Contents

小さい頃から80年代の音楽が身近にあった

――8歳の頃にキッズモデルとしてキャリアをスタートされていますが、初めて歌手活動をしたのはいつですか?

武藤 小学6年生のときに、アニメ『絶対可憐チルドレン』(テレビ東京系)の主題歌を歌う期間限定のユニット「可憐Girl’s」のオーディションがあって、それに参加してメンバーに決まったのが歌のデビューです。私以外のメンバー2人は、その前からアクターズスクールなどでレッスンを受けている経験者でした。だから自分のできなさにすごく焦って、ダンスのときは泣きながらやっていたんです。そのときは辛かったですけど、二人よりも必死に頑張れたような気がします。今となっては、小学6年生という早い時期にそういう経験ができて良かったなと思います。

――その前から歌に興味はあったんですか?

武藤 聴くのは好きでした。両親が聴かせてくれていた昭和歌謡には馴染みがあったんですけど、自分が歌う側になるのは全く想像していなかったです。でも小さい頃から芸能の世界にいたこともあって、いろんなことにチャレンジしたい意欲はあったんです。だから、可憐Girl’sのオーディションにお声がけいただいたときは、「やってみたい!」って思いました。

――武藤さんは昭和歌謡に造詣が深いですが、ご家族の影響が大きかったんですね。

武藤 両親が80年代の曲を好きでよく聴いていて、特にお父さんは松田聖子さんのファンで、部屋にはポスターがいっぱい飾ってありました。その影響で、私も松田聖子さんに憧れるようになって。良い音楽を聴かせてもらって育ったので、耳は肥えているかもしれません。それが今やっている音楽にも繋がっていると思います。

――可憐Girl’sを経て、2010年4月からアイドルユニット「さくら学院」の結成メンバーに選ばれ、初代生徒会長(リーダー)に任命されます。

武藤 歌でやっていきたいなという気持ちが明確になったのは「さくら学院」に入ったのが大きかったです。最初から中学生でユニットを卒業することが決まっていたので、さくら学院を卒業した後はどうしようと考えたときに、自分は絶対に歌をやりたいと思いました。

――さくら学院には豪華なアーティストの方々が素晴らしい楽曲を提供していますよね。

武藤 本当ですよね。いい曲ばかりです。当時から仕事とは関係なく、プライベートでも一番聴いていました。

――当時、リアルタイムでヒットしている曲は聴いていましたか?

武藤 聴いていなかったですね。育った環境が特殊で、お父さんの仕事柄(※元騎手で調教師)、お馬さんと一緒に生活していて、あまり家で大きい音を立てられなかったんです。お馬さんは音に敏感なので、暴れちゃったりするんです。テレビの音も出せないほど馬優先の生活をしていて、音楽に触れるのは家族でカラオケに行ったときや車の移動中くらいでした。

――さくら学院卒業後、約1年間の準備期間を経てソロ活動を開始されます。

武藤 歌いたい気持ちがすごく強かったんです。ユニットからソロになる不安はあったんですけど、松田聖子さんが憧れである以上やるしかないなと。最初から諦めるよりも、やって何か見えてくることもあると思って挑戦しようと決めました。ただ、ユニットでやっていたものを1人で全部背負わなきゃいけないですし、歌唱力はもちろん、発言力も含めて一から勉強しなくちゃと思いました。だからこそ、すぐにデビューするのではなくて、1年間の期間をいただいて、スタッフさんたちと自分のアーティスト像などを相談しながら、レッスンを受けていたんです。

――高校時代はどのように過ごしていましたか?

武藤 ソロ活動を始めるまでの1年間は、しっかり学校に行って、空いている時間でレッスンを受けていました。仕事を再開してからも、芸能科だったので仕事を優先させてくれました。周りには芸能活動をしている子も多かったんですけど、学校では仕事の話をせず、プライベートで仲良くなれる友達もいっぱいできたので楽しかったです。

――ソロ活動を始めた当初から、80年代の女性アイドル楽曲を現在に再生させるコンセプトのソロプロジェクトを行っていましたが、武藤さん自身の意見も反映されていたんですか?

武藤 80年代が好きというのは伝えていました。当時は自分の意志というよりも、私がやりたいことだけを伝えて、それを形にしていただいたものを歌うという感じでした。当時は若かったこともあって、やりたいことがあっても、どう伝えたらいいかがわからなかったんです。それが年齢を重ねて、いろいろ経験していくにつれて、明確に自分がやりたいものが見えてきたことで、きちんと伝えられるようになってきたと思います。今は自分の意見をメインに作っている感じですね。

自分を見つめ直すためにニュージーランド留学

――約3年間、ソロとして活動した後、海外留学をします。高校を卒業して2年経っていましたが、どうしてそのタイミングで留学を決意したのでしょうか。

武藤 昔からしたい気持ちはあったんですけど、この世界にいる以上、そんなに長期の休みが取れないし、諦めていた部分もありました。ただ、ソロ活動が楽しいと思う一方で、小さい頃にこの世界に入って、そのままの流れできてしまい、自分が何を表現したらいいのかとかいろいろな葛藤が出てきてしまって。一旦自分の気持ちを見つめ直したいなと思って留学を決心しました。

――不安はありませんでしたか?

武藤 ありました。たぶん人生の中で1、2位を争うぐらいの大きな決断だったと思います。それまで歌うことに迷いはありませんでした。その一方で、歌しか見てこなかったので、歌以外の世界を見てみたいなと思ったんです。だから、歌の世界に戻るか戻らないかというのは決めずに留学しました。他にやりたいことが見つかったらそれはそれでいいし、逆に歌から離れて気づくこともあるだろうなと思ったんです。また歌に戻りたいって思ったら戻ればいいし、絶対的なプランは立てずに行ったところはありました。

――留学のために、何か準備はしましたか?

武藤 特にしてなかったです。留学を決めた3カ月後ぐらいに出発だったので、時間がなかったというのもあります。そんなに英語も勉強していかなかったので、現地でメンタルは鍛えられました。

――言葉の壁があっても、すぐに打ち解けられましたか?

武藤 意外とジェスチャーで通じることもあるので、積極的に行けば仲良くなれると思います。それぐらい追い込まれた方が、話さないと伝わらないということで必死になれます。でも3か月ぐらいはやっぱりきつくて、翻訳アプリを使いながら話していましたが、その後は日常生活で困らないぐらいにはなりました。やっぱり行くのが一番早いですね。何でも自分一人でやらなきゃいけないという経験は行動力がつきますし、すごく大事なことだと思います。

――留学先はニュージーランドのオークランドだったそうですが、どういう基準で選んだんですか?

武藤 以前留学していた幼馴染が「本当にいい国だよ」と教えてくれたんです。「人も温かいよ」と聞いていたので、迷いなくニュージーランドに決めました。ニューヨークみたいな都会より、自然あふれるところで自分を見つめ直したかったんです。やっぱり人の優しさ、温かさって大事だと思います。国によっては、わざと早く話してきたり、適当に受け答えをされたりすることもあるって聞いてたんですけど、ニュージーランドの人はみんな優しかったです。全然できない英語でも一生懸命聞いてくれました。ホームステイ先のご夫婦も優しい方々で、本当に環境に恵まれました。

――ニュージーランドでは、全く音楽活動をしなかったんですか?

武藤 そうですね。ただ歌から離れたにも関わらず、やっぱりお部屋で毎日歌っちゃうんです。私は歌が好きなんだなってつくづく思いました。ホストファーザーとマザーもそれを壁越しに聴いてくれていたみたいで、今でも「あなたの歌声は最高だから頑張って」と応援してくれていて、「離れていても、ちゃんとYouTubeを見てるよ」って連絡をくれるんです。実の母や父のように温かく接し続けてくれています。

――ホームステイ先にはどのくらい滞在していたんですか?

武藤 2年ちょっとです。学校を卒業した後も、「残りなよ」と言ってもらえて。そこからは、もっと実用的な英語を学びたくて、学校で学ぶのではなく仕事で学ぼうとワーキングビザに切り替えて働き始めました。

――どこで働いていたんですか?

武藤 パン屋さんです。すごく美味しいパンを作っているお店で、元から通っていたんです。自分の好きなところで働けるのが一番いいなと思って働き始めて、接客だけではなく、パン作りも担当していました。それまでバイト経験もなかったですし、現地の人と話す機会も多くて、そういう学びも楽しかったです。

若い世代に昭和歌謡を活かしたレトロポップな音楽を伝えたい

――歌の世界に戻ろうという思いが固まったのはいつ頃でしょうか?

武藤 学校が終わる頃には戻ろうと決めていたんですけど、この先、こんなに長期的な休みは一生取れないだろうと思って、滞在をもう1年延長したんです。その間は洋楽の練習もして、自分で調べてボイストレーニングも受けていました。当時は海外の曲を聴いていたんですけど、日本に戻ってきたらやっぱり昭和歌謡に戻っちゃいましたね(笑)。

――留学経験は歌にも活きていますか?

武藤 留学する前は英語の発音に苦手意識があったので、英語の歌は避けていたところがありました。でも今は自信を持って歌えるようになって一歩踏み出せるようになりました。

――留学を終えて2018年に帰国して歌手活動を再開されます。

武藤 一からのスタートでした。まずは待っていてくれたファンのみんなに感謝したいなと思って、自分でライブを開催することにしたんです。初めて自分でライブハウスの予約やバンドメンバーを集めたんですが、留学で培った行動力が活きたかもしれません。

――自分主催のライブはいかがでしたか?

武藤 久々に緊張しました。みんなが「お帰り」といってくださって、ちょっと涙がこみ上げてきました。

――帰国後はどのような活動をされていたのでしょうか?

武藤 1年間は自主ライブをメインに活動をしていたんですけど、並行して所属事務所を探しました。もちろんライブだけでも楽しかったんですけど、新曲を出すにはサポートしてくれる事務所が必要だと思ったんです。今所属している「つばさレコーズ」が、昔から憧れていた川嶋あいさんのいるところだと知って、「ここがいい!」と思って決めました。いろんなジャンルのアーティストさんがいるので、それだけいろいろな楽曲に挑戦できるだろうと思いました。私自身、昭和歌謡を活かしたレトロポップな音楽をもっと若い世代にも伝えていきたいという思いも大きかったです。

――武藤さんは歌詞も自分で手掛けていて、新作の『SHOWER』でも6曲中4曲の歌詞を共作されています。

武藤 事務所に所属するときに「作詞を始めたい」と伝えました。それまで歌詞を書いた経験はなかったんですけど、アーティストとして成長した姿を見せるには、それも必要だと思ったんです。試行錯誤しながらではあるんですけど、最初の1曲目の「雨音」から作詞をさせてもらいました。

――2020年に『今夜くらべてみました』(日本テレビ)に出演したときに昭和歌謡愛をアピールしましたが、大きな反響がありましたよね。

武藤 本当に好きなことを、そんなに硬くならず、ストレートに表現できればいいなと思っていたんですけど、いざ本番になると緊張しました。一人でゴールデンタイムの地上波に出るのも初めてだったし、テレビにもあんまり慣れてなかったので……。でも自分が好きなことを話せて良かったですし、テレビの影響力ってすごいんだなと改めて実感しました。「彩未ちゃんの影響で昭和歌謡が好きになりました」というYouTubeのコメントも多く、私の届けたい想いは届けられたかなと思っています。でも自分の出演したものは恥ずかしいというか、ちょっと怖くてちゃんと見てないんです(笑)。

レトロで懐かしさも感じるけど今っぽい音

――先ほど「昭和歌謡を活かしたレトロポップな音楽」というお話がありましたが、具体的にどんな音楽を意識しているのでしょうか?

武藤 昭和歌謡そのままっていうことになると、私らしさがないので、そこに新しいエッセンスを加えるようにしています。どちらかといえばシティポップな感じというか、爽やかでおしゃれなサウンドをメインにしています。なのでレトロで懐かしさも感じるけど今っぽい音をスタッフさんたちと一緒に作っています。昭和歌謡を意識してもらって、メロディーがしっかりした曲にしたいというのは伝えています。あとは1曲を3~4分で収めるとか、小さなことですけど、そういうところもこだわっています。

――新作の『SHOWER』の聴き所を1曲ずつ教えてください。1曲目は「夢みちゃうよ」。

武藤 ライブでみんなと楽しみたいなという思いで作りました。コール&レスポンスができるところもあって、いつか今まで通りのライブができるようになったら、ぜひ皆さんと一緒に掛け合いしたいなという思いで歌詞を書きました。

――「ヘッドホンコミュニケーション」。

武藤 この曲は今までにない新しい曲になっています。uno blaqloさんというラッパーの方に作っていただいたので、ラップのテイストも入っています。新しい私のボーカルを引き出してくれていて、個人的にすごくお気に入りの曲ですね。

――「あの夏の海で」。

武藤 波音から始まって、海を感じていただける曲です。今回のミニアルバムのテーマに、「皆さんの葛藤や不安を洗い流して、寄り添えるような曲たちを作りたい」というのがあるんですけど、囁きかけるような感じのこの曲は、一番テーマに近い気がします。

――「SHOWER」。

武藤 今回のリード曲です。今人気のサウンドメーカーのmaeshima soshiさんに書いていただきましたが、シティポップ風のおしゃれなサウンドで気に入ってます。爽やかなキラキラソングになっていると思います。

――「グッバイ。」

武藤 自分で歌詞を書いたこの曲は、今回のアルバムの中では一番昭和歌謡に近いテイストです。特にイントロの部分は懐かしさを感じてもらえるかな。まだちょっと忘れられない男性に対して、もうグッバイしようと決意した、ちょっと切ない感じの歌になっています。

――ラストの曲は「もっとわがままになってみせたなら」。

武藤 この曲はevening cinemaの原田夏樹さんと元SHE IS SUMMERのMICOさんが作ってくださって。もともとSHE IS SUMMERは愛聴していて、何度かライブにも行かせていただいていたので、MICOさんに今回歌詞をお願いしました。MICOさんワールド全開で、こんなに可愛い歌詞は、私は書けないので、このアルバムの中の良いポイントになっています。

――どんなときに、このミニアルバムを聴いてもらいたいですか?

武藤 こういうご時世ということもありますが、「将来どうしようかな」と悩んでしまうことも多いと思います。そんなときは私のポリシーでもある、「なるようになるさ」という姿勢も大切にしてほしいなと思います。考えすぎた結果、よくわかんなくなっちゃったりもしますしね。なので、そんなときには気晴らしに『SHOWER』を聴いてハッピーな気持ちになってもらえればいいなって。落ち込みがちな夜とかに聴いて、ちょっとでも爽やかな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

――最後に、ティーンの読者に向けてメッセージをお願いします。

武藤 好きなことを仕事にするって難しいかもしれないです。でも、まずは挑戦してほしいなと思います。最初から諦めたら終わりです!やってみて失敗しても、まだまだ道は開けています。若くてチャンスもいっぱいある皆さんは、まずは自分がやりたいことを迷わず挑戦してもらいたいです。

Information

3rdMini Album
『SHOWER』
2021年9月15日リリース

通常版(CD):2,500円+税
タワレコ限定盤(CD+DVD):3,300円+税

1.夢みちゃうよ
2.ヘッドホンコミュニケーション
3.あの夏の海で
4.SHOWER
5.グッバイ。
6.もっとわがままになってみせたなら

Release Party⚪️SHOWER⚪️
日時:2021年10月24日 OPEN16:00 START17:00
会場:品川インターシティホール

武藤彩未

1996年4月29日生まれ。茨城県出身。幼少期よりモデルとして活動を開始し、2008年からキッズグループ「可憐Girl’s」として活躍。2010年からはアイドルグループ「さくら学院」の生徒会長(リーダー)としての活動を経て、ソロアイドルとしてデビュー。抜群の歌唱力、表現力で人気を博す中、活動を休止し海外留学へ。多くのことを吸収し、シンガーとして活動を再開した。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Takahiro Iguchi