Contents

超特急とソロでの曲の向き合い方の違い

――9月8日に1stフルアルバム『ものがたり』が発売されます。制作にあたり意識したことを教えてください。

松尾 アルバムタイトルが『ものがたり』ということで、全体を通して聴いた時に一曲一曲が繋がっていくという構成を目指して作りました。自分の立ち位置としても語り手を意識しました。

――アルバムのコメントでは「今年は僕にとって音楽に向き合って、新しい自分と対面出来た年」とおっしゃっていましたが、松尾さんはこれまでも音楽には真摯に向き合われてきた印象があります。超特急のボーカルとソロで違いはあるのでしょうか?

松尾 超特急はどちらかと言うと、よりエンターテイメント性が強いというか、みんなに楽しんでもらうためにはどういったことができるのか、という発想です。グループの時は曲を聴いて思わずクスッとなるようなものを目指しています。一番いいなと思うのは、電車の中など他の人がいる状況で超特急の曲を聴いて、笑っちゃいけないけど笑っちゃう。そういう些細な日常で楽しんでもらえるものを目指しているんです。だから、一曲に何十個もキャラクターを入れることもありますし、逆にバラードはしっかり歌いあげるということを大事にしています。

――曲に応じて使い分けているんですね。

松尾 ソロは音楽性を意識していて、例えばリズムの取り方や自分の良いポイントを引き出せるかどうかなど、自分自身との戦いになります。浅い知識で挑めば当然浅い歌声がそのまま反映されてしまう。「この人は何もわからずに歌っているんだろうな」と思われてしまうのは嫌なので、そこに対しての責任感が強く出てくるんだと思います。

――知識や引き出しを増やすために、どんなことをされていますか?

松尾 ライブやレコーディングの前後に関係なく、コンスタントにボイストレーニングに通っています。また音楽を聴くことはもちろん、ギターを弾いてみたり、DTMの勉強を始めたり、音楽に触れる機会を増やしています。昔に比べると音楽を手軽に聴ける時代になったことで、今はおしゃれな曲を聴いている人もたくさんいるから、そういうところからもいろいろと学んでいます。

――今は自分の好みの範疇を超えた音楽も自然と耳に入ってくる環境ですからね。アルバム収録の「ハルの花」は松尾さんが作詞と作曲をされています。「応援歌を目指して作った」とのことですが、曲を作る上で意識していたことを教えてください。

松尾 歌詞を書く上で意識しているのは、本当のことしか書かないこと。「こんなことがあったらいいな」というのはあるかもしれませんが、あまりフィクションを歌詞に投影したくないと思っていて。できるだけ実体験や自分の頭の中にあるものを前提として大事にしています。それと、自然のものを何かしら絶対に入れます……「絶対」と言ってしまうとこれからも入れていかないといけなくなるか(笑)。

――俳句の季語のように(笑)。

松尾 そうなっちゃいますけど(笑)。でも、必然的に入っていますね。僕が自然のものを見て勇気をもらえたりすることがたくさんあるので。昔から言っているのは、今この場にいなくても、例えばライブ会場に行けなかったとしても、空を見上げたら青空というのは一つしかないから、みんなが同じ場所にいるんだなと実感できる。国が違ってもどこにいたとしても、空を見上げたらみんなが一つのものを共有できているよって。空や森、海など自然のパワーを感じるものは入れたくなります。

――ちなみに最近の松尾さんにとっての応援歌はなんですか?

松尾 邦楽だとI Don’t Like Mondays.さんの「MR.CLEVER」やtonunさんの「琥珀色の素肌」。洋楽だとBig Boiさんの「All Night」やSilk Sonicさんの「Skate」は聴いていて楽しくなります。やっぱり気持ちがあがる曲はいいなと、この時期は特に思いますね。

学生時代は群れたりするタイプではなかった

――松尾さん自身のキャリアについてもお聞きしたいのですが、今の事務所にはスカウトがきっかけで入られたんですよね。

松尾 小学6年生の時に大阪の梅田で、たまたま東京から出張で来ている事務所の社員さんが声をかけてくださったんです。実はその日、家族と難波に行こうか梅田に行こうか悩んでいたんですけど、もしそこで梅田に行かなかったらスカウトされていなかったのかもしれないという、不思議な分岐点がありました(笑)。

――スカウトを機に芸能界に入り、中学3年生の時に超特急のメンバーに選ばれます。学生時代はどんなタイプでしたか?

松尾 めっちゃ暗い人間でした(笑)。自分の居場所とか立ち位置がなくてもいいから、自分は自分らしくありたいと思っていて、群れたりするタイプではなかったかな。もしそうなったら違和感がすごいんですよ。だから基本的には端っこの方にいて、休み時間はぼーっとしたり、寝たりしているような感じでした。

――部活動はされていなかったんですよね。

松尾 万が一仕事が来た時に、部活を休まないといけなくなったら申し訳ないという気持ちがありました。ただ、中学3年生の冬まではあまり仕事がなかったので、今思えば入っておけばよかったかなと。他にも特に熱中するものがなくて、それこそ事務所に所属している方の作品を観ることが唯一熱中していることという感じでした。

――当時はまだ目標や夢は決まっていなかったのでしょうか?

松尾 「この事務所に入らせてもらっているから、俳優としてやっていくのかな」という気持ちはありました。中学から高校に進学する時に芸術系の学校に入ってみたいと思っていたので、それに向けての勉強もしていました。だけど、超特急の活動が決まった時、一回きりの公演だけで終わる可能性がある状況だったのに、なぜか僕はそっち(超特急)にいったんですね。

――その時に「超特急でいく」と決意したということでしょうか?

松尾 実は今もその時の自分の考えていたことがはっきりとは理解できなくて。小学生の頃からダンスをやっているメンバーも何人かいたり、毎週ダンスレッスンに通っていた子もいる。僕は歌もダンスもやったことがないし、言ってしまえばズブの素人でした。ただ単にカラオケが好きっていうくらいで(笑)。

――歌うのは好きだったんですね。

松尾 歌うのは好きだけど、それを職業として、活動のためにするという意識はなかったです。正直、結成当初は毎日叱られてばかりで。ダンスも立ち位置は覚えても動きができないから話にならない。だから毎日のように怒られていたし、別に悪いことをしたわけではないんですけど、スタジオの外にも放り出されたり(笑)。

――その場にいても仕方がないと。

松尾 そうなんですよ。そういう状況だったにも関わらず、なんでここまでやってこられたんだろうなと。行っても怒られるだけっていう状況でしたが、高校3年間は毎週のように金土日は夜行バスに乗って仕事に行っていました。不思議だなと思いますね(笑)。

――中途半端だったら続かないですし、その時点で腹が据わっていたんでしょうね。

松尾 たぶん、やるのが当たり前だろうと現実的に考えていたんです。自分の実力もまだまだだし、怒られて当然だなとも思っていたんだと思います。それに、オーディションを受けて何かに勝ち抜いたということが、ほとんどなかったから、その時の僕にとっては超特急が大きなものに感じていました。

フットワークの軽い今だからこそ海外留学に挑戦してみたい

――今年は25歳という節目を迎えますが、何か考えていることはありますか?

松尾 大人として本格的なスタートを切る年でもあるのかなと思っています。仕事も一つひとつを大事にしていかなければという気持ちもあって。もっといろんなことをやっていく必要性があると感じています。そのためにも今あるものを大事にしないといけない時期だと思っています。

――将来に対する力を蓄える時間というとらえ方もできますね。では、今後挑戦したいことはありますか?

松尾 考えていることはいくつかありますけど、一番は海外留学です。どうしても挑戦してみたいし、やらずに終わるのはもったいない。それこそフットワークが軽い時期にジャズやR&B、ロックとか、海外からきて、結果として今ここにあるものの起源に、もっと直に触れ合えるような環境に行きたいと思っています。

――最後に、ティーンの読者のみなさんにメッセージをお願いします!

松尾 たくさん夢を持った方がいいかなと思います。かといって今は特に大きな夢がなくても、将来やることを絶対に決めないといけないということではありません。それは、誰かが決めた定義だと思うので、自分の道は自分で決めていいと思います。今回のアルバムに「起承転々」という曲があります。「しっかりと結果を残せ」「綺麗に締めろ」とか、そういったことを言うんじゃなくて、「躓いたって転んだって、周りが見えなくなったっていい」というメッセージを込めています。自分の物語は自分で作っていけばいいし、誰かのものさしで決めることじゃない。どういった形になろうと、味方になってくれる人は現れるはずです。自分らしく自分のやりたいタイミングで、自分の好きなことに走ってもらえたらいいなと思います。

Information

1st Album「ものがたり」
2021年9月8日リリース
価格:3,080円
レーベル:スターダスト音楽出版
【収録曲】
「Magic」「体温」「ハルの花」他、全10曲収録予定

松尾太陽

1996年9月23日生まれ。大阪府出身。両親の影響で幼い頃より1970年、80年代の音楽に慣れ親しんで育ち、2012年6月に超特急のボーカルとしてCDデビュー。伸びやかな歌声と、ソウルフルなファルセットから艶やかに響く低音までを使い分ける表現力には定評があり、2019年9月に開催した自身初となる単独公演「Utautai」のチケットは完売。平成生まれながらJ-POPの黎明期に根差した音楽ルーツと豊富な知識、さらに、どんな楽曲世界にも没入して登場人物を七色の歌声で演じ切る。2020年9月2日に幼少期より影響を受けてきたCity Popsをテーマに、Vaundy・大塚愛・堂島孝平・浅田信一など豪華クリエーター陣が提供したミニアルバム『うたうたい』でソロデビュー。2021年1月より3ヶ月連続配信リリースをスタートさせ、1月には初の全編英詞のR&Bダンスチューン「Magic」、2月には愛する人への想いを情景豊かに描いた、3人組ピアノバンド・Omoinotake提供曲「体温」を配信。また、YouTubeでは自身の楽曲の他、カバー楽曲をアップするなど“うたうたい”として幅広い活動を行っている。

Photographer:Aya Kawachi,Interviewer:Tetsu Takahashi