詮は夢だから」と口にしたところ、進路担当はバレー部の顧問だったんですけど、「夢を追うのも夢だぞ」と言ってくれたんです。

――理解のある先生だったんですね。

日向野 夢を追うのも夢。一見難しい言葉のようですが、要は「人生は1回しかないのだから、俳優になる夢を目指してみてもいいじゃないか」ということで、僕の背中を押してくれました。バレー部の顧問は、本当に僕にとって恩師であり、あの言葉は今でも僕の中で大切な格言です。

――家族の反応はいかがでしたか?

日向野 親も「俳優を目指してみなよ」と応援してくれて、さっそくいろんな劇団に履歴書を送って、高校卒業後、親元を離れて北陸地方の劇団に入りました。初めて劇団に入って一人暮らしを始めたとき、ついこないだまで高校生だったので、洗濯機の使い方も分からなければ、家賃や光熱費の払い方も分からない。本当にいろんなことに不安でいっぱいでしたけど、一歩進むごとに、不安だったものが自信に変わっていきました。

――高校生の読者にアドバイスやメッセージをお願いします。

日向野 誰でも進路に関して悩むものだと思います。「夢を持て」や「大丈夫だよ」とは簡単には言えないですが、僕の場合はあえて不安の中に飛び込んでいきました。不安がたくさんあるのは当たり前のことで、不安を抱えたまま行くしかない。不安に押しつぶされそうになってしまうこともあると思いますけど、それが必ずいつか自信になるときが来る。「いや、そんなこと言ったって不安で仕方がない」という方もおられるかと思われますが、でも、いつか振り返ったら絶対にそう思える。僕は経験として「変わったよ」と言えます。絶対に不安というものは、持てば持った分だけ自信になるのではないでしょうか。

――今後の目標や挑戦してみたいことを教えてください。

日向野 僕は今年30歳になったんですけど、20代とはまた違う世界が待っていて、20代で通用したことが30代では通用しなくなってくる。今の環境が当たり前のように続いていくのかと言うと、そんなことはない。これからはより一層、芝居の演技力はもちろんのこと、いろんな面でクオリティの力が問われてくる。20代で胸を張って種を撒いたところで、これからの30代はどのように水をあげてその種を育てていくのかだと思っています。細かいことを言えば、こういう映画に出たい、あの人と共演したいなど、いろんな希望がありますけど、40歳になったときに、「この10年間よかったな。頑張ったから、今の自分があるよな」と笑顔で振り返って、そう言える30代にしていきたいですね。

Information

『遊星王子2021』
8月27日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー

原作:宣弘社 原脚本:伊上勝 監督:河崎実 
出演:日向野祥/織田奈那、若林司、岩井志麻子、堀田眞三/団時朗

©2021「遊星王子2021」製作委員会

1基の宇宙船が地球に墜落してから200年後の日本。長い眠りから覚めたMP5星雲第四遊星の王子(日向野祥)は、パン屋の娘・君子(織田奈那)の前に突如現れ、絶体絶命のピンチから彼女を救った。パン屋に居候することになった遊星王子は、地球人と触れ合い、時にはトップアイドルと入れ替わったり、しつこく現れる宇宙からの侵略者・タルタン人から街を守ったり、地球生活を満喫していた……ように見えたが、墜落の衝撃で記憶の大部分を失くし、第四遊星へ戻る術がわからずにいた。地球を守るヒーローとして一躍国民の人気者になった王子だったが、タルタン人によって王子の正体は「宇宙の破壊者」だと日本中に暴露されることに……。果たして、遊星王子は正義の味方なのか?否、王子こそが侵略者なのか?地球の運命やいかに!?

遊星王子は60年以上も前に本邦テレビドラマ史上初の宇宙人ヒーローとしてお茶の間に登場、瞬く間に全国の子供たちが彼の虜となった。その遊星王子がカラー映画作品となって令和の現代、当時の面影を残すレトロフューチャーな容姿で完全復活。本作の監督を務めるのは他の追随を許さない独特の感性でB級特撮映画をコンスタントに撮り続けている、日本バカ映画の巨匠・河崎実。原作に最大限のリスペクトを払いつつ、殺伐とした現代の世を明るく照らす新たなヒーロー像を提示する。

公式サイト

公式Twitter

日向野祥(ひがの・しょう)

俳優

1991年1月19日生まれ。神奈川県出身。2.5次元舞台の出演で人気を博し、現在は実力派俳優として映画や舞台をはじめ多岐にわたるジャンルで活躍している。舞台での主な出演は、2.5次元ダンスライブ「S.Q.S(スケアステージ)」シリーズ SolidS 篁 志季役、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」澤村大地役など。またテレビドラマでは、「共犯者」(TX)中沢孝二役、「冬芽の人」(TX)高山刑事役などを熱演。「彼が僕に恋した理由」season2(MX)では、赤城真澄役として初のBLドラマにも挑戦する。2020年には1st写真集『Dream Again..』を発売。映画主演作に『ゴーストダイアリーズ』(2021年)がある。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Atsushi Imai