Contents

医療現場の方々からも感想が届いた『TOKYO MER~走る緊急救命室~』

――出演中のドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)もいよいよ大詰めです。弦巻比奈役を演じてみていかがでしたか?

中条 比奈は最初、MERに反対していた一員だったんですけど、喜多見チーフ(鈴木亮平)に憧れを持って、みんなと一緒に活動していくことに喜びを感じ始めます。そうなるまでは不安を抱えていました。私自身、しっかりとした医療ものを演じるのは初めてのことで、本当に自分にできるのかな、足を引っ張ったりしたらどうしようという不安な心境は比奈と同じだったと思います。

――不安な気持ちは、どのように解消されたのでしょうか?

中条 第2話で、比奈が喜多見チーフから重大なオペを任されたシーンを演じたときに、比奈が精神的な困難を乗り越えたように、私自身もちょっと強くなれた気がしましたし、自信になりました。そのときに比奈と同じく、私も彼女を演じるにあたって、みんなのために頑張りたいっていう気持ちに変わっていったからです。

――役と一緒に中条さん自身も成長されたんですね。比奈に共感する部分や、ご自身に似ている部分はありますか?

中条 正義感の強いところと、お仕事をする上で、誰かの喜ぶ顔を見たい、誰かのために生きたいって思っているところです。そういう気持ちって、命を救いたいという医師の精神と似てるのかなと思います。

――奇しくも今年の春に放映された『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)も研修医の役でした。

中条 そうなんですよ! 研修医役が連続だったので、「研修医役から一生抜け出せない!」と思いました(笑)。でも前回はゾンビものだったので、今回は全然違う役柄でした。今回のドラマでは「私も看護師を目指してるんです」「医者をやってるんですけど、くじけそうになったときにドラマを観て元気になりました」といった、医療現場にいる方々からもいろんな声が届いたので、すごくやりがいがありました。

――9月12日に放映される最終回の見どころを教えてください。

中条 解散の危機にある中で、MERがどうなっていくのか、比奈がこれから先どこに向かっていくのか、MERが解散しても、また力を合わせて頑張るのか……。ドキドキハラハラでサスペンス要素も満載です。衝撃的なラストで、熱い最終回になっているので、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

若いうちに着られるものは着といたほうがいい

――TGCは無観客でのオンライン開催が続いていますが、やはりお客さんがいないと寂しいものですか?

中条 そうですね。お客さんがいるときと比べるとどうしてもテンションが上がらない部分はありますし、本来、直にコミュニケーションが取れるイベントなので、早くお客さんにお会いしたいのが本音です。でも、今回もオンラインで見てくださる方々がたくさんいて、画面越しですが、元気やエネルギーを届けられたらいいなという気持ちで臨みました。まだみんなで試行錯誤してる状態ですけど、より華やかさが伝わるといいなと思っています。

――前回に引き続き今回のTGCもオープニングから中条さんは登場されましたがプレッシャーはありましたか?

中条 お客さんがいなくてもカウントダウンが始まるとやっぱり緊張します。本来は気合いを入れるために、みんなで叫んだり、「行くぞー!」みたいな掛け声があったりするんですけど、今はそれもできなくて。でも言葉にしなくても、「一日盛り上げていくぞ!」という空気感があるので、みんな届けたいものがあるんだなって感じています。

――今年の秋冬、注目しているアイテムはありますか?

中条 暖色系、特にブラウン系のアイテムはすごく気になっています。すでにブラウン系のニットをゲットしました。以前はトレンドに注目することが多かったですが、最近は自分が着たいもの、長く着れそうなものを選ぶようになりました。

――使えるお金が限られているティーン世代がファッションを楽しむ秘訣を教えてください。

中条 今は安くても可愛い服がたくさんあります。その中にはティーンにしか着れない服もあるので、着ておいた方がいい!私自身はティーンのときにミニスカやタイトスカート、タイトワンピとか着たかったのに、なかなか恥ずかしくて着れなくて。でも年齢を重ねると、もっと着れなくなります(笑)。なので若いうちに着られるものは着ておいたほうがいいです。

――俳優として活躍する一方で、『CanCam』の専属モデルを務めるなど現在も第一線でモデルのお仕事を続けられています。モデルをやっていく上での意識は変わりましたか?

中条 続けていく中で、内側からのケアが大切だなと思うようになりました。食べるものに気をつけて、最近はピラティスにも行ったりして、定期的に運動をしています。体の健康とか内面的なものはモデルをする上で、とても大事にしています。

――いつ頃から内面のケアを意識するようになったんですか?

中条 二十歳を過ぎてからです。急に疲れるようになって(笑)。そうすると、いかに疲れないか自然と考えますし、健康って大事だなと思うようになりました。

――自宅ではどう過ごすことが多いんですか?

中条 家にいるときはローソクやアロマを焚いて、静かで穏やかな空間を作って、居心地のよさを重視して過ごすようにしています。そういう空間でヨガもしています。

――「W online」読者には、将来の進路を検討しているティーンも多いので、メッセージをお願いします。

中条 私は中学時代、自分がどういうところに行けばいいかわからなかったので先生に相談しました。先生が「こういう高校があるよ」といろいろ提案してくださったおかげで、大好きだなと思える学校に行けました。

――先生との距離感が近かったんですね。

中条 何でも相談できるいい先生でした。皆さんも、自分から先生に聞きにいってみるといいんじゃないかなと思います。担任の先生じゃなくてもいいと思います。そうやって、いろんな人の意見を聞いて、自分に合う場所を探すのも一つの方法だと思います。あと、学校を選ぶときは、絶対に見学をしておいたほうがいい!私も実際に見学に行ったんですけど、空気感とかがわかってよかったです。

中条あやみ

モデル・女優

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。2011年、『Seventeen』専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリ、同誌の専属モデルに。2012年、俳優デビュー。2014年、『劇場版 零 ゼロ』で映画初主演。2017年より『CanCam』専属モデルを務める。2020年10月、『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK)で連続ドラマ初単独主演。主な映画出演作に『ライチ☆光クラブ』(16年)、『セトウツミ』(16)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17年)、『覆面系ノイズ』(17年)、『3D彼女 リアルガール』(18年)、『ニセコイ』(18年)、『雪の華』(19年)、『水上のフライト』(20年)など。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Takahiro Iguchi