Contents

思春期の女の子が無自覚なずるさをもっているのはしょうがない

――『うみべの女の子』は浅野いにおさんの漫画が原作ですが、原作を読んだ印象はいかがでしたか。

石川 私はあんまり漫画を幅広く読むほうではなくて、好みを絞ってしまうので「この作品は傑作だ!」と言えるほど漫画は読んでなのですが、『うみべの女の子』は自然と中身が入ってきました。こういう物語ってあんまりないんじゃないかなと思いましたし、映像の可能性も感じました。私が演じた小梅は難しい役柄だなと感じたので、オーディションに参加する段階から慎重にならなきゃという思いがありました。

――漫画の実写化作品は、原作に引っ張られる部分もあると思いますがいかがでしたか?

石川 原作に引っ張られると部分はたくさんありました。上っ面なものになっても嫌ですし、漫画通りの表情を作ることはできませんが、根底に原作がある訳で、それを無視できないという矛盾もありました。あと小梅の気持ちを読み取ることにも必死でした。

――今、二十代ですが中学生を演じるのはいかがでしたか?

石川 自分がちゃんと中学生に見えるのかというのは最初から気になっていて(笑)。まずは自分自身を「私は中学生だ」と一番に思っていればいいんじゃないかと外見的なところから入りました。中学生が着るようなブランドの服を着たりして、普段の生活から慣らしていったんです。演技に関していえば、あんまり事前に決めていかず、撮影現場で磯辺(青木柚)から感じ取ったことを大切にしました。磯辺がこうだったから、小梅にこんな感情が生まれて、こういう行動に出たんだ、という感じで演じていくことが多かったです。

――自分というものをあまり持たない小梅という役柄に共感できましたか?

石川 共感というか、理解をするように努めました。自分がない人っていないはずなんです。嫌でも自分というのはあって、それに対して無自覚な人はいると思うんですけど、小梅はそのタイプです。思春期の女の子が無自覚なずるさをもっているのはしょうがないことだし、だからこそ理解してあげられることでもあるし、そこに惹かれたりもしました。そんな小梅が大好きだったんですけど、一方で大嫌いにもなったんです。演じながら磯辺から怒りをぶつけられる小梅の足りない部分を痛感したんです。

――大胆なシーンの連続で、体当たりの演技も多かったのではないでしょうか。

石川 体当たりできるというか、やりきっていける役をいただけるのは本当に自分の中で誇らしいことです。確かに今回は大胆なシーンもありましたが、自分で納得して挑戦できたので、そこに大変さはなかったですね。

――小梅と今の石川さんではしゃべり方が全く違う印象です。

石川 漫画なので声は想像するしかないんですが、ネチネチ話すというか、磯辺にもイラつきを与えるようなしゃべり方になったのかなと。あの時だからできたことだなと思います。

子どもみたいな情熱があったから大人が俯瞰して作った映画にはならなかった

――撮影はいつ頃行われたんですか?

石川 去年の今頃でした。もう1年経ちましたが、撮影期間がかなり濃かったので生々しく思い出します。

――タイトルにもある通り舞台となった海の存在感が圧倒的ですが、ロケーションが演技にもかなり影響したのではないでしょうか?

石川 そうですね。あの海の近くに、ずっとロケで泊まらせてもらっていたんですが、それがすごく役に立ちました。空気感を感じるために、撮影とは関係のないときに海辺を歩いたり、写真を撮ったり、海辺で生活している人として過ごしていました。

――映画の中で使われた写真は石川さんが撮影したものですか?

石川 貝を写しただけの写真は、たぶん私が撮った写真だと思います。

――激しい雨が降るシーンも印象的でした。

石川 雨のシーンは「雨降らし」ですけど、台風という設定だったので天候が悪いときを狙って撮影をしていました。ああいう撮影はめったにないので楽しかったです。

――現場の雰囲気はいかがでしたか?

石川 最初に学校のシーンを撮影したんですが、出演者の距離を縮める場というか、雰囲気的なものを掴む場になっていました。そこで、ある程度みんなと仲良くなってから、柚君演じる磯辺の部屋で二人きりになるシーンの緊張感はすごかったです。

――ウエダアツシ監督の演出はいかがでしたか?

石川 口下手な私なんかに言われたくないと思いますけど、監督も口下手な方だと思います(笑)。だから二人の中で、言葉で伝えることは難しかったんです。小梅という女の子は複雑だし、監督が小梅をどう思っているのかがどうしても分からなかったので何度も話し合いました。監督は原作が大好きで、5年温めた企画を映画化できたという流れは分かっていたんですけど、小梅の人物像が私と一致しない気がしていたんです。でも、撮影が進むにつれて、そこまで監督は小梅を面倒くさい人だと思わず、ちゃんと受け入れていたんだなということに気づいて、一気に気持ちが楽になった気がします。

――小梅への優しい眼差しは作品からも伝わってきます。

石川 作っているのは大人なんですけど、監督はもちろんスタッフさん全員に、「この作品が好き」という子どもみたいな情熱があったから、大人が俯瞰して作った映画にはならなかったですし、同じ温度で寄り添った映画になっていると思います。監督がそういう子ども心を大事にしていて、小梅にも磯辺にも、他のキャラクターにもちゃんと愛情を持って寄り添っていたからこそ冷めた感じにはなってないんです。ラストシーンは原作だときれいな形で終わります。そこを映像化するのは一番難しいところじゃないかなと思っていたんですけど、完成した映画を見たときに、綺麗だけど切ない感じになっていて、監督ってすごいと思いました。

――共演の青木柚さんの印象はいかがですか?

石川 柚くんとは、『うみべの女の子』の撮影期間中は小梅と磯辺のような、仲が良いのか悪いのかよく分からないみたいな絶妙な距離感でいられたような気がして、私からしたら同志って感じでした。演じていたときは私のほうが年上ですけど、彼に甘えていた気がします。今会うと、一緒にいて居心地がいい純粋な青年だなって思います。

なあなあで生きているよりも何かに身を捧げていた方が楽

――高校時代に、この世界に入ることは考えていましたか?

石川 考えてなかったです。当時は漠然と学校の先生になりたかったです。上智大学に入ったんですが、大学に行けば教員免許も取れるし、親も喜ぶと思ったんです。

――大学に入ってから、演技に目覚めたんですね。

石川 生き方が変わりました。やりがいというか、この世界にいる人たちは魅力的で、そういう人と接する自分も活性化する気がしたんです。私自身、なあなあで生きているより、何かに身を捧げていた方が楽なんですよね。それが映画だったんです。

――自分を表現したいという欲求は高校時代からあったんですか?

石川 ないです。ジャズダンスをやっていたんですけど、そこまで楽しさは見出せなくて。楽しさというより一種の試練みたいに考えていました。人前で踊り終えたときの達成感はありました。

――大学時代に通った演技のワークショップでは相当怒られたそうです。

石川 人生で一番怒られたんじゃないかというくらい怒られました。「人からどのように見られるか」という意識が強すぎて、そういう演技をいつまでもしていたから、いろいろはき違えていたんだと思います。ビクビクしながら演技していたので、演出家さんはお見通しだったんだと思います。親や他人から見られているというカチコチの状態で生きてきたから、そういう演技になった訳で。人から見られているとかを考えないで、自分の本当のものを大事にしていいんだよということをワークショップで教わりました。そこで自分の奥底にあった窮屈なものに気づけました。

――ワークショップがきっかけで、俳優1本でやっていこうと決心されたんですか?

石川 やっていこうと思ってやっていけるものでもないような気がします。以前は、売れたい、たくさん映画に出てみたいという気持ちもありました。でも、そういう意志って、映画に邪魔なんじゃないかと考えるようになって、今はフラットになりたいなって思います。自分の意思だけ前に出て、演じるものが置いてきぼりにならないようにしたいです。

――最後にティーンにメッセージをお願いします。

石川 社会に出るとバイト先でも大学でもいろんな人に出会えます。それが自由に思える人と、窮屈に思える人で、いろんな道に分かれますけど、広い世界に出たときの自分の気持ちって本当だと思うんです。だからそれに従って生きていくのがいいのではないでしょうか。

Information

『うみべの女の子』
8月20日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開

石川瑠華 青木柚
前田旺志郎 中田青渚 倉悠貴
宮﨑優 髙橋里恩 平井亜門 円井わん 西洋亮 / 高崎かなみ いまおかしんじ
村上淳

原作:浅野いにお「うみべの女の子」(太田出版〈f×COMICS〉)
監督・脚本・編集:ウエダアツシ
音楽:world’s end girlfriend
挿入曲:はっぴいえんど「風をあつめて」(PONY CANYON/URC records)
©浅野いにお/太田出版・2021『うみべの女の子』製作委員会

海辺の田舎町に暮らす中学二年生の小梅(石川瑠華)は、憧れの三崎先輩(倉悠貴)に手酷いフラれ方をして自棄になり、同級生の磯辺(青木柚)を誘って衝動的に初体験を済ませる。なぜその相手が自分だったのかと問う磯辺に、「一年の時あたしに告ったじゃん」と、ことも無げに言い放つ小梅。気持ちはまだ変わっていないとあらためて告白する磯辺だったが、小梅にその気はなかった。
しかし、その後も二人は体の関係を繰り返す。ただの友達には戻れない、恋人同士でもない。曖昧で奇妙なつき合いを続けるうちに、はじめは興味本位で「ただの気分転換」だったはずのセックスも、いつしかお互いにとって日々の生活の一部になっていった。

体を重ねても、心を求めても、つながりきれない苦しさともどかしさ。どんなに望んでも絶望的にすれ違ってしまう思い。これが恋なのかもしれないとつかみかけた瞬間に相手は指の間からすり抜けていく。欲しかったのは愛か、それとも愛の代わりだったのか。誰もがかつて経験したかもしれない、誰かは今まさに経験しているかもしれない、どうしようもなく危うくて残酷で強かな、永遠よりも長くて儚い季節の物語。

公式サイト

公式Twitter

公式Instagram

石川瑠華(いしかわ・るか)

女優

1997年3月22日生まれ、埼玉県出身。17年から女優としての活動を開始。2018年に公開された『きらきら眼鏡』(犬童一利監督)でスクリーンデビュー。その後、『希望のゆくえ』(19/貝田祐介監督作)、映画『イソップの思うツボ』(19/上田慎一郎、浅沼直也、中泉裕矢監督作)と続けて主演を務める。また、同年に主演した短編映画『ビート・パー・MIZU』(19/富田未来監督作)では、「MOOSIC LAB2019」短編部門の最優秀女優賞を受賞。近年の主な出演作に『左様なら』(19/石橋夕帆監督)、第41回モスクワ国際映画祭参加作品『Shell and joint』(20/平林勇監督)、『stay』(21/藤田直哉監督)、『猿楽町で会いましょう』(21年6月4日公開/児山隆監督)などがある。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Maki Iwabuchi, Hair&Make:Chika Horikawa
衣装:刺繍ブラウス¥39,600、デニムパンツ¥42,900/muller of yoshiokubo(※全て税込価格)
衣装協力店:muller of yoshiokubo(目黒区中目黒1-8-1VORT中目黒I 2F,03-3794-4037)
http://mullerofyoshiokubo.jp