Contents

すべての曲に「自分がこうしたい」という思いが込められている

――メジャーデビューアルバム『POP』から、約1年2ヶ月ぶりのフルアルバムリリースになりますが、作品のポイントやそれぞれのおすすめ曲を教えてください。

内藤 B.O.L.Tはバンドサウンドを基本としていて。前作『POP』はコロナ禍でライブができない中、名刺代わりに出した意味もありました。そこから徐々にステージでの活動を再開できるようになり、今作はライブで盛り上がれたり乗りやすい曲が増えました。バンドサウンドをあまり聴かない人たちも、親しみやすいキャッチーな曲が多く、B.O.L.Tへの入り口としても聴いてほしいし、家でも一緒に踊ってくれるならもっとうれしいです(笑)。リード曲の『Yummy!』は曲と一緒に踊るならピッタリだし、『Please Together』は一度聴いたら頭から離れなくなると思います。

高井 前作は「周りから影響を受けた自分が何を感じて、どう動くか」をテーマにしていましたが、今作はそこからちょっと成長しました。歌詞を見てもらえるとわかるのですが、どの曲もフレーズのところどころに「自分がこうしたい」という表現をちりばめてあります。自分の軸を持って生きるのは大切だと思うし、私も日常生活でその気持ちを大切にしています。青春時代を過ごしている人たちにとってもきっと背中を押してくれるものになっているのかなと思います。

――スターダストプラネットでも最年少のコンビ“あやなの”のお二人からみては今回の作品はいかがでしょうか?

白浜 ちぃちゃん(高井)も言ったように「自分がこうしたい」という思いを込めた歌詞には注目してほしいです。ワクワクするようなテンションの上がる曲が多いですし、私も元気をもらっています。私も(青山)菜花ちゃんもまだ中学1年生なので、テスト期間中におすすめしたいのが『Catch The Rainbow』です。中学生になって四苦八苦しているのが中間テストや期末テストで…。『Catch〜』の歌詞に「7回転んでも笑ってやろうぜ」というフレーズがあるんですけど、自分の中で「ちっちゃいテストで7回転んじゃっても、大丈夫だよ。笑ってやろうぜ!」と変換しながら、この曲を聴いて1学期を乗り切りました(笑)。もちろんテストに限った話ではなく、前向きな言葉がたくさん入っている曲なので歌詞の意味も感じながら聴いてほしいです。

青山 前作と聴き比べると、私たち“あやなの”の成長も感じ取ってもらえるかなと思います。学校へ通っているなら『まわりみち』を聴いてほしいです。歌詞を見ると背筋がピンと伸びるようなフレーズがたくさんあって、今から学校へ行くというときにはピッタリな1曲になっています。リード曲『Yummy!』も大好きですし、“今のB.O.L.Tを見てほしい”というメッセージを込められていて、一度聴いたらきっとクセになります。私たちのことを知らない人たちにぜひ聴いてもらいたいです。

“今”の自分たちを出すために工夫

――レコーディングでは前作との違いもあったと思います。それぞれ、どのように取り組まれましたか?

内藤 Dragon Ashさんのカバー曲『HOT CAKE』は試行錯誤しました。ライブでカバー曲を歌わせていただく機会はあっても、レコーディングするのは初めての経験だったので独特な緊張感がありました。男性の歌なので声質も違いますし、ボイストレーニングの先生と言葉の使い方やアクセントの付け方を相談しながらレコーディングに備えていきました。原曲の雰囲気を残しながら自分らしさを出せる部分では思い切って歌いました。カバー曲へのリスペクトしつつ、今の自分が出せる最大限の気持ちをぶつけられたなと思います。

▲内藤るな

高井  “今のB.O.L.Tを見てほしい”というメッセージを込めたリード曲『Yummy!』では、できる限りの一番カッコいい声を意識しました。正直、前作まではB.O.L.Tのバンドサウンドに合う声を出そうとしても、自分の声質や歌声がなかなか追い付かず悩んでいました。レコーディングに向けて仮歌を聴きながらも「こんな歌い方ができればもっとカッコよく見せられるのに」と考えていて。1番ではサビ前のBメロを任せていただき、そこからサビへ向かう流れは注目してほしいです。この曲は自分だけでなく“あやなの”の声も成長しているのがよく分かります。前作と聴き比べると“本当に同じ人?”と思えるほど変わっていると思います。

▲高井千帆

白浜 前作のレコーディングをしたときはまだB.O.L.Tに加入したばかりで、ボイストレーニングの先生から聞く言葉すら分からなかったこともありました。「ちょっと母音を強調してください」と言われても「母音って何?」みたいなレベル(笑)。とにかく目の前のことを必死で覚えながらやっていました。でも、今はメンバーにも教えてもらいながら、歌の基礎も分かるようになってきたし、高い音程も出せるようになりました。今作の『Hear You』は今の“あやなの”だから歌える曲だし、パートを任せてもらえたのかなと思っています。それから『未完成呼吸』も自分の努力を込めた1曲です。レコーディングでは、ほほえみながらファンの人に聴いてほしいと思ったので、口角を上げながらかわいらしい歌声を出せるようにして。みなさんを癒せるようそっと深呼吸をするような声も出せるように工夫したので、感じ取ってもらえたらうれしいです。

青山 『Hear You』は、“あやなの”の歌割りがだいぶ増えているんです。そのぶん、多くのパートを任される緊張感もあったけど、2人で「一緒に頑張って歌おうね」と助け合いながら歌えました。他の曲でもそろって任されたパートで「ここの声が出づらいね」「一緒に出してみよう」と励ましあいながら頑張れました。ちぃちゃんやるなちゃんたちも支えてくれてレコーディングに取り組めて、前作より強くなれたかなと思います。

グループ初のツアーは地方へ“自分たちから足を運ぶ”機会に

――初のライブツアー「#BOLT関東デマス ~初ライブツアーの巻~」も8月9日からスタートしました。初日の東京キネマ倶楽部の感想と大阪、名古屋、横浜と続くツアーへの想いを教えてください。

内藤 初日は新衣装で登場して、お客さんの前で『Yummy!』や『未完成呼吸』を初披露できて新鮮なスタートが切れました。声が出せない環境であっても、お客さんのノリや反応がステージにも伝わってきました。声でのレスポンスがないのは寂しいけど、拍手の響きで感じ取れる思いもあるんです。B.O.L.Tとしては初めて関東地方を出る単独のライブツアーになります。どこの会場でも私たちらしく、ファンのみなさんに「めちゃくちゃ楽しい!」と思ってもらえる空間を作っていきたいです。

高井 東京キネマ倶楽部は「いつかこの場所に単独で立てたらカッコいい!」と思っていました。だから、楽屋入りの時点からテンションも上がりはしゃいじゃって(笑)。サブステージから登場したいと勝手に考えていたら、新衣装のお披露目で実現できたのもうれしかったです。大阪、名古屋、横浜でも、会場ごとの特徴を生かした熱いパフォーマンスを見せたいと思っています。私たちもライブならではの限られた一瞬を後悔なく楽しみたいですし、関東以外の人たちにもライブに行きたいって思ってもらえるように頑張ります。

白浜 新衣装をお披露目するため、1人ずつポーズを取りサブステージから登場したのですが、かなり緊張していて、途中で失敗してしまいました。もっともっと成長していきたいし、最終日の横浜では「めっちゃ成長したよね!」と言ってもらいたくて。いいところも悪いところも、色々な自分を知りながらツアーを盛り上げていきたいです。

▲白浜あや

青山 B.O.L.Tとして初めてのツアーなのでいい思い出にしたいと思って挑みました。初日の東京キネマ倶楽部では、成長した姿を見せられたと思うし、ファンのみなさんの笑顔を見て、私たちも元気づけられました。スマホで撮影可能な時間もあり、会場に来てくれたお母さんに写真を見せてもらったら、メンバーみんなの表情もすごくキラキラしていました。本当、B.O.L.Tに入ってよかったなと思えた瞬間でした。初日を思い返すだけでも、一人でニヤケてしまうくらい楽しかったです。これまでは大阪、名古屋から関東に来てもらっていたけど、今回は私たちから足を運べるので、みなさんにいいパフォーマンスを届けたいし、初めてライブを見る人たちにB.O.L.Tの魅力を伝えたいと思います。

▲青山菜花

――ツアー完走後、みなさんがまた大きく成長しているのを楽しみにしています。最後になりますが、ティーンの読者に向けて一言お願いします。

高井 高校生時代はアイドルとの両立をしながら、毎朝6時に起きて「眠いなぁ…」と思いながら学校へ通っていました。当時は学校の友達とも「早く卒業したいよね」と話していたけど、今思えばもったいなかったなって思います。苦手な教科の勉強とかささいなことでも辛さを感じていたけど、いざ卒業してしまうと、ふと「戻りたい」と思う瞬間があるんです。振り返るとすべてが人生の財産になっているし、ささいなことでもネガティブに感じるのも学生時代ならではだと思います。今、学校生活を送っているなら、とにかく“楽しんだもん勝ち”かなって。勉強が苦手だなって思っても、友達とテストの点数を競い合うとか、ちょっとした出来事も少し目線を変えるとかけがえのない思い出になります。

――高井さんからのアドバイスを聞いて、中学生の“あやなの”さんたちはどう感じましたか?

白浜 めいっぱい楽しんでおこうと思いました!いつもお昼休みに寝ちゃってるんで(笑)。あと、一つだけ気になるんですけど、卒業すると制服が恋しくなるというのは本当ですか?

内藤 本当です。懐かしい(笑)。

白浜 じゃあ、今のうちに制服での生活を存分に味わっておきたいと思います!

Information

B.O.L.T
2nd Album「Attitude」
2021年9月1日(水)発売

【初回限定盤A】
品番:KICS-94012
形態:CD+Blu-ray
価格:¥3,000(税抜¥2,727)

【初回限定盤B】
品番:KICS-94013
形態:CD+Blu-ray
価格:¥4,500(税抜¥4,091)

【通常盤】
品番:KICS-4012
形態:CD
定価:¥2,500(税抜¥2,273)

収録内容:
【初回限定盤A】
[CD]
M1 スマイルフラワー(テレビ朝日「イベ検」4月クール OPテーマ)【作詞・作曲:Misaki 編曲:SpecialThanks】
M2 まわりみち【作詞:YouSee 作曲・編曲:松崎兵太】
M3 Catch The Rainbow【作詞・作曲・編曲:ツキダタダシ】
M4 USHIRO-META-I【作詞:HASEGAWA、Ryo Shiraki 作曲:Ryo Shiraki、石川陽泉 編曲:石川陽泉】
M5 Yummy!【作詞・作曲:SHUN(TOTALFAT) 編曲:TOTALFAT 】
M6 Don’t Blink(TVドラマ「どんぶり委員長」主題歌)【作詞・作曲:Jose(TOTALFAT) 編曲:TOTALFAT 】
M7 JUST NOD【作詞: Chisa(Lucie,Too)、桑原永江 作曲:Chisa(Lucie,Too) 編曲 Lucie,Too 】
M8 未完成呼吸【作詞:只野菜摘 作曲・編曲:松崎兵太】
M9 Hear You【作詞・作曲:渡辺裕貴 編曲:SonoSheet】
M10 Please Together【作詞・作曲・編曲:服部祐希】
[Bonus Track]
HOT CAKE【作詞・作曲:降谷建志 編曲:SpecialThanks】※Dragon Ash楽曲カバー

[Blu-ray]
Yummy! MUSIC VIDEO
Yummy! MUSIC VIDEO メイキング

【初回限定盤B】
[CD]
初回限定盤AのCDと同内容

[Blu-ray]
SHAONKAI~あやなの(小6)小学生ラストライブヤリマス!!!!~@新宿BLAZE(2021.3.27)ダイジェスト映像

【通常盤】
[CD]
初回限定盤AのCDと同内容

公式サイト

B.O.L.T(ボルト)

アイドル

2019年7月結成。スターダストプラネットに所属する内藤るな・高井千帆・青山菜花・白浜あやの4人によるアイドルグループ。2020年7月にメジャーデビューアルバム「POP」をリリースし、10月にはZepp Tokyoにて初のワンマンライブを開催。2021年9月1日には待望の2nd Album「Attitude」をリリース。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Shuhei Kaneko