Contents

妥協せずにファッションを楽しめるようになったのは最近

――初のスタイルブック『ストリート沼MAATASO’S STREET FASHION STYLE BOOK』は帯に「ストリートファッションの教科書」と書かれています。私服やコーディネートの紹介だけではなく、ストリートファッションの歴史も学べる読み応えのある1冊になっていますね。

まあたそ 昔から「スタイルブックを出したい」っていうふわっとした夢みたいなのはありましたが、まさかこんな教科書みたいなものを作ろうとは思ってなくて。みんなと相談する中で、うちの気持ちを読み取ってくれて、「じゃあ教科書みたいに、“好き”を伝えた方がみんなに伝わりやすいんじゃない?」みたいな感じで、こういう形になりました。

――まあたそさんのファッション変遷をたどる内容でもあります。

まあたそ 小さいときのことを聞かれたりすることはよくあったけど、なかなかファッションに特化して過去を振り返るってことはなくて新鮮でした。めっちゃギャルだったときとか、ちょっとお姉さんに憧れてキャバ嬢が着るような服を着とるときとか、中二病みたいなノリでV系の好きなバンギャの女の子みたいになってみたりとか、ホントいろいろな時代があって。ひと通り試して、一番しっくりきたのがストリートだったんです。

――ストリートにたどり着くまでは雑食だったんですね。

まあたそ そう、迷走期。何でもチャレンジしたい人で。10代の頃はなりたい自分がわからなくて、広く浅くいろいろ試してました。顔が可愛い子がロリータみたいなの着てたら、「ロリータ着たい!」みたいな感じ。やっぱ試さないと自分に似合うか、自分がそれを好きかとかわからないから、実際に着て周りの反応を見て、似合うか似合わないかを聞いたりしてました。

――ファッション好きを自覚したのはいつですか?

まあたそ 一番最初は幼稚園。5、6歳の頃から自分で服を選んでいて、ずっと親には選ばさなかった。学生の頃もめっちゃファッションが好きだったけど、お金がなかったし、妥協したファッションばっかりでした。最近になってやっとお金を使えるようになって、本格的に自分の“好き”をぎゅっとできるようになった。妥協せずにファッションを楽しめるようになったのは、最近ですね。

――お金がない中でファッションを楽しむために、どのような工夫をしていましたか?

まあたそ 自分の服をオークションで売って、新しい系統を買う。ちゃんとコンセプトのある服にチャレンジしていたから、そういう服の需要って絶対にあるんです。それでお金を作って、新しい服を買ってました。

――ファッション情報はどこから得ていましたか?

まあたそ 学生の頃は、まだ雑誌全盛の時代で。ママが教科書の代わりにギャル雑誌の『egg』や『Ranzuki』を買ってきてくれて。それをずっと読んでギャルを学びました。その影響もあって、小6のときに入れたタイムカプセルの中身は『egg』とかギャル雑誌の切り抜きだったのを覚えてます。

――ここ数年またギャルが注目されてきていますよね。

まあたそ そう!今もギャル大好きやから、流行ってきて嬉しい。

――当時は見た目も完全にギャルだったんですか?

まあたそ 中学3年生から高校3年生までギャルサーに入って、日サロにも行ってて、真っ黒だった(笑)。パラパラも好きだったから楽しかった!

――ギャルサーに入るのは怖くなかったですか?

まあたそ 怖いもの知らずなのかな?何でも興味があって、やりたいと思ったらバンジージャンプも跳ぶし、滝修行だって行くし、一度、やりたいと思うと、やらんと気がすまんみたいな感じで、抵抗はなかったかも。

――ギャルだったことが、その後のファッションや考え方に影響は及ぼしていますか?

まあたそ あるんじゃないかな。ギャルって全体的に派手だし、今も全然関係ないことでも派手なことが好きなのは、ギャルだったときの影響がある気がする。個性出すのがすごい好きだし、当時好きだったものに今も引っ張られているなと思います。

気に入ったアイテムは時代が一周してから使うこともある

――『ストリート沼MAATASO’S STREET FASHION STYLE BOOK』では、何着くらいの服を着たんですか?

まあたそ 全然気がつかなかったけど、私服だけで150着ぐらい着ているらしくて、1日に何回も着替えました。

――いろいろなジャンルのファッションに挑戦されていますし、服によって表情やポーズも変わるから大変ですね。

まあたそ 昔はコンプレックスとかもあって、写真を撮られるのが苦手で。でも撮影ではそんなんお構いなし(笑)。いろんなポーズをしたので、腰が折れるぐらいの勢いで筋肉痛になりました(笑)。でも、めっちゃいい感じになったから見てほしい!

――自分でコーディネートを考えるときは何を参考にしますか?

まあたそ 昔は人の真似をしていたこともあったけど、最近は自分の感覚で選びます。やっぱ新しいものを着たいじゃないですか。そんなときは頭の中で、自分の持っているどの服と合うか考えて、似合う最高のアイテムを全部集結させる。やり過ぎなぐらいテーマに沿ってコーデを考えます。

――新しくアイテムを買うときは、ある程度トータルでイメージが浮かぶんですか?

まあたそ そうですね。収集癖があって、たとえば帽子だけでも、どの系統でも行けるようにたくさん揃っていて、その中からいいものを選んでいます。中学2年生からずっと被り続けてる帽子も本に出てくるし、気に入ったアイテムは時代が一周してから使うこともあります。

――今年から自身がプロデュースしているブランド「BEFTEY(ビフティー)」の秋冬の新作も紹介されていますが、立ち上げた経緯を教えてください。

まあたそ メイク系の動画をしてるけど、実はそこまでメイクには興味なくて。服を着るついでにメイクしているという感覚で、やっぱ服の方が好きだったから、ずっとアパレルブランドやりたかったんです。普段、ストリート系の服を着ることが多いけど、いいレストランに行くときには、どんな服を着たらいいんだろうってすごく迷うことがあって。突然ドレスとか恥ずかしくて着れんし(笑)。でもTPOがあるし着ないといけないときもあるから、普段はストリート系を着とる人も、いいレストランに行くときに着れるような服を作りたいって思ったのがきっかけです。

――TPOに合わせられるストリートなんですね。

まあたそ そうですね。最初はみんなに向けて作るんじゃなくて、自分が着たい服を作るみたいな感覚で始めました。

――今年の秋冬におすすめのコーデを教えてください。

まあたそ 今回のBEFTEYのテーマは「不良少女」で、ボンタンとか昔の制服みたいなのを取り入れてます。ファッションって一周するから、過去に流行っとったものを今の時代に合わせて。ただのボンタンに見えるけど、ボタンを外したら広がる形になるようにしてみたり。個性もあって、ちゃんとトレンドも押さえてっていうのを意識して作りました。

――『ストリート沼MAATASO’S STREET FASHION STYLE BOOK』はどのように活用してほしいですか?

まあたそ スタイルブックはいろんな人が出してるけど、カワイイに特化しとったり、モデルさんがキレイだったり、写真がグラビアっぽかったり。そういう需要はないし、自分らしさをどう伝えるか考えたときに、とにかく服が好きだからそれを一番に伝えられるようにしました。最初に話したけどストリートの教科書として見てほしくて。だからこそストリートの歴史をわかりやすく学べるページも作ってみました。見る前より見た後の方がちょっとオシャレになってくれたら嬉しいし、「こういう合わせ方もあるんだ」みたいな新しい発見をしてもらえたらなって思います。

――男の子が見ても面白い本ですよね。

まあたそ 着てる服の8割はメンズの服なんですよ。だから男の子も全然見れる!実際、男の子が着てる服もあるし。だから男の子女の子、ファンとかファンじゃないとかに関係なく、ファッションが好きな人が見ても面白いと思えるようなものを作りました。

めまぐるしすぎて今も状況に追いつけてない

――YouTubeに投稿しようと思ったきっかけを教えてください。

まあたそ 暇つぶし(笑)。YouTube始めたのは離婚して、ちょっと暇な時間ができたから。あくまで友達に見てもらいたいだけで、YouTubeしか共有する場所がなかったから投稿してたら、バーッと大勢に見られるようになって。あまりにも視聴者数が増えてくから家族もパニックで、「大丈夫?大丈夫?」って怖くなって……。当時はコンビニで働くつもりで履歴書を書いている途中だったけど、「これからの人生ワンチャンこっちで生きていけるんじゃね?どうするどうする?」って感じでここまで来たみたいな。めまぐるしすぎて今も状況に追いつけてないです。

――戦略的にやったわけではなかったんですね。

まあたそ いまだに何も考えてないんだけど、友達に見てもらいたいだけだったし、YouTubeってお金になることも始めてから気づいたし。「何も知らない」みたいなところから始めたので、戦略はなんもないですし、やりたいことをやってます。

――ノーメイクをさらすことに抵抗はありましたか?

まあたそ なんもなかったです。昔からTwitterでも素顔を晒したりしていて、それを面白いと思っている自分もいたから。アンチがきたときは傷つきましたけど、でもやめないで続けてます。

――アンチ対策はありますか?

まあたそ ちょっとなんか言われるだけでも傷つくような豆腐メンタルなので、嫌なものは見ないに尽きる!アンチコメントを見て学ぶ人もいるかもしれないけど、見ても別に学ぶものはないって思ったから見ません。悪い意見に耳を傾ける時間があるんだったら、応援してくれてる方に時間使った方がいい。良い意見もあるけど、悪い意見も出てくるから、エゴサすることもないんです。わざわざ時間を作って直に送ってくれるファンの子のメッセージだけを見てます。それが一番です。

――視聴者とコミュニケーションを取る上で心がけていることはありますか?

まあたそ ファンの子が送ってくれるメッセージも見るし、そのファンの子のSNSも見てます。どこで働いていて、どこに住んでて、彼氏いるいない、最近彼氏と何したとかまで把握していて。会ったときに、「え?別れたん」みたいな友達感覚で話せるようにしてます。普通YouTuberに会ったら「キャー」ってなると思いますが、「まあたそ、聞いて!」から始まるんですよ。それってすごい嬉しいなって。だからこれからもみんなのSNSを勝手に見に行って情報収集していきます(笑)。

容姿をいじられても肯定してくれる人が常にいたからバランスが取れていた

――学生時代のお話もお伺いしたいんですが、高校生活はギャルサー中心だったんですか?

まあたそ 見た目はギャルだったんですけど、中身はオタクのひきこもりで不登校だったんですよ。傍から見たらたぶん反抗して不登校になってると思われていましたが、実は家でアニメ見たいから不登校になっていました。今もオタクですけど、当時からマジのオタクで。見た目とのギャップが激しくて、友達もいろいろでした。ギャルやヤンキーの友達もいるし、かと思えばオタクの男の子とめっちゃ仲良かったり。

――高校生の頃は、どんな進路を考えていましたか?

まあたそ 不思議な話、昔から絶対にシングルマザーになって、男の子を産む、絶対そうなるって思っていて。特にしたいこともなくて。

――上京したい気持ちはありましたか?

まあたそ 気持ちはあったけど都会は怖いところってイメージで。周りに東京に行った人もいないし、先陣を切って行くっていうこともできなかった。月1回は東京に遊びに行っててそれで十分って思ってたし、高校を卒業すると同時に妊娠したから、もういいやって諦めていた部分もありました。

――発信したいという気持ちはYouTubeを始める前からありましたか?

まあたそ 見てほしい欲求はあって、当時からニコニコ動画で「踊ってみた」の投稿はしてたかな。

――だからYouTubeを始めたときも、動画にそんな抵抗はなかったんですね。

まあたそ 抵抗はなかった。動画投稿は自分の中で当たり前で。それが今みたいな状況になって、人生何が起こるかわからないっていうけど、こういうことなんだなって思いました。

――まあたそさんは「岡山が生んだ奇跡の不細工」というキャッチフレーズを掲げていますが、自分の容姿をポジティブに発信できるようになったのはいつですか?

まあたそ 昔からいじられキャラで。顔のことで悩んだ時期もあったけど、Twitterで「ビフォーアフター」をやったときに、応援したり感動してくれたりする人がいて、「ありがてー」って。そんな自分自身を面白いって思ってて(笑)。あと、周りにすごく恵まれてて、何を言われても、家に帰ったらおばあちゃんが「あんたは可愛い」ってすごい肯定してくれて。どんなに外で容姿をいじられても、肯定してくれる人が常にいたから、うまくバランス取れてたなって思います。

――今後、YouTube以外でチャレンジしたいことはありますか?

まあたそ 先日、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』を観に行ったんですけど、すごく面白くて!この映画に私は適役だと思いました(笑)。YouTubeを始めて4年くらい経ってますが、当時、思っていた夢が全部叶ってて。イベントをやりたい、ブランドをやりたい、スタイルブックを出したい、落とし穴に落ちたいとか、それこそ全部。ありがたい話です。次、何やりたいかなと考えたときに、映画に出たいなって。なんで映画女優を目指してます!

――最後に、進路に悩むティーンにメッセージをお願いします。

まあたそ 明日死ぬかもしれないと思って生きることが一番大事にしていて。一分一秒先のことなんかわからないし、死ぬときのことを常に考えてます。地震とかもめっちゃ怖くて、地震が起こるたびにやり残したことがパッと思い浮かぶんです。「食べたいと思ったあのスイーツ、買いに行けばよかった」とか(笑)。本当に後悔するから、できるときにやっておかないといけないし、10代のときにしか許されないことっていっぱいあるから、どんなに親に反対されようが友達におかしいと言われようが、犯罪じゃない限りやりたいことは絶対やった方がいい!

着用衣装
トレンチワンピ col:beige size:F price:¥15,950(税込み)9/25発売
足首マフラー(冬用) col:ivory size:F price:¥3,300(税込み)9/25発売
killてぃんぐリュック col:black size:F price:¥11,000(税込み)9/25発売
盛りたがりさんの厚底スニーカー col:mix size:M,L price:¥14,300(税込み)10/10発売
※全てBEFTEY

Information

『ストリート沼MAATASO’S STREET FASHION STYLE BOOK』
定価:1980円(税込)
発売日:2021年9月10日
出版社:宝島社

公式サイト

まあたそ

クリエイター

通称「岡山が生んだ奇跡の不細工」。1995年、福岡県生まれ。岡山県育ち。2017年に投稿したメイクを中心としたバラエティ動画が話題になったことをきっかけに、 YouTubeクリエイターとして大ブレイク。2021年8月現在、 メインチャンネル登録者数196万人超(サブチャンネルは118万人超)、総再生回数は3億回を超え、10~20代の女性を中心に絶大な人気を集めている。テレビ、雑誌、ラジオなど活動の場を広げマルチに活躍中。2021年6月にアパレルブランド「BEFTEY(ビフティー)」を立ち上げる。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Takahiro Iguchi