超特急とソロでの曲の向き合い方の違い

――9月8日に1stフルアルバム『ものがたり』が発売されます。制作にあたり意識したことを教えてください。

松尾 アルバムタイトルが『ものがたり』ということで、全体を通して聴いた時に一曲一曲が繋がっていくという構成を目指して作りました。自分の立ち位置としても語り手を意識しました。

――アルバムのコメントでは「今年は僕にとって音楽に向き合って、新しい自分と対面出来た年」とおっしゃっていましたが、松尾さんはこれまでも音楽には真摯に向き合われてきた印象があります。超特急のボーカルとソロで違いはあるのでしょうか?

松尾 超特急はどちらかと言うと、よりエンターテイメント性が強いというか、みんなに楽しんでもらうためにはどういったことができるのか、という発想です。グループの時は曲を聴いて思わずクスッとなるようなものを目指しています。一番いいなと思うのは、電車の中など他の人がいる状況で超特急の曲を聴いて、笑っちゃいけないけど笑っちゃう。そういう些細な日常で楽しんでもらえるものを目指しているんです。だから、一曲に何十個もキャラクターを入れることもありますし、逆にバラードはしっかり歌いあげるということを大事にしています。

――曲に応じて使い分けているんですね。

松尾 ソロは音楽性を意識していて、例えばリズムの取り方や自分の良いポイントを引き出せるかどうかなど、自分自身との戦いになります。浅い知識で挑めば当然浅い歌声がそのまま反映されてしまう。「この人は何もわからずに歌っているんだろうな」と思われてしまうのは嫌なので、そこに対しての責任感が強く出てくるんだと思います。

――知識や引き出しを増やすために、どんなことをされていますか?

松尾 ライブやレコーディングの前後に関係なく、コンスタントにボイストレーニングに通っています。また音楽を聴くことはもちろん、ギターを弾いてみたり、DTMの勉強を始めたり、音楽に触れる機会を増やしています。昔に比べると音楽を手軽に聴ける時代になったことで、今はおしゃれな曲を聴いている人もたくさんいるから、そういうところからもいろいろと学んでいます。

――今は自分の好みの範疇を超えた音楽も自然と耳に入ってくる環境ですからね。アルバム収録の「ハルの花」は松尾さんが作詞と作曲をされています。「応援歌を目指して作った」とのことですが、曲を作る上で意識していたことを教えてください。

松尾 歌詞を書く上で意識しているのは、本当のことしか書かないこと。「こんなことがあったらいいな」というのはあるかもしれませんが、あまりフィクションを歌詞に投影したくないと思っていて。できるだけ実体験や自分の頭の中にあるものを前提として大事にしています。それと、自然のものを何かしら絶対に入れます……「絶対」と言ってしまうとこれからも入れていかないといけなくなるか(笑)。

――俳句の季語のように(笑)。

松尾 そうなっちゃいますけど(笑)。でも、必然的に入っていますね。僕が自然のものを見て勇気をもらえたりすることがたくさんあるので。昔から言っているのは、今この場にいなくても、例えばライブ会場に行けなかったとしても、空を見上げたら青空というのは一つしかないから、みんなが同じ場所にいるんだなと実感できる。国が違ってもどこにいたとしても、空を見上げたらみんなが一つのものを共有できているよって。空や森、海など自然のパワーを感じるものは入れたくなります。

――ちなみに最近の松尾さんにとっての応援歌はなんですか?

松尾 邦楽だとI Don’t Like Mondays.さんの「MR.CLEVER」やtonunさんの「琥珀色の素肌」。洋楽だとBig Boiさんの「All Night」やSilk Sonicさんの「Skate」は聴いていて楽しくなります。やっぱり気持ちがあがる曲はいいなと、この時期は特に思いますね。